#5,Heart of the MAELSTROMのお話

 リルガミンの章の最後のストーリーであるこのシナリオ。#6以降は全く別のシステム・シナリオとなってしまうため、事実上最後の「正統派ウィザードリィ」と言えるかもしれません。

 ただし、今までのシナリオと決定的に違うものがいくつもありますので、それをじっくりと解説していきましょう。

1、ストーリー

 薄暗い居酒屋の中、その片隅のテーブルに座り、その男は一つの話を始めた。それは、この国を襲った、恐るべき災いの物語である……。

 今より数年前、この国を襲った天変地異は、まさにこの世の終焉を思わせるものであった。しかし、その災いはある冒険者たちによって持ちかえられた、ル・ケブレスの持つ宝珠の力により鎮められた……。

 しかし、それから数年の月日が経つと、再び様々な災いが国を襲いはじめたのだ。賢者たちは知力と魔力の全てを使い、その原因を探った。そして、知り得た事実は真に恐ろしいものであった。この災いの原因は、自然界に存在する4つの力のバランスが壊され、そこに生じる渦が、この世界を飲み込もうとしている徴候だったのである。

 しかも、この危機を救うことのできる唯一の人物ゲートキーパーは、その渦の中心に囚われてしまった。そして、これら全てが、悪しき魔女ソーンの企みであることが判明した。彼女は無限に広がる渦により、新宇宙創造を目論んでいたのだ。しかし、そうなればこの世界は存在できなくなってしまう。誰かが、その野望を阻止しなければ……。


2、ゲームシステム

 完全にオリジナルのシステムの#4とは異なり、基本的なシステムは#1~#3までのシステムを踏襲している。しかし、微妙に違うところがあるので、少し解説を加えておこう。


1、ダンジョン

 今作のダンジョンについて解説しておこう。今までは20×20の正方形内にきれいに収まる形をしていたが、今作はフロアごとにいろいろな形をしている。オマケに無意味に広いし……。

 したがって、マッピングしようモノならえらいことになるし、ダンジョンの座標もかなり複雑である。おとなしくオートマップに頼るべきかもしれない。

2、NPCとは

 NPCとは、簡単に言えば「ダンジョン内にいる、冒険に役立つ情報を与えてくれたりする存在」である。それまでの作品にもこういうキャラクターがいたが、今までは会話が出来なかった(と言うか一方的な講話に過ぎなかった)が、今回はいくつかのキーワードを元に話を引き出す事が出来るようになっている。また、アイテムや現金の取引もアリなので(しかも場合によってはクリアに関わるイベントでもある)、いい加減にはできない。

 ちなみにNPCを殺すこともでき、その場合はカント寺院でそれなりのお金を払えば復活させる事が可能。ただし、その後の関係が悪化する事も有るので、なるべくなら生かしておいた方がいい。それに、たいていのNPCは、そこらのモンスターの比じゃないくらい強いし……。

 参考までに、特殊なNPCのパラメータをまとめておいた。以下の表を参照にされたい。

NPCデータ

3、鍵のかかったドアや、シークレットドア

 今作から登場の、『鍵のかかったドア』であるが、これを開けるには、ある程度のレベルに達した盗賊(もしくは忍者)に任せるか、あるいは呪文に頼るしかない。
 しかし、いくら高レベルの盗賊であっても、特定のアイテムがないと開けられないドアが存在するので、これまた注意。

 また、今作のシークレットドアは一味違う。「調査」して初めて分かる(通れる)ドアがあるのだ。もちろん、「調査」しなければオートマップには記録されないし、見えるような事もない。とにかく、怪しいなと思われる壁は調べてみることをオススメする。

4、泳ぎ

 これがまた厄介なイベントである。何がといったら、泳ぎもまた、生得的なものではなく、習得するものだからだ。

 今作のダンジョンの所々には、泉と言うか池と言うか井戸と言うか、そういう、水の溜まっているところがある。それらの最深部には、何か貴重なアイテムとか、ボスクラスのモンスターが出るとか、そういうクリアに必須の何かが起こることが多い(全てではないが……)。
 しかし、作ったばっかりのひよっこ冒険者たちは、泳ぎがこれでもかってくらい下手だったりする。そこで、こういう池に潜らせて、徐々に泳ぎの技能を覚えさせる必要がある。
 ところが、これがまた大変である。ちょっと無理させてしまうといとも簡単に溺死してしまうのである。ある意味、キャラのレベルアップより大変だったり……。

