第4回 ドラゴンの洞窟解析-その2

 というわけで、いよいよ本番になってしまったわけである。はっきりいって、前回説明したモンスターがオプションになるのもうなずけるような狂暴な連中ばかりなので心して掛かるように。ついでに言うと、不確定名は省略した。

 フロアごとの五十音順で掲載してある。それと、ほとんどのモンスターは後列攻撃をしてくるものとして考えていただきたい。数少ない例外は以下のモンスターである。

 ところで、このダンジョンにおいては、通常のモンスターとは戦術を変える必要がある。結論から言うと、TILTOWAITが全くと言っていいほど役に立たない。せいぜい120程度のダメージにしかならないのだから、4桁が当たり前のように出てくるこのダンジョンでは焼け石に水である。

 そこで、呪文の使い方から考えていくことにしよう。TILTOWAITが役に立たないとなると、攻撃呪文に何を使うべきかという問題になるが……結論から言ってしまえば、ズバリLABADIをメインの攻撃呪文にする。問答無用でHPを1桁にするということは、逆に言えば1回で1000以上のダメージを与えられるということになる。

 また、このほかにもMOGATO(対悪魔系モンスター)やZILWAN(対不死系モンスター)も使うことになる。さらには、それらの呪文の効きを良くするためのNOFISや、呪文や強烈すぎるブレスを防ぐためのCORTU・BACORTU、そして低すぎるACを吊り上げる意味でのDILTO・MORLIS・(MA)POBAなど、それとHP回復のためのMADI・KADIOSなどであろう。

 これ以外の呪文は使う必要はほとんどない。例えばアルケミスト7LvのMADALQUAとかがそう。ALIKUSは安定して高いダメージを出せるという意味からは多少使えるが……。というかこのレベルの呪文は全部宝箱開封のためのCALNOVAに回していいと思う。

 ついでに言うと、レベルが80を超えたような強者パーティーに関して一言。相手次第……というか竜族に対しては、LABADIよりもBAKADIのほうが効率的だったりする。もちろんワイバーンやゴールドドラゴンみたいな僧侶呪文に抵抗の高い相手だと非効率的だが、相手次第ではばったばったと倒せる。


 余談だが、このダンジョン、実は各フロアを自由に行き来することが出来る。従って、いきなり地下3階に攻め込むことも可能なのだ。しかもよりによって、一番戦いやすいのが地下3階だったりする。というのは、相手にもよるが、たいていは大物1+取り巻き5~9(いい例がデーモンロード+ヘルマスター)という形になるため。逆に一番攻略しづらいのが地下2階である。

