HTMLの構造について、大雑把に区分けする

 これらの要素は、HTMLの内容についての大雑把な区分を表しているもので、それぞれに以下のような意味があります。

ARTICLE
自己完結する記事の見出しや本文内容などをひっくるめて。
SECTION
一定の「まとまり」を持つ見出しなどひっくるめての指定。
ASIDE
本文(ARTICLEやSECTIONなどでまとまった部分他)を補足するような内容(脚注などが該当する)。
NAV
ページ全体のナビゲーションや、リンク集(リスト構造でもよい)をまとめる。
HEADER
まとまりの最初の部分(目次や導入部分など)
FOOTER
まとまりの最後の部分(文末のリンク集なども利用可能)

 いずれもHTML5で初めて導入された要素であり、使い方には少々の工夫が必要かもしれませんが、まとまった本文内容を区切ったりに使えるものなので、実際に編集するときに「本文内容を区切って構造をわかりやすくする」という大きなメリットがあります。

 NAV要素を端っこに、あるいはFOOTER要素を常に画面下に表示するようにして常にリンクを辿れるようにしたり、あるいは各内容ごとに背景を変えたりなんていう風に使うのも効果的な使い方かなと。