箇条書きのリストを作る・3

 DLはDefinition Listの略で、用語とその意味を説明するためにリストを作る場合に用いる要素です。

 DT要素で用語を、その直後のDD要素でその用語の意味を付けていきます。そして、全体をDLタグで囲えば、定義型リストの完成です。なお、<DL>~</DL>の範囲内には、DT要素とDD要素を、それぞれ任意の順番で、好きな数だけ入れることが出来ます。

 一般的なブラウザでは、DD要素の部分が字下げされて表示されます。

 なお、会話なり対談なりに使うことができそうな気もしますけれども、そういう目的でDL要素を使わないようにしましょう(P要素などを用いるのが適切とされています)。