はじめに1 ―HTMLってなんじゃらほい?―

 インターネットをしていて、「どうして違うOS(=コンピュータの動作に関する、一番大事なソフトのこと)のコンピュータなのに、HTMLという同じものを閲覧することが出来るのだろう」、と気になったことはありませんか?

 もともと、HTMLというものが開発されたのは、異なる形式のコンピューターを使っている人々の間で同じファイルを扱うためだったのです。

 例えば、Microsoft Wordで作ったファイルがあります。このファイル、同じくWordを持っている人であれば容易に見ることが出来ます。しかし、持っていない人の場合、そのファイルを見ることは絶対に出来ません(実はかく言う私もそういう経験がありまして(^^;)

 そのため、全員が持っていると限らないソフトで作った文章ではなく、確実に全員が扱える形式である、必要なデータを文字だけ(書式だの、特殊な情報を含まない形)で扱う意味で、最小限のテキストだけでデータをやり取りする必要があったわけです。いわゆる「テキストエディタ」によるデータのやり取りです。

 ところが、テキストだけであると、それが見出しなのか本文なのか表なのかを判断することが極めて困難でした(少なくともコンピュータにとっては)。そこで、このテキストに「目印」をつけることで、それが何なのかを分かるようにしよう、と考えた人がいました。そこで考案されたのがHTML (Hyper Text Markup Language)です。

 HTMLで付けられる「目印」はタグ(Tag)と呼ばれ、そのタグによって目印を付けられ、そこが何某であるという意味を与えられた部分は、要素(Elements)と呼ばれます。

 例えば、次のような文字列があったとします。

貴乃花引退
 2003年1月19日、大相撲横綱貴乃花が、現役引退を発表した。
 角界の人気を牽引し続けた彼に対して、その引退を惜しむ声が聞こえると同時に
 日本相撲協会は、長年の功績に対し、最大級の栄誉を贈った。

 時事ネタ(本文は2003年1月23日に執筆したもので(^^;)ですけど、このような文章があった場合、まず第1行目に見出しがあり、その次に本文の段落があります。ここに、実際に目印をつけてみましょう。それが目印であると分かるように、何かのプログラムのような感じで頭とお尻に<>をつけ、要素のおしまいの部分には/をつけて、そこがその要素の終わりであるということでやっていきますと、


<見出し>貴乃花引退</見出し>
 <本文>2003年1月19日、大相撲横綱貴乃花が、現役引退を発表した。</本文>
 <本文>角界の人気を牽引し続けた彼に対して、その引退を惜しむ声が聞こえると同時に
    日本相撲協会は、長年の功績に対し、最大級の栄誉を贈った。</本文>

 のようになります。
 ただいまは日本語で目印をつけましたが、もっと多くの人にも共有が可能になるように、タグを(コンピュータの基本動作のための語である)英語で付けてみましょう。見出し=Heading、本文=Paragraphですので、その頭文字のHとPを取り、なおかつ見出しの重要性を考えてHeadingには1と通し番号を振ってみましょう。


<H1>貴乃花引退</H1>
 <P>2003年1月19日、大相撲横綱貴乃花が、現役引退を発表した。</P>
 <P>角界の人気を牽引し続けた彼に対して、その引退を惜しむ声が聞こえると同時に
    日本相撲協会は、長年の功績に対し、最大級の栄誉を贈った。</P>

 と、こんな感じで目印を付けていったテキストファイルが、HTMLの正体なのです。単なる文字だけの羅列なので、みんなが使えるというわけなのでした。

 そして、ただ単にテキストだけじゃ面白くないから実際に表示させてみようってんでブラウザと呼ばれるソフトが登場し、そのブラウザが勝手にどんどん増やしたものも含め、HTMLのバージョンを標準化しようっていうことでW3Cという組織が生まれ、そこでHTML2.0、HTML3.2、HTML4.01、XHTML1.0、さらにXHTML1.1という標準化された形式が規定されました。

 しかしながら、XHTMLはその厳格すぎる規定が災いし、ほとんど浸透しませんでした。一方でW3Cとは別の団体が、それまでのHTML4の流れをベースに、新しいHTMLの在り方を模索したうえで

 本サイトでは、そのW3Cによって規定された、HTML4.01 Transitionalから、さらにHTML5へ発展する形でサイトを作るHTMLのことを議論していこうと思います。