HTMLの土台 <HTML>、<HEAD>、<TITLE>、<BODY>

 この4つの要素は、HTYMLの土台をなす基本となります。<HTML>で「この文章はHTMLで書かれています」ということを示し、<HEAD>でそのHTMLの基本的な情報、<BODY>で本文を表す、ということになります。配置する場合は各々一つずつ、必ず上記の順番で配置するようにしてください。なお、<BODY>要素の直下にいきなり本文を要素ナシで書き始めるのではなく、H1なりPなり、他の要素を伴って書くようにしましょう。

 また、各HTMLには、<TITLE>要素によって表題をつけることが強く推奨されています。ここで付けられたタイトルは、一般的なブラウザではウインドウのタイトル部分に表示されるほか、「お気に入り」や「ブックマーク」に登録されたときのタイトルなどにも利用されます。したがって、一目見てページの内容がある程度分かるものをつけておくといいでしょう(かく言う私は結構手抜きしてるんですけど[冷や汗])

 なお、これらの要素は必須要素ですので、必ず設定をしておく必要があります。

<HTML lang="*">

 そのHTMLが、主に何語で書かれているか、ということを表す属性です。翻訳サービスやサーチエンジンなど、言語の特定が必要な場合に明確な情報を与えることができますので、HTML要素にlang属性は常に指定しておいた方がいいでしょう。現在のところ、この要素を指定して、目に見える変化があるようにはなっていませんが、将来、この要素を用いて表示するフォントを自動的に変更するなどするブラウザが出てくるかもしれません。

 なお、lang属性はHTML要素に限らず、実はほとんどすべての要素に設定することができます。したがって、一時的に言語が変わる場合も十分に対応できます。主な言語コードは以下の通りです。

言語コード
日本語ja
韓国語ko
中国語zh
英語en
アメリカ英語en-US
フランス語fr
ドイツ語de
イタリア語it
スペイン語es
ロシア語ru

例として、本文の途中で一部に英語の文章を引用するなどする場合は<Q cite="(URL) lang="en">~~</Q>などとすればいいでしょう。