第6回 Dimguil養殖考

 『Wizardry』に触れたことのある人なら誰もが一度は耳にしたことがあるだろう、「養殖」。具体的にいえば、モンスターに次々と仲間を呼ばせ、1戦闘で莫大な経験値を荒稼ぎしてしまう、という行為である。

 養殖のやり方は簡単で、まず、敵が登場したら味方全員で防御呪文(BAMATU、CORTU、BACORTUなど)をかけ(なお、場合によってはMAHAMANの「敵の呪文からの保護」を使ってもよい)、そして仲間を呼ぶモンスターを全滅させないように殺していき、数が減ったらこちらは防御、相手に仲間を呼ばせてからまた増えた分だけを殺していく。

 『Dimguil』は、途中に出てくる中ボスがやたらめったらに強く、こいつらを倒せずに足止めを食らう人も少なからずいる。そうなると必然的に経験値を稼がなければならないのだが、その上で効率的に稼ぐとなると、こういう横着(?)も必要になってくる。

 もちろん、このような行為はご法度ではないと私は考える(まあ、自分で封印するのは自由ですけど(^^;)ので、大いに利用するのが吉だろう。

 しかしながら、出現モンスターが非常に多いこのシナリオの場合、ついついどのモンスターが仲間を呼ぶのか、あるいは養殖に適しているのかということについて把握しきれないケースも十分考えられる。そこで、本日は「養殖にお誂え向きのモンスター」ンついて解説していこう。

 

 養殖に適しているモンスターは、とりあえず以下の条件を満たすものであろう。

  1. 当然ながら、仲間を呼ぶ(必須)
  2. 出来れば逃走しない方が望ましい
  3. クリティカル・ドレインなどの能力を持たない(必須)
     ↑せっかく稼いでも、EXP減らされたり殺されたりしたら意味がない
  4. 可能な限り経験値が高い

 まず、とりあえず1番目の条件だけを満たすモンスターを列挙すると、次のようになる。(日本語名の五十音順)

 ハッキリ申し上げて、まさかこんなにいるとは思わなかった、というのが正直な感想である。だが、このモンスターを、条件を絞り込めばあっという間に少なくなってしまうのが面白い。

 2番目と3番目の条件を使って絞ると、これだけになる。意外に、「仲間を呼ぶ」と「逃走」を両方とも持っているのが多いのだ。少ないので表組みでどうぞ。
本当はファズボールも条件を満たしているのだが、こいつは安過ぎるので省略。

名前経験値特記事項・養殖する上での注意点
ウッデンパペット2,730 木の人形。そんだけ。余計な特殊能力も持たない、呪文も効きまくる(炎属性が弱点)。初心者の養殖向け。エリアBによく出現する。
クチュマキック6,240 やったらに数だけは多く登場し(5×3Gはザラ)、しかも増えるだけ増える。毒も持っているので、コイツで稼ぐ場合はLATUMOFISが打ち止めにならないように細心の注意を払われたい。エリアBやCで見かけることが多い。
グレーターデーモン29,250 シリーズではおなじみの悪魔で、#1では最強であると同時に最高級養殖ハマチ(違) 今作でも仲間を呼ぶのは相変わらずで、もちろん手ごわい相手だが、(BA)CORTUの重ねがけとBAMATUや(MA)POBAの連発により、いい感じに戦える。エリアEの最深部で登場するだけに、経験値も美味しい。
ジャイアントアント225 このシナリオ、初っ端から養殖モンスターが出てきやがります。まあ、序盤から出てくるのは当然そのあととんでもないのが出てくるからに他ならないのだが……。何はおいても、こいつらから経験値を奪っておかないと先に進めないので、稼ぎに稼いでいただきたい。もちろんコイツは単なるザコ。
ジャイアントモスキート315 ジャイアントアントとの本質的な差はない。経験値が若干高い以外は。当然序盤の絶好のカモ。
スクライル5,400 麻痺ブレスを使うので、こいつの養殖を試みる場合はCORTUを忘れないこと。1、2、3の条件を満たしているが、あまり養殖をお勧めできる相手ではなく、最悪の場合全滅しかねない。エリアDに登場する。
スティンガー900 地下神殿に登場する。能力だけ見ればフィールドの昆虫と同じくらいだが、こいつは麻痺を使ってくる、油断ならないので、BAMATUを1発かけておきたい(ただし、DIALKO分を残しておくこと)。
スリーパー6,675 エリアDに登場する手合い。催眠ブレスを持っているのが厄介。数が多いので、最初にCORTUを掛け捲らないと、全員がこっ酷いダメージを受けることになる。
タマスール2,205 エリアAに登場する。スリーパーをいくらか相手しやすくした感じ。対処法は同じ。うざったらしいときはLAHALITOで一掃するが吉。
チャマルカン1,380 スティンガーと能力はほぼ同じ。やはり地下神殿に登場する。そんだけ覚えておけば十分。ちなみに、炎属性に弱いので、MAHALTOが当たれば楽勝。
ヒーテッドドッグ4,050 エリアDの番犬、とでもいうべきか。当然数は多い。炎ブレスの連発はなかなかに辛いものがあるので、もちろんCORTUで防ぐが最善。
ファイアーロック7,650 エリアDに登場する。ヒーテッドドッグに比べて経験値は高いが、その分危険性も高くなる。CORTUは最低2回、できれば5回唱えておきたい。
ブロブ4,065 エリアCでクチュマキックと一緒になって登場する手合い。毒に加えて麻痺まで持っているので要注意。いっそクチュマキックを残して、こいつはとっととハコテンにしてしまったほうが安全で高いかもしれない。
ホーネストワーム1,425 地下神殿に登場。毒ブレスが何はおいても恐ろしい。とにかくCORTU。何も考えずにCORTU。
ホロムトゥクール4,485 エリアCで時たまお目にかかる。厄介な能力は持ち合わせてないように見えるが、実はこちらを混乱させることがある。その点に注意しておきたい。
ボンサバマ1,575 エリアAやBで頻繁に登場する。安いが稼ぎにはうってつけ。KATINOの効果を持つ奇妙なダンスにさえ気をつければ、何の呪文を使う必要もない。
マウス5,985 一応エリアCやDに登場するが、個人的にはあまり相手したくない存在だ。混乱や麻痺の全体攻撃をしてくるため、運が悪いと同士討ちで全滅、もしくは麻痺で全滅、という憂き目に遭うからだ。
レッサーデーモン6,690 エリアCからぼちぼち出現し始める。なかなか経験値も高いが、少々タフ。呪文はCORTUとBACORTUで封じ、打撃に関してもBAMATUで防御するといいだろう。
ワイバーン103,815 ドラゴンの洞窟では比較的戦いやすい部類だが、それでも十分強い(--; 何せ、炎ブレスはダメージが200アップなどザラ。こいつの養殖を試みるのはかなり危険ではあるが、リターンがすさまじいだけに、もしレベルが40を超え始めたら挑戦してみてもいいだろう。もちろん、使う呪文はCORTUとBAMATU。基本中の基本を忠実に守っていれば案外うまくいく。