引用する

 BLOCKQUOTE要素は、その部分が、まとまった長い引用であることを示すもので、文章を段落の形などで丸々引用する場合に使います。

 一般的なブラウザにおいて、この要素で囲まれた部分は、全体が字下げを施された形で(Mac版のIE5だったかはそうならないらしい)表示されるようになっていますので、かつては左右の余白を取るために使用されていた時期もあります(現在も、そう表示させるためにBLOCKQUOTE要素を吐き出すホームページ作成ソフトがある)が、これではその文章全体が引用文だと解釈されるようになってしまうので、左右に余白をとりたい場合は、スタイルシートのmarginを利用するようにしましょう。

 <Q cite="(URL)">~</Q>

 Q要素は、本文中に短い引用を段落の一部分として用いるための要素です。

 cite属性を用いることによって、引用元のURLを参照することも可能になります。この要素がサポートされているブラウザでは、前後に自動的に引用符が付けられますので、前後に引用符や鉤括弧は付けないようにして下さい。また、このほかに一部のブラウザに限っては、cite属性で記したURLに直接移動することも出来るようになっています。

 <CITE>~</CITE>

 CITE要素は、その部分が出典の文献名・作品などの表題であることを意味します。

 文章を引用するのではなく、引用したものの論文(書籍・文書)名を表す場合に用いる要素です。一般的なブラウザではイタリックで表示されます。

 かつてはこの要素が引用したものの出典をまるごと表すものだとされていましたが、現在は作品の表題に限って用いられるようになっています。