改行する

 BR要素は、表示される文章を改行させるのに用いるものです。

 PRE要素の解説でチラッと話したとおり、HTMLではたとえソースが改行されていても、実際に表示したときに改行されるわけではありません。したがって、意図的に改行させたい場合は必ずこの要素を使用することになります。

 ただし、ナンボ改行ができるからといって、この要素を用いて段落を表現するようなことはしないように気をつけてください。特に、bodyの直下に配置して段落を表現するようなことは避けるようにしましょう。 また、ユーザーが皆、作成者と同様のブラウザや文字幅、ウインドウサイズで見ているとは限りません。レイアウト目的で改行を入れる場合は慎重に設定するべきです。

非推奨の属性<BR clear="(Left | Right | All)">

 表や画像を画面の左右に配置した場合、テキストはその表なり画像なりに回り込んだ状態で表示されます。その状態を解除する場合は、BR要素にCLEAR属性でもって、その回り込んだ状態を解除してやる必要があります。Leftで左側の画像・表、Rightで右側の画像・表、Allの場合はそれら両方に対して回り込みを解除します。