箇条書きのリストを作る・1

 OLはOrdered Listの略で、順番が関係してくるリストを作る場合に用いる要素です。

 リスト部分全体を<OL></OL>で囲み、各々のリストアップ項目をその内部に<LI>~~<LI>で囲って入れていきます。指定した順番に、頭から1、2、3、4……という具合に、各内容の頭に番号が割り振られた状態で表示されます。一般的なブラウザでは、全体的に字下げが行われた形で表示されます。

 LI要素の内容としては、ストレートに文字列を入れるだけでなく、P要素やTABLE要素などのブロックレベルや、果てはリストも含むことが出来ます。ちょうど、この講座の目次のように、LI要素にリストを配置することにより、リストを入れ子の状態にして表示することも可能になります。

 たまに、LI要素に終了タグをつけないホームページ作成ソフトがありますが、これは厳密には間違いで、終了タグをつけるようにしてください。

非推奨の属性
<OL type="(1 | A | a | I | i)">~~~~</OL>
 <LI type="(1 | A | a | I | i)">~~<LI>
<OL start="(開始番号)">~~~~</OL>
 <LI value="(開始番号)">~~<LI>

 OL要素に割り振られる番号にはいくつかの種類があり、通常は算用数字ですが、aで英小文字、Aで英大文字、Iでローマ数字大文字、iでローマ数字小文字を表現することが出来ます。OL要素に指定した場合は最後までそのタイプで表示されます。

 またOL要素のstart属性、及びLI要素のvalue属性は、各々リストの番号を最初から、もしくは途中から修正するものです。指定した箇所から番号が変わり、その後も変更したあとの番号に続く形で表示されます。ちなみに、記号についてアルファベットを指定するなどのときであっても、必ず番号で指定しなければなりません。

 HTML4.01ではこれらの属性は非推奨扱いでしたが、HTML5では使ってもよろしい(ただし積極的に使えって意味ではない)ということになっています(start属性とvalue属性は他に代替するような方法がありませんので)。ただし、より細かい指定をスタイルシートでできるということも知っておくと便利です。

<OL reversed>

 HTML5で導入されたもので、OLの中にreversedと入れると、通常1、2、3……という風に並ぶリストの数字が逆順になります。つまり、10個の順序つきリスト項目があったとすると、上から10、9、8……2、1という風になるリストに変化します。