箇条書きのリストを作る・2

 ULはUnordered Listの略で、順番が関係ないリストを作る場合に用いる要素です。

 使い方はOL要素とほとんど同じでリスト部分全体を<UL></UL>で囲み、各々のリストアップ項目をその内部に<LI>~~<LI>で囲って入れていきます。すると、頭に●などの記号がついた形で箇条書きとなります。一般的なブラウザでは、全体的に字下げが行われた形で表示されます。

非推奨の属性
<UL type="(disc | circle | square)">~~~~</UL>
 <LI type="(disc | circle | square)">~~<LI>

 UL要素に割り振られる記号にはいくつかの種類があり、discで●、circleで○、squareで■を表現することが出来ます。UL要素に指定した場合は最後までそのタイプで表示されますが、LI要素に指定した場合、IEではその部分だけ形が変わり、NNではそれ以降指定がない限りずっとその表記方法が続くような仕様になっています。ただし、ブラウザによってその大きさや色などが微妙に違っています。その辺は気にしなくても特に問題はないのですが…。

 これらの属性はHTML4.01では非推奨でありましたが、HTML5では使ってもよろしいということになっています。ただし、スタイルシートを用いた方が細かい指定をすることができます。