#3,Legacy of Llylgamynのお話

 えっと……ファミコン版の2作目に当たるこの『リルガミンの遺産』。本来は3作目です。(2作目は『ダイヤモンドの騎士』)今回は、この話を攻略していきましょう。ただし、例によってLSの話ですので、「ファミコン版と違う~!」などという文句は却下……って管理人さんが言ってました。

1、ストーリー

 かつてリルガミンの町は、「狂王」トレボーの強引な政治により、栄華を誇っていた。しかし、そんな狂王の名も人々の記憶から消えるほどの年月が流れたある日……。

 エセルナートの各地が、突如として巨大な災厄に教われた。ある町は地震により壊滅し、またある町は洪水に飲みこまれていった。大いなる自然のエネルギーの前に、人々はただ祈るしかなかった。預言者たちは世界の終末を叫び、絶望に支配されたものは略奪に走っていった。

 それでも世界を救おうと、懸命に災厄の原因を探ったものもいた。だが、その途中で何人もの賢者が命を落とし、彼らですら絶望に支配されようとしていた頃……ついに一つの光明が見出された。

 リルガミンのはずれの洞窟に住む、伝説の龍ル’ケブレスが、「大地の宝珠」と呼ばれる強力なオーブを守っているといわれている。そのオーブならば、この災厄を鎮めることができるはずなのだ。

 だが、ここに踏みこんだものは、命を落としてしまうと信じられ、更に、そのオーブの強大なパワーは、力のないものが触れれば、精神もろとも破壊してしまう恐れがあった……。しかし、強力な冒険者であればオーブに触れる事ができるかもしれない。特に、「ワードナの護符」に触れた冒険者の子孫であれば……。

 かくして何人もの英雄が集められた。その中には、ワードナを征服した冒険者たちの血を引くものもいたのだった……。

2、#3の特徴と、オススメパーティー

 さて、今作の最大の特徴は、ズバリ「性格」が重要視されているという点です。具体的に言うなら、善のパーティーと悪のパーティーで、入れるフロアが違っているということです。そして、このどちらの性格のパーティが欠けても、ゲームは終わらないということです。そこで、まずはパーティーを考えましょう。

 その前に一言お断りしておきます。ストーリーを読むと、なんかシナリオ1からキャラクターを転送してこないとダメな感じがしますが、実際は一から作ったキャラでも大丈夫ですのでご安心あれ。

 それでは、結論から。「なるべく中立のキャラを多くしておく必要がある」という事です。なぜなら、中立のキャラは、善悪両方のフロアに入れるので、無駄がないと言うわけです。今回のシナリオは、1や2に比べて、序盤の経験値稼ぎがやりにくいこともあり、効率が重要視されます。また、序盤の経験値が安いということから、いきなり司教や侍といった上級職を入れるのも、(人によりますが)あまりオススメしません。ただし、司教に関しては城に待機(善・悪どちらも)を待機さしておいて損はありません。ある程度パーティーの戦力がついたら、他のメンバー誰か一人と入れ替えて、浅い階(1~3F)で修行を積んでおくのがいいと思いますよ。

 では、管理人さんのオススメパーティーを、紹介しましょう。

  1. 中立・戦士
  2. 中立・戦士
  3. 中立・戦士
  4. 善/悪・僧侶
  5. 中立・盗賊
  6. 中立・魔術師

 ポイントは、僧侶を善・悪それぞれ一人ずつ作るという点です(僧侶は中立で作れないため)。したがって、回復魔法がおろそかになりがちですから、前衛の攻撃力増加、魔術師の魔法習得が、ゲームを効率的に進める鍵となります。もしダメっぽいと感じたら、戦士3人と僧侶だけで潜って、少し稼ぐという方法もありますが……。

 余談ですが、#1や#2から転送してきた場合、能力値が最初から高い状態(最高15だったような気が……)で仲間に加えられますが、呪文は全て忘れます。年齢は20で固定で、一番痛いのが、「本来有り得ない性格の職業は、性格を変えさせられる」という事です。具体的に言うと、#3で役に立つからと言って、#2あたりで中立の僧侶(あるアイテムを悪用するとできる)を作ったとしても、#3に持ってきたときに性格を善か悪のどちらかに選択させられるのです。諦めて下さい。
 でも、呪文そのものは#1、#2と同じですので、この2つのシナリオに慣れている方ならそんなに苦労はしないでしょう。
呪文表……こちらから

3、マップ攻略

 攻略完了。こちらからどうぞ。

4、モンスター図鑑

<図鑑の記号について>

 図鑑の記号は、次のものを使っています。なお、モンスターの名前・不確定名は『日本語』限定とします。(というか英語を入れるとページそのものが大きくなる可能性があるので……。)

1、見出しに使っている記号

2、Ability(モンスターの能力)欄に使っている記号

 殴られて寝る事はまずないので、睡眠は省略しました。なお、名前が緑色で、名前の頭に*のモンスターは、MAKANITOの一言でサヨナラですよ。覚えておいて下さいねっ!