地下1階
名前タイプ戦闘データ危険度解説
アロサウルス
(後続:同じ)
頭数 : 1-5
HP : 942-1310
AC : -58
Exp : 153600
Ability : クリティカル
Resist :
 魔・僧・錬25%、超40%
 とりあえず攻撃力はかなり高く、なおかつクリティカルも持ってはいるが、実際に戦ってみると数さえ来なければ案外戦いやすい。攻撃が当たりさえすればクリティカルや気絶の大物が炸裂するかもしれないので、多少危険を冒してみるのも良かろう。
ギガトプス
(後続:同じ)
頭数 : 1-4
HP : 875-1175
AC : -70
Exp : 105180
Ability : 気絶
Resist :
 魔・錬10%、僧15%、超80%
やや仏 怖いのは後列に対しての突撃であるが、アロサウルスよりも呪文に弱いので、同じ戦法が通用する。混乱も通用するのだが、サイオニックの呪文には高い抵抗を持つということに注意。
グリーンドラゴン
(後続:同じ)
頭数 : 1-5
HP : 630-870
AC : -45
Exp : 123600
Ability : 毒、毒ブレス
Resist : 全系統30%
 #1でガスドラゴンとして登場し、#5でこの名に落ち着いた竜族。流石に半端な実力ではなく、特に口から吐き出す緑色の液体(塩素ガスと思われる)はまさに大虐殺の嵐。半端者のCORTUでは防げないと考えて良かろう。呪文もたまに効かないことがある。
グレーターラプトル
(後続:同じ)
頭数 : 1-4
HP : 682-1010
AC : -45
Exp : 134700
Ability :
 毒・クリティカル
 仲間呼ぶ
Resist :
 魔・錬20%、僧・超30%
やや仏 本質的な所ではアロサウルスとほぼ同じ。違いは混乱が効くということと、攻撃されると毒をもらう可能性があるということ。HPもACもアロサウルスに比べればマシなので、初心者向けの手合いだろう(もちろん1グループで、なおかつ頭数が少ない場合のみ)。
 ただし、仲間を呼ぶので気をつけていただきたい。
チャミアフォロム
(後続:スリーパー)
悪魔頭数 : 1-4
HP : 1602-1806
AC : -48
Exp : 209700
Ability :
 4Lvドレイン
 毒・麻痺
Resist : 僧60%、魔・錬・超50%
 クリティカルも呪文もブレスも持っていない、ある意味では仏かもしれない……のだが、逆にそれが困る。というのも、こいつは直接攻撃しか出来ないということは、必然的にぶん殴られて4レベル吸われる可能性が高いということだ。こいつと無理に戦うくらいなら上の手合いと殺り合うことをお勧めする。
デュラハン
(後続:チャマルカン)
不死頭数 : 1-4
HP : 572-788
AC : -45
Exp : 95400
Ability : 気絶・僧侶呪文7Lv
Resist : 魔・錬・超50%
ど仏 ドラゴンの洞窟では最も戦いやすい手合い。HPが低い上にLABADIが効きやすいためである。LABADI+直接攻撃+ZILWANで簡単に沈むであろう。ただし、気絶攻撃とBAKADIには要注意。
 余談だが、こいつは不死族なのに、なぜかGARDIでの召喚となる。理解不能だ……。
メデューサ
(後続:フラック)
神話頭数 : 1-4
HP : 467-601
AC : -48
Exp : 87300
Ability :
 石化・毒・毒ブレス
Resist : 全系統75%
 おなじみの石化攻撃を持つモンスター。というか睨まれただけでダメージを受けるのはいかがなものだろうか……? HPは低いが呪文が効きにくく、必然的にCORTU張って長期戦(斬って切って斬りまくって……)になってしまう。とりあえず石化攻撃を食らわないようにBAMATUを駆使したい。
ワイバーン
(後続:同じ)
頭数 : 1-5
HP : 725-950
AC : -40
Exp : 103815
Ability :
 麻痺・炎ブレス・仲間呼ぶ
Resist : 魔・錬・超25%、僧85%
