見出しをつけよう

 PはParagraphの略、すなわち段落を表します。

 本文を記述する際は、特に引用など他の用事がない限り、この要素を用いて記述していきます。一般的なブラウザにおいて、P要素と他の要素の間には、およそ1文字分のスペースが開き、これにより、段落を明らかにすることが出来ます。

 なお、この要素の内側にはブロックレベル要素(表=TABLEなど)を配置することが出来ませんので注意しましょう。他のブロックレベルを配置する場合は、一旦</p>で閉じ、その上で他の要素を配置していくことになります。

非推奨の属性HTML5廃止要素<P align="(Left | Center | Right)">~</P>

 非推奨属性ですが、段落の表示位置を弄くるときはH1~H6属性と同様、この属性を用います。Leftで左寄り、Centerで中央寄せ、Rightで右寄りとなります。何も設定しない場合は左寄りとなります。本文の表示位置は、文章の読みやすさやレイアウトにもかかわってきますので、気をつけて設定しましょう。なお、HTML5では廃止となり、代わりにスタイルシートの使用でコントロールすることになっています。