水平線を引く

 HRとはHorizontal Rulesの略、すなわち水平線を表します。

 水平線を引くことで、段落や章ごとの区別をより明確にすることができるようになります。一般的なブラウザでは、その部分が引っ込んだ形で立体的に表示されます。HTML5では「段落や章ごとの区切りを表すもの」とはっきり決められています。単なる水平線を引く要素ではなくなっています(それ以外の目的で水平線を引くかといわれるとちょっと微妙ではありますが……)。

 したがって、長い本文の区切り(場面転換など)や、話題の転換などで用いるのが一番良いかと思います。

非推奨の属性HTML5廃止要素<HR align="(Left | Center | Right)" width="(ピクセル数・%)" size="(ピクセル数)" noshade>

 HR要素にもいくつかの属性があり、align属性で表示位置(通常はCenter)、widthで線の長さ、sizeで線の太さを決めます。単位をつけない場合はピクセル数、%をつけるとその時点でのウインドウの大きさから見た幅の割合となります。noshade属性は立体的な水平線ではなく、本当に棒状にしてしまう属性です。

 ただし、これらの属性はすべて非推奨とされており、幅や太さを決定する際はスタイルシートを使うことが推奨されています。案の定HTML5では廃止されました。

 置き換え例としては次のようになります(幅60%、太さ4px、色は緑(#008000)とする)。

hr
 {width: 60%; height: 4px; color:#008000;}

noshade属性については、CSSでうまく再現する方法として「background-color(背景色)とcolor(本体の色)を同じにする」というテクニックで再現することができるようです。