 これでもドラゴンの洞窟に出てくるモンスターの中では最も相手しやすい。ACが最も高いことからである。#1では見せなかった炎ブレスを持つので、油断しているとあっという間に消し炭になる。しかし、それ以外は厄介な特殊攻撃を持っているというわけでもない。
 私はこいつをとんでもないことに利用しているが、それはまたの機会に紹介しよう。あの有名技の応用である。
地下2階
名前タイプ戦闘データ危険度解説
アガレス
(後続:サッキュバス)
悪魔頭数 : 1-3
HP : 2078-2846
AC : -95
Exp : 166860
Ability :
 毒・混乱
 魔術師呪文6Lv
 僧侶呪文7Lv
 アルケミスト呪文6Lv
 サイオニック呪文7Lv
Resist :
 魔・錬65%、僧45%、超50%
 打撃でこいつを倒すのはほぼ不可能である。MOGATOを連発して強制送還するのがもっとも確実な方法であろう。殴られて混乱して味方に切り殺される可能性もあるので、さっさと逃げてしまったほうが安全かもしれない。
アハルプー
(後続:ガーゴイル)
悪魔頭数 : 5-7
HP : 826-1206
AC : -74
Exp : 127020
Ability :
 麻痺・クリティカル
 麻痺ブレス・仲間呼ぶ
Resist :
 魔・錬30%、僧60%、超75%
やや鬼 1体だけならたいしたことはないのだが、こいつは最低5匹とまさに鬼のような攻勢。後続がガーゴイルのヘボだからまだマシなのだが……。
 腐敗臭のする液体(=麻痺ブレス)で全員麻痺させたり、あるいは仲間を呼んでみたり、さらには首飛ばしなど、特殊能力も危険なものを取り揃えている。こいつと戦った場合、もれなく瀕死というプレゼントがついてくるので、腕に自信がないのなら逃げたほうがいい。もっとも、腕に自信があっても死にかけるのだが……。
ゴールドドラゴン
(後続:同じ)
頭数 : 2-4
HP : 1395-1585
AC : -60
Exp : 164700
Ability :
 クリティカル
 炎ブレス・仲間呼ぶ
 アルケミスト呪文7Lv
Resist :
 魔・錬25%、僧・超100%
ど鬼 竜族の中でももっとも厄介な存在。はっきりいってそこらへんの連中とは別格である。LABADIが用をなさない(僧侶呪文に対する抵抗が100%なので)上に、炎ブレス、クリティカル、仲間呼ぶなど備えている。1匹倒す前に仲間が3人死んでたなんてのもざらなので、戦うならACをう~~んと下げて、さらにCORTUを4~5発張って炎ブレスに備えたい。
サイデル
(後続:同じ)
不死頭数 : 2-6
HP : 1685-2105
AC : -65
Exp : 244200
Ability :
 麻痺・致死ブレス
 混乱・4Lvドレイン・
 魔術師呪文7Lv
Resist : 魔60%、僧・錬・超50%
ど鬼 #2で登場したサイデル君、おもいっきしパワーアップして再登場でございます。#2ではせいぜい毒と麻痺とTILTOWAITだけだったのが、このたび致死ブレスに4レベルドレインまで完全装備でございます。しかも頭数が最高で12体(注:ドラゴンの洞窟では2グループまでの登場となる)というのは厳しすぎ。呪文抵抗もなかなかな上にZILWANでも一発でハコに出来ないので、戦うのならLADALTOなどの呪文が飛んでくることを祈るしかない。
ツインドラゴン
(後続:同じ)
頭数 : 2-4
HP : 1700-2300
AC : -54
Exp : 204000
Ability :
 気絶・炎ブレス
 魔術師呪文7Lv
 僧侶呪文6Lv
Resist : 魔・僧・錬40%、超100%
やや鬼 2000前後のHPで繰り出される炎ブレスの破壊力に加え、気絶攻撃と高レベル呪文はまさに恐怖。LABADIなんぞもらった日にゃ……。CORTUは当然だとして、頭が2つあるだけに攻撃回数も2回、したがって連携攻撃があるので、最低でも60LVないとやってけない。こいつとやるくらいなら他の連中相手にしたほうがまだマシ。
ティラノサウルス
(後続:同じ)
頭数 : 1-4
HP : 1915-2605
AC : -55
Exp : 297000
