引用する

 これらの要素は、指定した範囲のテキストの表示パターンを決めるものです。文書構造の意味を持っている要素ではありませんが、表示を補助する意味でこれらの要素を補助的に用いると便利でしょう。

 B要素は太字、I要素はイタリック、SUP要素は上付き(前の文字の肩に小さく表示)、SUB要素は下付き(前の文字の右下に小さく表示)、TT要素は等幅フォント、U要素はアンダーライン、S要素及びSTRIKE要素は取り消し線をそれぞれ表します。

 ただし、これらの要素のうち、U、S、STRIKEの各要素は非推奨とされています。また、他の要素もHTML4.01の世界ではあまり使わないほうがよろしいとされています。表示を規定したい場合はEM要素やSTRONG要素、DEL要素やINS要素などをスタイルシートで規定した方が無難とされています。
例:取り消しにS要素 → DEL要素に置き換える

HTML5では、それぞれの要素の意味が異なっていますので注意しましょう。

B:強調でもなく重要な部分でもないが、注意を引くことでユーザーに役立てられうる部分であるという意味。 

I:通常の文章とは雰囲気を異にする部分(会話であったりテクニカルタームであったり)

U:注釈が必要なテキスト(スペルミスがあるなどの部分)

S:すでに正しくない、もしくは関連性がない部分

STRIKE要素とTT要素は廃止となり、STRIKE要素は用途に応じてDEL要素ないしS要素に、TT要素はスタイルシートによるものとなりました。

<CODE>~</CODE>
<KBD>~</KBD>
<SAMP>~</SAMP>
<VAR>~</VAR>

 こちらは上の要素とは異なり、要素そのものが意味を持っています。

 具体的には、CODE要素がプログラムなどのソースコードを、KBD要素はキーボードなどから入力された文字列であることを、SAMP要素がプログラムなどの出力サンプルを、VAR要素が変数を、それぞれ表します。

 一般的なブラウザでは、CODE、KBD、SAMPの各要素が等幅フォントで、VAR要素はイタリックで表示されます。