細かい設定をする <META>、<LINK>

<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=(文字コード)">
<META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<META http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">

 HTMLの最初の部分に書き、そのHTMLの情報を補足をするものです。まず、そのHTMLの文字コード(コンピュータ上では、ひらがな、漢字など、そのすべてが「文字コード」という番号で扱われている)がどの形態か、ということをContent-Typeで扱います。
 Windows、Macintoshなどの、家庭用のコンピュータで一般的なのはシフトJISという文字コードで、この場合は文字コードの部分にShift_JISと入力すれば大抵は大丈夫です。ちなみに、この文字コード指定と実際の文字コードが一致していない場合、モロに文字化け(まともな文章が全部変な記号に置き換わってしまう現象)を起こしますので注意しましょう。他にも日本語EUC(UNIXという環境で一般的)であれば、EUC-JP、JISならiso-2022-jp、UTF-8ならUTF-8を指定することになります。HTML5ではよりたくさんのブラウザで表示できるように、複数の言語をまとめて扱える文字コードであるUTF-8が推奨されています。『うちのウツウツ君』も全てUTF-8で記述されています。

 Content-Style-Typeはスタイルシート、Content-Script-Typeはスクリプト(ブラウザ上でいろいろなことをする簡単なプログラムのようなもの)の形態を設定するものです。いずれも、ページ内でそれらを直接記述して用いる場合には指定する必要があります。一般的にはスタイルシート=CSS、スクリプト=JavaScriptとして認識されますが、各々text/css、text/javascriptとしてしっかり指定しておく必要があります。

 なお、これらの指定はページの最初に指定しておくようにしましょう。特に文字コード指定は、日本語が出る以前に指定してください。

 HTML5では、文字コードを指定する際に次のようにします。

<META charset="(文字コード)">

 これで終わりでございます。

<META name="description" content="(内容の紹介)">
<META name="author" content="(作者名)">
<META name="kewords" content="(キーワード1),(キーワード2)……">

 そのページの情報について、更に補足するものです。DESCRIPTIONで内容の紹介、AUthORでページの作者、KEYWORDSは呼んで字の如くキーワードです。これらは画面には表示されることはありませんが、検索のときなどに利用されることがあります。特にキーワードは、そのページが上手く検索に引っ掛かって利用されるかどうかにもかかわってきますので、設定は慎重にやりましょう。なお、キーワードは半角カンマで区切ることで複数設定できます。

<LINK rel="*" href="(URL)">

 LINK要素は、その文書に関連する別の文書と、その関係を示すものです。残念ながら一般的なブラウザでこの要素で設定されている事柄が使われることはありませんが、これらの要素を使えるブラウザも少数派ながら存在しています。

 REL属性は、今書いているページから見た、URLで示したページとの関係を表します。HTML4.01以降で定義されているREL属性の値としては以下のものがあります。特に、外付けでスタイルシートを使う場合は頻繁に使うことになります。その場合は一般にこう書くことになります。

<link rel="stylesheet" href="(スタイルシートURL)" type="text/css">

意味
ALTERNATE別バージョン
STYLESHEET外付けスタイルシート
START最初のページ
NEXT次のページ
PREVIOUS(PREV)前のページ
CONTENTS目次
INDEX索引
GLOSSARY用語集
COPYRIGHT著作権に関するページ
CHAPTER
SECTION
SUBSECTION
APPENDIX付録・付記
HELPヘルプ
BOOKMARKブックマーク集