見出しをつけよう

 HはHeadingの略、すなわち見出しを表します。

 1~6の数字は見出しのレベルを表し、1が大見出し、2がそれに準ずる、という具合に、番号が小さいほど重要な見出しとして機能します。見出しの階層に応じて、適切なものを使用しましょう。一般に、H1の直下にいきなりH3以下を置くなど、番号が飛んでしまうのはあまりよくないとされていますので、その点には注意しましょう。一般的なブラウザでは、番号が小さいほど大きな文字で表示されます。

 また、たとえ画像を見出しに使う場合でも、このタグで囲っておくようにしましょう。画像を表示できない環境であっても、こうすることによってimg要素のalt属性で規定されている文字が見出しとして使われます。

 見出しを設定するときに、FONT要素で色と大きさだけ変える人がいますが、この方法はオススメしません。閲覧している人が「文字の大きさや色を認識できないブラウザ」で閲覧している場合は、そこが見出しだと認識されないまま文章を読まれてしまいますので、見出しはあくまで見出し用の要素で表現する、と覚えてときましょう。もちろん、見出しの色を変えたい場合にFONT要素との複合技も可能です。

非推奨の属性HTML5廃止要素<H1 align="(Left | Center | Right)">~</h1>
 * H2~H6でも同様の指定が可能。

 非推奨属性ですが、見出しの表示位置をいじくるときは、この属性を用います。Leftで左寄り、Centerで中央寄せ、Rightで右寄りとなります。何も設定しない場合は左寄りとなります。見出しの表示位置は、文章の読みやすさやレイアウトにもかかわってきますので、気をつけて設定しましょう。なお、HTML4.01以降は非推奨ののち廃止となっていますので、見出しの位置をいじりたい際はスタイルシートを用いることになります。