<BODY>要素でページ全体の状態を設定する

 BODY要素に、BACKGROUND属性で背景の画像を、BGCOLOR属性で背景の色を、TEXTでページ全体の文字色を、LINKでまだ見ていないリンク部分の色を、VLINKですでに見たリンク部分の色を、ALINKでマウスをクリックしたときのリンク部分の色を設定することが出来ます。

 これらはすべて「見た目」を制御するものですので、非推奨属性ということになっています(HTML5では廃止)。また、どれか一つをいじった場合、必ず他の属性も設定しておくようにしましょう。ユーザーがブラウザに特別な設定をしている場合、設定によっては文字が見えなくなったりする可能性があるためです。特に、背景画像を設定した場合は、背景画像の色と同じような背景色を必ず設定するようにしましょう。

 URLの指定方法は「URLって何?」の項、色指定は「文字の色や大きさ・形を変える」の項目に譲ります。