打ち込んだテキストをそのまま表示させる

 PRE要素は、指定した範囲のテキストを、入力したとおりに(スペースや改行もそのままに)等幅フォントで表示させるものです。

 通常のフォントは、文字によって横幅が異なりますが、等幅フォントはすべての文字が同じ幅(全角文字は半角文字の2倍の幅)で表示させるフォントです。日本語版Windowsの標準フォントであれば「MS ゴシック」や「MS 明朝」、日本語Macintoshの場合は「Osaka-等幅」などが該当します。

 HTMLのテキスト状態では、改行のタグである<BR>がない限り、HTMLのソース側で改行されても改行されることはありませんが、この要素を用いた場合は、テキスト側の改行をそのままに改行します。また、仮にテキストの長さがウインドウの幅より長くなっても、自動的に改行されることはありません。

 主な使い道として、HTMLやCSS、JavaScriptなどのソースをブラウザ上で表示させるために用いますが、タブは入れないようにしましょう。