強調する

 EM要素とSTRONG要素は、それぞれ強調を表します。その部分を特に強調したい場合には、この要素を使って表現することになります。一般的なブラウザでは、EM要素はイタリック、STRONG要素は太字で表現されます。

 ただし、STRONG要素はHTML5では「重要性」も表すようになり、EM要素と若干意味合いを異にするようにもなっていますので、使い分けをすることも必要になります。STRONG要素は「その部分を何よりも先に見てほしい」という部分と解釈して使うのがいいでしょう。

 文字の大きさ等はこの要素では変わったりしませんが、スタイルシートを用いることでより込み入った表現をすることも可能になります。