HTMLのバージョンを指定する<!DOCTYPE>

 「HTMLって何じゃらほい?」の項目でも軽く述べたとおり、HTMLにもいくつかバージョンがあり、自分がどのHTMLを使って書いているのかを、文章の一番最初に提示しておく必要が(正式なHTMLを書こうとした場合)あります。

 この、<!DOCTYPE>というのが、HTMLのバージョン指定です。使っているHTMLによってお決まりの書き方がありますので、そのまま文章の一番頭に配置してください。

採用しているHTMLの内容に応じて、以下のように設定します。HTML5では文書型宣言のURLの記述がありませんが、これだけでHTML5であるという意味になります。

HTML4.01 Transitionalの場合

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//Dtd HTML 4.01 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

HTML4.01 Strictの場合

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//Dtd HTML 4.01//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

HTML4.01 Framesetの場合

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//Dtd HTML 4.01 Frameset//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

HTML5の場合 (最新の勧告はこれ)

<!DOCTYPE html>