Ability :
 気絶・クリティカル・
 LORKS・仲間呼ぶ
Resist : 魔・僧・錬40%、超20%
 超有名どころの恐竜であるが、流石に伊達に恐竜の王様を張ってるわけではない。当然噛みつかれたら命はないと思ってよし。呪文が使えないが、それを補って余りある攻撃力を持つ手合いである。こいつと戦ったら、ティラノサウルスがかっこいいと思えなくなることは間違いない。
ドラゴネア
(後続:同じ)
頭数 : 2-4
HP : 1546-1834
AC : -50
Exp : 168000
Ability : 石化ブレス
Resist : 全系統60%
 地獄の炎の中に住む伝説の竜であるが、炎ではなく暗黒の息でもって石化させてくる。当然運が悪いと一瞬でルガールのコレクションになる(元ネタはKOF94なんですけど……分かる方どれくらいいるんでしょ?)ということになるので、CORTUは必須。
バール
(後続:ヘルマスター)
悪魔頭数 : 1-3
HP : 2022-2632
AC : -92
Exp : 173700
Ability :
 混乱
 魔術師呪文7Lv
 僧侶呪文7Lv
 アルケミスト呪文7Lv
 サイオニック呪文7Lv
Resist : 全系統50%
ど鬼 別に釘抜きでもないし、まして凶器ではない(違)。4系統の呪文を全て使いこなす上に、桁違いに低いACを持つというまさにど鬼にふさわしい手合い。正攻法でぶん殴りに掛かるより、おとなしくMOGATOを使うことをお勧めしたい。殴られた後の始末が大変なので……。
地下3階
名前タイプ戦闘データ危険度解説
アークデーモン
(後続:チャミアバック)
悪魔頭数 : 1
HP : 1682-2090
AC : -80
Exp : 278400
Ability :
 石化・気絶
 クリティカル
 魔術師呪文7Lv
 僧侶呪文7Lv
Resist : 全系統75%
やや鬼 呪文による攻撃も怖いが、むしろ引っ叩かれて首が飛んだり石化したりすることのほうが怖い。呪文の効きは決して良くないが、MOGATOを狙って強制送還で安定する。
アハルメス
(後続:インキュバス)
悪魔頭数 : 1-6
HP : 1080-1320
AC : -70
Exp : 115200
Ability :
 致死ブレス・毒・気絶
Resist :
 魔35%、僧・錬30%・超60%
やや鬼 地下3階の手合いの中ではHPが低い部類だが、結構な強敵である。破滅に導く呪詛(=致死ブレス)の恐怖はもらってみなければ分からない。ただ、呪文のノリは案外良く、高レベルのチームで運が良ければBAKADI一発で沈む。
デーモンリッチ
(後続:ど腐れ)
不死頭数 : 1
HP : 1600-2000
AC : -78
Exp : 223200
Ability :
 混乱・6Lvドレイン
 魔術師呪文7Lv
 サイオニック呪文7Lv
Resist : 魔・僧90%、錬・超50%
ど鬼 とんでもない強敵。6レベルという未だかつてない大物ドレインに加えて、肝心の攻撃呪文がLABADIもZILWANもほとんど通用しない。必然的に打撃で倒すことになるわけだが、長期戦になるにつれてこちらが余裕をなくしていくので、不死族に強い装備をもっていないのであれば、戦わないほうがいいと思う。
デーモンロード
(後続:ヘルマスター)
悪魔頭数 : 1
HP : 2020-2620
AC : -90
Exp : 327000
Ability :
 クリティカル・TILTOWAIT
 サイオニック呪文7Lv
 僧侶呪文7Lv
Resist :
 魔・錬90%、僧60%、超100%
やや仏 HPもACも攻撃力も鬼の要件を満たしているが、意外に倒しやすい。理論上はMOGATOの3連発で8割がた飛ぶ(MOGATOが無効化されなければ100%通用するという仮定の元で)。相方のヘルマスターなどは打撃で倒せるので、親分はMOGATO連発で追っ払ってしまおう。相手しやすい割に実入りはかなりのものである。
デスホーク
(後続:サッキュバス)
神話頭数 : 1
HP : 1917-2268
AC : -88
Exp : 303600
