#4,The Return of WERDNAのお話

 このシナリオ4、実は他のRPGとは決定的に違います。なぜなら……主人公(プレイヤーの分身)が#1のラスボスであった悪の大魔導師「ワードナ」なのです。したがって、プレイヤーはモンスターを連れて敵の冒険者たちをバッタバッタとなぎ倒していくという、まさに逆転したストーリーなのです。それゆえ、原作はすさまじい難度でした。はっきり言って、一度も死なないでクリアできる人はいません(多分……)。

 『NAOL』では、このシナリオ#4が2種類存在します。一つは、原作を忠実に移植した「クラシック版」、もう一つは、原作に若干の修正を加えた「アレンジ版」です。今回は、遊びやすくなっているアレンジ版を中心に、クラシックとの違いを交えて解説していこうと思います。

1. ストーリー

 「アミュレット」探索の旅に出たワードナは、それがエセルナートの王、トレボーの手にあると知ると、彼から「アミュレット」を奪い去った。しかし、トレボーはワードナの首に莫大な賞金を賭け、「アミュレット」奪回のため、冒険者たちを彼の迷宮へと向かわせた。そして、絶大なる力を持っていたワードナにも、ついに死の時が訪れるのである。

 しかし、ワードナの肉体はいかなる手段を用いても滅ぼすことは出来なかった。それを知ったトレボー王は、ワードナの肉体を彼自身に作り上げた迷宮、その最深部へと厳重に封印することにした。そして、ワードナを封印した迷宮には厳重な監視がつけられ、それはトレボー王の死後も、代々にわたって続けられていくのであった……。

 ワードナの肉体が封印されてから、永い年月が経った。そして今、彼は力を取り戻し、その肉体は復活の時を迎える。闇の力を秘めし、暗黒の魂が再び鼓動を始め、暗き霊廟の中で彼はその目を覚ますのだった。ワードナは従順なる魔物の群れを呼び起こし、邪悪な呪の言葉を吐きつつ地上へと向かった。再び「アミュレット」を手に入れるために……。

「公式ガイドブック(ローカス、1999)」より抜粋


2. ゲームシステム

 第一の特徴は、「モンターを召喚する」ということ。各階層に配置された召喚陣に入り、モンスターを召喚、魔物たちを駆使して、行く手を阻む冒険者たちをなぎ倒し、奪われた「アミュレット」を取り戻すのが目的となる。

 第二の特徴は、「経験値という概念が存在しない」ということ。ワードナのレベルを上げるには、先ほど出てきた「召喚陣」に入るしかない。現在のレベルより高いレベルの召喚陣に入ると、ワードナのHPはレベル×10になり、そのレベルの魔術師呪文を使えるようになるのである(ちなみに全ての呪文を習得するのはレベル7である。8レベル以上の召喚陣に入っても、新たな呪文は習得しない)。

 第三の特徴は、「時間制限がある」ということ。実は、ワードナの後ろをトレボーの亡霊が追いかけてきているのである。この亡霊に追いつかれてしまったら、その時点でゲームオーバーになってしまう。時々出てくるメッセージで、接近具合が分かるので、セーブするタイミングを計ってほしい。ちなみにフロアを移動するか、途中でロードすると、トレボーの接近カウントは0に戻る。(つまり、どんなヤバイ状況でも、「おのれ……」に戻る。)

危険度メッセージ(日本語)メッセージ(英語)
余裕……おのれ……ワードナ……...W...E...R...D...N...A...
まだ安心貴様は、今どこにいるんだ……?WHERE...ARE...YOU...?
ペースを上げたい今、お前のところに……いくぞ……I...COME...FOR...YOU...
もうヤバい復讐はこの手にある……MY...REVENGE...IS...AT...HAND...
諦めなさい近いぞ……私とともにくるのだワードナ!
慌てて逃げても遅いわ!
I...ALMOST...HAVE...YOU...
普通はこんなの出ませんさあ、私とともに来るがいい! ワードナ!NOW...YOU...ARE...MINE...

 なお、呪文の効果は基本的に#1~#3のものに準じるが、一部の呪文が省略されているorあるのに使えなくなっている(使う機会がなくなっている)ので注意すること。また、#1では僧侶呪文も使えたはずのワードナだが、今作では魔術師呪文のみになっているので注意されたし(僧侶呪文が使えたら相当難度が下がるだろうと思うんだけど……)。

3. マップ攻略

完全に攻略済みです。部分的にネタバレを含みますし、またマップを公開しておりますのでご注意下さい。

4. 召喚モンスター一覧

注意

  1. 召喚のルールだが、アレンジ版は5種のモンスターを1体ずつ召喚することになるが、各モンスターに的確な指示を与えることが出来る(#3までの冒険者側の状況と同じだが、4番目以降からでも敵陣の前衛に対してのみ直接攻撃をすることが可能。また、4番手と5番手のモンスターが敵冒険者から直接攻撃を食らうこともない)。クラシック版は3種のモンスターを指定された出現数で召喚できるが、モンスターに的確に指示を与えられない。(#3までのモンスター側の配置と同じ)。
  2. アレンジの召喚モンスターリストのうち、リストの終わりの方にあげられているモンスターは、アレンジを1度以上クリアすることで召喚可能になる(データを引き継いで再度地下10階からプレイし始めることで召喚できるようになる)
  3. 「出現数」は、クラシック版のみ意味を持つ。アレンジ版は全て1。
  4. ページの最後に、「オススメ召喚モンスター」のコラムもあります。ただし、アレンジ3回目以降は反則的な連中(笑)が召喚可能なので省略。
  5. モンスターの「能力」は以下の通り。
  6. 「有効性」については以下の通り。
モンスター一覧表
アレンジ版クラシック版
召喚レベル1(アレンジ版)召喚レベル1(クラシック版)
召喚レベル2(アレンジ版)召喚レベル2(クラシック版)
召喚レベル3(アレンジ版)召喚レベル3(クラシック版)
召喚レベル4(アレンジ版)召喚レベル4(クラシック版)
召喚レベル5(アレンジ版)召喚レベル5(クラシック版)
召喚レベル6(アレンジ版)召喚レベル6(クラシック版)
召喚レベル7(アレンジ版)召喚レベル7(クラシック版)
召喚レベル8(アレンジ版)召喚レベル8(クラシック版)
召喚レベル9(アレンジ版)召喚レベル9(クラシック版)
召喚レベル10(アレンジ版)召喚レベル10(クラシック版)

PS版『ニューエイジ』の攻略本#4に掲載されているモンスターデータはアレンジのものであり、クラシックではモンスターのHPや・レベル等に大きな違いがある。さらに、一部のモンスターはアレンジで持っている能力をクラシックでは使うことができなくなっている点や、戦闘中に逃げ出すことがある点についても注意されたい。

5. アイテム一覧

登場する全アイテムを網羅しました。

6. PCエンジン版との差異

V.MAILER様より情報を頂戴しました。こちらからどうぞ。