 というわけで、私が推奨する『水泳レベルの上げ方』を紹介しよう。

 まず、ダメージだとか麻痺するだとか、そういう危険な効果のある池を選ばないこと。この観点から行くと、地下3階の(26、‐14)にある池がオススメである(その代わり、ここは潜ると金を落とすので、潜る人間以外に全財産を託しておくこと)。
 そして、潜らせるやらの水泳レベルより一つ深いところ(2レベルなら深度C、7レベルなら深度Hとかいう具合に)に潜らせ、水泳レベルが上がったら、更に潜る深さも1段階深くする。

 これを地道に繰り返すことで、水泳レベルを上げていこう。しかし、実はあるアイテムを装備すると、ほとんどおぼれなくなる。そのアイテムは……あるフロアで、あるNPCから購入することで手に入れられる。

5、武器の射程

 射程という概念が今回から加わった。簡単に言えば、リーチの長い武器を装備していれば、今までは呪文でサポートか防御するしかなかった後衛のキャラクターも、直接攻撃が出来るのである。したがって、武器の購入に関しては、持てるか持てないかだけでなく、射程まで考慮に入れておくこと。

 ちなみに、今まで直接攻撃を受けなかった後衛の3人だが、今作ではモンスターの中にも後列攻撃の出来る輩がいる。そいつらに遭遇したときのために、後衛も防具の装備を怠ってはならない。

 射程について補足。武器の射程と攻撃可能な敵の関係は、以下の表の通りである。

射程前衛(1~3人目)の攻撃できる範囲後衛(4~6人目)の攻撃できる範囲
近接武器敵1~2グループ目不可能
短距離武器敵1~3グループ目敵1~2グループ目
中距離武器敵全グループ敵1~3グループ目
長距離武器敵全グループ敵全グループ

6、呪文と宝箱の罠

 今作では呪文、及び宝箱の罠の種類が大幅に入れ替わっている。そのため、初めのうちは戸惑うことも多いと思う。魔法に関しては別表にまとめてあるので、そちらを参照いただきたい。

魔法リスト

 宝箱の罠だが、以下の通りである。

罠名コメント危険度
石のつぶて罠を外そうとしたキャラに向かって石つぶてが飛んできて、ダメージ。
序盤は痛手だが、後半になると蚊に刺された程度の被害である。
@
毒ガス毒ガスが噴き出す。パーティーのほぼ全員が毒にあたってしまう。
中盤でも結構怖い罠。
@@@
虹のきらめき虹色の光線がパーティーを貫き、パーティーの誰かがステータス異常になる。
僧侶系の魔法を使う者がやられるとピンチ。
@@@
悪魔の目玉パーティーの数人が石化してしまう、かなり危なっかしい罠。@@@@
警報警報が鳴り響き、モンスターを呼び寄せてしまう。
どのモンスターが来るかはランダムだが、わざと鳴らして
経験値を稼ぐのもまた一興。
@
サイオニックパーティーの全員について、特性に応じた能力値が1下がる。
目に見えた被害はないが、あまりくらいたくないものである。
@@
マグネット持っているアイテムの一つが没収されてしまう。
重要なイベントアイテムだとか、レアな装備品とかが取られるとかなり凹む。
@
毒針罠を外そうとしたキャラに毒針が飛んできて、そのキャラが毒を受ける。
すぐに治療しておきたい。
@@
テレポーターダンジョン内のどこかに飛ばされてしまう。
石の中に飛ばされるとロストしてしまうという、恐怖の罠だったりする。
@@@@
びっくり箱パーティーないの誰か一人がダメージ、特性値の減少、もしくは年を取る。
なぜ年を取るかは疑問(「寿命が縮む」からだと推測されるが……)。
@@@
火薬樽パーティー全体に大ダメージを食らわせる。
この罠で全滅することもあるという、かなり恐ろしい罠。
@@@@
げんこつどこからともなくやって来た拳骨が、罠を外そうとしたキャラを押しつぶす。
潰されたら死ぬというんだから、相当デカいんだろうな……。ちなみに某マンガのオカンが用いるMAX版超必殺技とは全く関係がない。
@@@
コブラの呪いパーティー全体が麻痺してしまう。
これで敵に遭遇したら、その場で全滅決定。
@@@@
高圧電線パーティーの何人かがチンされてしまう。
死ぬならともかく、灰になってしまうこともあるという、最強最悪の罠。
@@@@@
マジックドレインパーティーメンバーのMPが吸われてしまう。
この罠を食らってしまったら、とりあえず地上に戻った方がイイかも……。
@@

3、マップ攻略  4、データベース

すいおう講師のホームページ、"Just Wild Heaven!"にて、集中講義を実施中。ここからどうぞ。