ふりがなや略語の解説をする

<RUBY>~<RP></RP><RT></RT><RP></RP></RUBY>

 文章にふりがな(ルビ)を振るためのタグで、当初はInternet Explorerのみで拡張されたタグでしたが、HTML5で正式に認定されて使用ができるようになった要素です。

 RUBYでふりがなを振りたい全体の部分を囲い、RTでふりがなを振ります。ただし、中には対応していないブラウザもありますので、対応していないブラウザのために、RPでカッコ書きをしてふりがなであるとわかるようにします。

 例えば、以下のような書式が挙げられます。

<p><RUBY>賽<RP>(</RP><RT>さい</RT><RP>)</RP></RUBY>は投げられた。</p>

対応ブラウザ:さいは投げられた。
非対応ブラウザ:賽(さい)は投げられた。

<ABBR title="">~</ABBR>

 ABBRは略語を表します。ABBRで略語全体を示し、title属性で略語を正式に述べたものを記します。ブラウザによってはtitle属性に入れた言葉がマウスカーソルを合わせるとぽんと出てきます。

 元の言葉がわかりづらい言葉であればうまく用いて言葉を説明するのも一つの手でしょう。