追加・削除を表現する

 <INS cite="(URL)" datetime="(Datetime)">~</INS>

 INS要素は、そこがあとから追加した部分を意味します。

 ブラウザによって表示は異なり、下線がついた状態で表示されたり、イタリックで表示されたりします。同じページであとから付け足しをした部分を分かりやすくするための要素だと思えば間違いありません。cite属性は削除した理由が記してあるページのURLを、datetime属性は追加を行った日時を記します。

 <DEL cite="(URL)" datetime="(Datetime)">~</DEL>

 DEL要素はINS要素とは逆に、その部分を削除したことを表します。

 一般には取り消し線がつけられて表示されることになっています。それ以外の部分はINS要素とほぼ同じ使い方をすることになります。

 なお、datetime属性の書き方は、以下のようになります。日本時間の場合、グリニッジ標準時から+9時間の時差があるので、末尾が+09:00となります。年は西暦4桁、それ以外はすべて2桁(2月なら02、という具合になる)となりますので注意しましょう。
例えば、日本時間で西暦2003年2月16日14時40分0秒の場合、「2003-02-16T14:40:00+09:00」となる

 なお、INS要素、DEL要素は、ともに指定する範囲に応じてブロックレベル・インラインどちらの要素にもとることが出来るという、ちょっと変わった要素です。