表の基本的な構造

 HTMLで表を構成する場合は、まず表全体をTABLE要素で定義し、横1行分をTR要素で規定、その内側に、各セル(表内の一つの箱)をtd要素で、セルの中でも特に見出しに用いるセル用の要素はth要素で規定していきます。
表の基本構成。TABLE要素が全体を表し、横1行がTR要素、更に各セルのtdやthをTR内部に配置していく

 TR要素の内側に配置するTH、TDの数は決まりはありませんが、原則としてすべてのTR要素でTHとTDを合わせた数が同じになるよう設定します。また、TH、TDの配置順に特に制限はありません。表の横一行がTHで埋め尽くされていても、最初の縦一列がTHで埋め尽くされていても、適当に配置されていたとしても問題は全くありません。

 なお、TABLE要素にはborder属性がありますが、これを省いた場合、表の枠が表示されないブラウザが多いようです。

 CAPTION要素は、その表のタイトルを表す要素です。

 その表のタイトルを、実際の表の上部のちょうど真ん中にくっつけます。表の幅より文字列が長くなった場合は自動的に改行されます。なお、この要素はTABLEタグの直後に配置するようにしてください。

 CAPTION要素にはかつてalign属性(値:top | bottom)が定められていて、これによって表題の位置を変更することも出来ますが、現在では廃止されましたし(一応CSSでは定義されている)、あまり使う必要性もないように思います。表題が下にあったら分かりづらいでしょ?