第4回 ドラゴンの洞窟解析-その1

 このシナリオに存在している、ある種隠しダンジョン的な要素を持つドラゴンの洞窟。その鍵を握るのが、練武場地下8階の、何だか訳の分からない扉である。要するにその扉に書かれているような条件を完全に満たすキャラクターを作ればいいわけだが、これがまた結構面倒くさい。しかし、クリアアイテムである『巫女の腕輪』を使うとあっさり出来る。具体的に、その方法を紹介すると、次のようになる。
(ちなみに、巫女の資格を持つエルフの女僧侶は巫女となるべき資格を持つエルフの女僧侶、
 巫女の腕輪を持つ勇者はクリア時に『巫女の腕輪』を持つことになったキャラクター)

ドラゴンの洞窟の入り口を開放するまで
フィールド
パーティー
城待機
パーティー
やり方
巫女の腕輪を持つ勇者勇者2勇者3
勇者4勇者5勇者6
Nothing[1]
とりあえずクリアする(ラスボスのケツァルコアトルを倒す)。
巫女の腕輪を持つ勇者勇者2勇者3
勇者4勇者5勇者6
Nothing[2]
クリアすると神殿の2階にある祭壇に出るが、そんなの無視してまずはフィールドに出て、そこから城に戻らずに中断する。(このとき、誰が巫女の腕輪を持っていたのか、今いる座標はいくつかを覚えておきましょう)
巫女の腕輪を持つ勇者勇者2勇者3
勇者4勇者5勇者6
巫女の資格を持つエルフの女僧侶[3]
城の画面になったら、訓練場でとりあえずエルフの女僧侶を作る。(パラメーターは適当で構いません)その際、年齢は15歳で、それを再訓練してレベル4にする方法、初めから年齢を18にしてしまう方法、アイテムで年齢調整する方法などある。とにかく、18歳にしてしまうこと。
巫女の腕輪を持つ勇者勇者2勇者3
勇者4勇者5勇者6
巫女の資格を持つエルフの女僧侶[4]
3で作った女僧侶を、レベル5まで成長させる。(それより上でもそれ未満でもダメ)
第1パーティー
勇者2勇者3
勇者4勇者5勇者6
第2パーティー
(操作中)
巫女の腕輪を持つ勇者巫女の資格を持つエルフの女僧侶
Nothing[5]
3で作った女僧侶を2でフィールドにいるパーティーのいる場所に行かせ、巫女の腕輪を持つキャラクターと合流する。
第1パーティー
勇者2勇者3
勇者4勇者5勇者6
第2パーティー
(操作中)
巫女の腕輪を持つ勇者巫女の資格を持つエルフの女僧侶
Nothing[6]
巫女の腕輪を女僧侶に渡して、その女僧侶は巫女の腕輪を装備し、スペシャルパワーを解放する。
第1パーティー
勇者2勇者3
勇者4勇者5勇者6
第2パーティー
(操作中)
巫女の腕輪を持つ勇者巫女の資格を持つエルフの女僧侶
Nothing[7]
すると、パラメーターが扉の指定どおりになる。ここでこちらのグループも一時中断。
第1パーティー
(操作中)
巫女の腕輪を持つ勇者勇者2勇者3
勇者4勇者5勇者6
第2パーティー
巫女の資格を持つエルフの女僧侶
Nothing[8]
『冒険を再開する』を選び、クリアしたチームで再開する。そしたら、「巫女の腕輪」を持っていたキャラクターを再びパーティーに入れ、女僧侶を1人フィールドに残して城に戻る。
巫女の資格を持つエルフの女僧侶巫女の腕輪を持つ勇者勇者2勇者3
勇者4勇者5勇者6
[9]
女僧侶1人で城に戻る。このときもらった100万GPはお好きなように。
巫女の資格を持つエルフの女僧侶たくさん(ヲイ)[10]
8までのプロセスを踏んだ女僧侶を練武場の地下8階に連れて行き(要「太陽の石版」)巫女の扉に入れてやる。すると……扉のロックが解除され、ドラゴンの洞窟にアクセスできるようになる。
ちなみに、一度この手順を踏んでしまえば、城から直接(練武場を経由しないで)ドラゴンの洞窟に行けるようになる。

 とまあ、結構面倒くさい方法をとらなければならないこのドラゴンの洞窟だが、なぜこういう面倒な手順を踏んだかというと、先ほど「クリア直後に神殿の2階の……」という話に関連がある。
 実はこのゲームにはエンディングを見る方法が2つあり、一つがストーリーやダンジョンを順繰りに回る方法、もう一つが、神殿の2階のモノリスに触ると出現するファイアーゴーレムを倒して……という方法である。しかし、実は後者の方法に限っては、一度クリアして称号を得ているキャラクターがいると行えない。で、称号がつくのは、『巫女の腕輪』を持つキャラクターがいるパーティーが城に帰還したときなので、わざわざそれまで育ててきた高レベルのキャラクターをそのままファイアゴーレムに挑ませるために、面倒な手法を取ったわけである。

 

 さて、本題に移ろう。このドラゴンの洞窟、「普通のダンジョンはもう飽きた、もっと歯応えのある連中はいないのか?」という方のために用意されたものである。というか、レベル30でも当たり前のように死ねる素晴らしくないダンジョンだったりするのだが……(汗)

