文字の大きさ、色を変える

 FONT要素は、ブラウザ上で表示される文字の形態を変える要素です。COLOR属性で色を、SIZE属性で大きさを、FACE属性で文字の字体を変えることが出来ます。

 ただし、HTML4.01 Strictでは一切使わないようにと定められており、またHTML5でも使わないことになっていますので、こういうのはすべてスタイルシートに任せることにしましょう。

 COLOR属性では、赤・緑・青の「光の3原色」に関して、16進数を用いて表示します。赤・緑・青の各3原色の要素を00(=10進数の0)~FF(=10進数の255)の256段階で表し、それらの組み合わせによって色を表現する方法がHTMLにおいては規定されています。例として、「まじりっけのない赤」を表現する場合、赤の割合最大(=255(10)=FF(16))、その他の色要素は全く含まれないので、緑は00、青も00、というわけで「赤=FF0000」、という具合になります。通常の色の混色と異なり、光なので「赤+緑=黄」、「緑+青=水色」「赤+青=赤紫」になります。さすがに全部覚えるとなるとなかなか大変なものがあるので、ペイントソフトや、書籍の巻末のカラーチャートを用いて色をチェックするのが賢いやり方でしょう。

edgeによるRGB表記の例(16進数)
edge(フリーソフト)による16進数表記
ペイントによるRGB表記の例(10進数)
↑ペイント(Windows標準付属)による10進数表記

 SIZE属性は、文字の大きさを規定しますが、具体的にどれくらいの大きさになるかは環境によって異なります。あくまでも相対的なサイズを規定するものだと割り切ってください。1がもっとも小さく、7が最大です。ちなみに標準的なサイズは3となっています。

 FACE属性は、文字の字体をコントロールするものです。フォント名は一つでも構いませんが、半角カンマで区切って複数指定することも出来ます。その場合、より先に指定してあるフォントで、ユーザーが使えるものが使われます。マニアックなフォントが飛び出すようなら、複数指定しておいたほうが無難でしょう。

フォント字体の複数指定の例

<FONT face="DFGブラッシュRDW7,富士ポップ,有澤行書,MS ゴシック">

なお、フォント名は半角カタカナを使っている場合や、全角と半角の英字が入り混じっている場合があります。そういうフォントを使う場合、フォント名の指定も全く同じにしてやらないと失敗しますので注意(この辺は、タグ直書きよりもWORDその他の文書作成ソフトのフォント指定に頼る(=実際にその書体で打って、あとでHTMLで保存してその部分をコピーする、もしくはフォント名だけコピーしてface属性の後ろに貼り付ける)方が無難でしょう)。

非推奨の要素 <BASEFONT size="(1,2,3,4,5,6,7)">

 ページ全体の基本的な文字サイズを規定します(ただし、見出しの大きさには影響を与えません)。それ以外はFONT要素のSIZE属性となんら変わりありません。この要素はどこに配置しても構わず、指定したところより下の全体にサイズが指定されます。終了タグはありません。
 なお、Netscape6ではこの要素は無視され、標準の大きさで表示されることになりますのでご注意ください。

HTML5廃止要素 <BIG>~</BIG>
 <SMALL>~</SMALL>

 BIG要素はその部分を大きな文字で、SMALL要素はその逆にその部分を小さな文字で表現します。ただし、具体的なサイズが決まっているわけではなく、その部分のサイズと相対的に比較して大きめ、あるいは小さめのサイズとなります。具体的なサイズを規定したい場合は、スタイルシートに頼ることになります。

 なお、HTML5でSMALL要素は「細めの注釈」を意味する部分となっていますので使い方に注意しましょう(BIG要素はHTML5では廃止されました)。