<BODY>要素でページ全体の状態を設定する

非推奨の属性HTML5廃止要素<BODY background="(URL)" bgcolor="#RRGGBB" text="#RRGGBB" link="#RRGGBB" vlink="#RRGGBB" alink="#RRGGBB">

 BODY要素に、BACKGROUND属性で背景の画像を、BGCOLOR属性で背景の色を、TEXTでページ全体の文字色を、LINKでまだ見ていないリンク部分の色を、VLINKですでに見たリンク部分の色を、ALINKでマウスをクリックしたときのリンク部分の色を設定することが出来ます。

 これらはすべて「見た目」を制御するものですので、非推奨属性ということになっています(HTML5では廃止)。また、どれか一つをいじった場合、必ず他の属性も設定しておくようにしましょう。ユーザーがブラウザに特別な設定をしている場合、設定によっては文字が見えなくなったりする可能性があるためです。特に、背景画像を設定した場合は、背景画像の色と同じような背景色を必ず設定するようにしましょう。

 HTML5ではこれらについてはCSSによる背景の設定にすべきというふうになっています。書き方の代替例としては以下のとおりでしょうか。もともとのHTMLが以下のようになってたと仮定して話をすすめると、

<BODY background="haikei1.gif" bgcolor="#FFCCCC" text="#000000" link="#0000FF" vlink="#800080" alink="#FF0000">

※ この例だと背景画像はhaikei1.gif、背景色は淡いピンク、テキストが黒、リンクが青、訪問ごリンクが紫、アクティブリンクが赤になる。

それを全てCSSに移すと、一例として次のようになります(HTMLファイルに直接埋め込む場合)。

<style type="text/css">
<!--
 body{background-image:url(haikei1.gif); background-color:#FFCCCC;}
 p{color:#000000;}
 a:link{color:#0000FF;}
 a:visited{color:#800080;}
 a:active{color:#FF0000;}
-->
</style>

この例ではbody要素に直接色を設定していませんが、基本的には本文を構成しうる要素(この場合はPだけだが、OLやULなどのリスト、表組みの各マス目の中身に相当するTDなども考えられる)に色を指定する形になります。

 URLの指定方法は「URLって何?」の項、色指定は「文字の色や大きさ・形を変える」の項目に譲ります。