 このドラゴンの洞窟の特徴を述べると、次のようになる。

 とりあえず、それまで登場したモンスターが思いっきり強くなったの話から始めよう。


 ドラゴンの洞窟に再登場する、通常ダンジョンで登場していたモンスターは以下の通りである。

モンスター実力注記
フラック
(B1)
頭数 : 3-9
HP : 176-336
AC : -15
Exp : 32250
Ability :
 麻痺・クリティカル・
 氷ブレス・逃亡
Resist : 全系統60%
 おなじみの凶悪モンスター、フラックだが、ドラゴンの洞窟では登場数も鬼のように多く、非常にてこずることになる。呪文が効きづらい上に、HPが鬼のように高くなっているのでもうマジッすかってな感じ。氷ブレスを連続で吐かれたら一大事なので、Cortu使用はお忘れなく。(相方もあやつだし)
チャマルカン
(B1)
頭数 : 5-9
HP : 90-180
AC : -2
Exp : 5520
Ability :
 麻痺・仲間呼ぶ
Resist : 魔20%、超80%
 人面芋虫だが、やはりHPが高くなっている。しかし、それだけ。相変わらず炎に弱いので、Lahalitoが当たれば相当大きなダメージを与えられる(と言っても1発では死なず、3~4発当てないと焼却処分できない)。また、麻痺も持っているので少々厳しいものがあるが、こいつとその相方はドラゴンの洞窟では比較的相手しやすい部類。
スリーパー
(B1)
頭数 : 5-9
HP : 124-196
AC : -7
Exp : 13350
Ability :
 催眠ブレス・仲間呼ぶ
Resist : 魔50%、超80%
 その名の通り催眠ブレスの持ち主だが、やはりHPが高い分威力も大きい。しかしながら、睡眠はある程度のレベルに到達するとまずかからなくなるのでそれほど恐れるコトはない。むしろこいつの相方の方がヤバ気。
ガーゴイル
(B2)
頭数 : 3-9
HP : 84-204
AC : -5
Exp : 10800
Ability : なし
Resist : 魔40%、錬・超35%
 おなじみの悪魔を象った石像のようなものだが、はっきり言ってHPがやたらに高いだけの雑魚。戦闘になったら無視してしまっても構わない。
サッキュバス
(B2、B3)
頭数 : 5-9
HP : 190-280
AC : -8
Exp : 17100
Ability :
 催眠・麻痺・2Lvドレイン
 逃亡・仲間呼ぶ・
 魔術師呪文7Lv
Resist : 全系統60%
 かなり厄介な存在がさらに凶悪化して登場。呪文が効きにくいのはともかくとして、今回はTiltowaitぶっ放してくる上にかなりタフ。相変わらずドレインに、色っぽい目つきで麻痺させるなどの凶悪振りを発揮。登場数が多いのも困り者である。
ヘルマスター
(B2、B3)
頭数 : 3-9
HP : 122-242
AC : -10
Exp : 17700
Ability :
 クリティカル・炎ブレス・逃亡
 魔術師呪文6Lv
Resist :
 魔60%、僧30%、錬80%、超50%
 ……どう考えてもグレーターデーモンのほうが格上な気もするが、とりあえずクリティカルヒットが怖い。それさえ気をつければそれほど恐ろしい相手……ではある。何せブレス持っているし……。焼かれる前に倒すのが確実。呪文はどれも通用するが、BAKADIに引っかかった試しもあるので、僧侶呪文に対する抵抗力の低さをついて狙うのも面白いかも。
チャミアバック
(B3)
頭数 : 5-9
HP : 144-274
AC : -15
Exp : 25680
Ability :
 魔術師呪文7Lv、逃亡、LABADI
Resist :
 魔35%、僧・超20%、錬40%
 全ての魔術師呪文を使いこなせるようになった、かなり上級の悪魔(と言ってもドラゴンの洞窟に出る連中から言えば遥か格下だが)。Tiltowaitの連続がけは非常に怖いものだが、Labadiも使ってくる(こっちは武器の力解放)ので、かなり厄介。何をおいてもCortuの連続がけが先決であろう。ちなみにこいつを従えて出てくるモンスターは非常に凶悪な手合いである。
ヴァンパイアロード
(B3)
頭数 : 3-6
HP : 138-308
AC : -15
Exp : 32700
Ability :
 麻痺・4Lvドレイン・混乱・
 逃亡・魔術師呪文7Lv
Resist : 魔80%、僧95%、錬・超60%
 おなじみのど腐れである。そのど腐れぶりにますます磨きがかかったようで、HPは高いは、呪文効かないは、Tiltowaitぶちかますはでもう大変。しかし、ある程度レベルの高いキャラクターだとディスペルするという荒業もあるので、面倒なら成仏させてしまうのがいいかもしれない。ちなみに相方というか上司は鬼のような手合いであるので心してかかるように。
インキュバス
(B3)
頭数 : 3-9
HP : 138-204
AC : -5
Exp : 12090
Ability :
 催眠・2Lvドレイン
 逃亡・仲間呼ぶ
 アルケミスト呪文7Lv
Resist : 全系統50%
 要するにサッキュバスの男版だが、はっきり言ってサッキュバスよりは幾分相手しやすい。……#5ではインキュバスのほうが戦いにくかったのに。まあそれはいいとして、こちらもアルケミスト呪文をぶちかますが、かけてくると言ってもせいぜいBamoquaとかMadalquaとかで(たまにAlikusも来る。これはちょっといたい)、Fisqureaを使えれば問題ない。ちなみにこいつを従えている手合いは、他の連中に比べれば……倒しやすいんだか倒しにくいんだが……。