Ability :
 麻痺・僧侶呪文7Lv
 アルケミスト呪文7Lv
Resist : 全系統15%
 僧侶呪文の無効化率は15%だから倒しやすいだろうと思ったら大間違い。何とこいつにはLABADIが一切通用しない! しかも不死族でも悪魔族でもないので、倒すとなると打撃になってしまう。呪文を使うとなるとALIKUSとLAZALIK、NAGULAくらいか。また、忘れたころにBAKADIが飛んでくるので、1発でいいからCORTUもお忘れなく。
デッドリーエンジェル
(後続:ヘルマスター)
謎の
生物
頭数 : 1-4
HP : 1240-1690
AC : -76
Exp : 174000
Ability :
 クリティカル・僧侶呪文7Lv
 4Lvドレイン・逃亡・仲間呼ぶ
 BAKADI
Resist :
 魔50%、僧95%、錬40%、超85%
ど鬼 死を呼ぶ天使。いや、こいつと戦うと本当にあそこで書いてあるようなことが日常茶飯事に起こる。本人がBAKADI使えるくせにわざわざ堕天使の剣掲げてBAKADI飛ばす上に4レベルドレイン、クリティカル(またよく飛ぶんだな~これが)、もう手のつけようがない狂暴さにつき、私は今でもこいつと戦えません、怖くて。ちなみにLABADIはまず効かないので念のため。
ドラゴンリッチ
(後続:同じ)
不死頭数 : 1-3
HP : 1290-1920
AC : -60
Exp : 155700
Ability :
 毒ブレス・5Lvドレイン
 アルケミスト呪文7Lv
Resist :
 魔80%、僧30%、錬70%、超50%
やや仏 竜族ではなく不死族であることに注意。というわけでZILWAN連発で安定……と行きたい所なのだが、残念ながらそれは無理。魔術師呪文に抵抗がありすぎるため、むしろLABADIのほうが安定する。というわけで魔術師はCORTUで毒ブレス防止に専念したい。なお、5レベルドレインも持つので要注意。
ヒムズ
(後続:チャミアバック)
悪魔頭数 : 1
HP : 2132-3056
AC : -98
Exp : 399000
Ability :
 睡眠・毒・混乱・石化・気絶
 8Lvドレイン、
 魔術師呪文7Lv
 僧侶呪文7Lv
 アルケミスト呪文7Lv
Resist :
 魔・僧・超95%、錬75%
ど鬼 ドラゴンの洞窟最強の存在であるといえる悪魔。何せ魔王の杖でしばかれるといろいろな状態異常をもらう上に、8レベルドレインとは何事!?!?! それでいて呪文はほとんど効かないし、逆に3系統の呪文をマスターしとるし……。どうしても殺るのなら、NOFIS連発とMOGATOで飛ぶのを祈るしかない。
マイルフィック
(後続:ど腐れ)
不死頭数 : 1
HP : 1710-2150
AC : -85
Exp : 251700
Ability :
 5Lvドレイン・致死ブレス
 魔術師呪文7Lv
Resist : 魔・錬75%、僧・超100%
 本質的な面ではサイデルに近いものを持つが、こちらはこちらで戦いにくい。呪文が効きにくいのだ。とにかくZILWANが炸裂するのを祈ることだ。もちろん死を運ぶ風に備えてCORTU、さらには打撃で徐々に弱らせて……は基本中の基本。
マルコシアス
(後続:インキュバス)
悪魔頭数 : 1
HP : 1864-2320
AC : -88
Exp : 300900
Ability :
 石化・アルケミスト呪文7Lv
Resist : 魔・僧・超50%、錬75%
 流石に攻撃力はものすごく、石化ももっているが、案外手を焼かずに済む。MOGATO連発で簡単に沈んでくれるからだ。特に厄介な特殊能力を持つわけでもないので、ドラゴンの洞窟のカモとして使える。
 どうでもいいが、英語版のこいつの不確定名がVery Big Bird(とっても大きな鳥)となるのはいかがなものか……。
補足:召喚呪文で召喚した場合のHP
デーモンロード(SOCORDI)280-460
ヒムズ(SOCORDI)316-514
マイルフィック(BAMORDI)255-420
デュラハン(GARDI)196-304
ドラゴネア(GARDI)228-372