#1,Proving Grounds of the Mad Overlordのお話

 長きに渡り、様々な媒体で多くの人に愛されてきたWIZARDRY、その原点というべきシナリオがこの『狂王の試練場』です。この物語における最終ボスのワードナが、#4のストーリーなど様々な視点から考察されるなどの意味でも、そしてその洗練されたシステムにおいても、RPGに与えた影響はあまりに大きいともいえます。
 今回は、#1の攻略を中心にやっていくことにしましょう。「最初のシナリオだからってボリュームがないのではないか?」という心配はご無用。「シンプルだが奥は深い」、それが#1の面白さなんです。

1、ストーリー

 エセルナートという国に世界制覇を目指す王がいた。王の偏執的なまでの征服欲の犠牲となった人々は、彼をこう呼んだ。"狂王"トレボーと。

 狂王の力の源に護符があった。彼は、この護符の力を利用した強引な手段によって、周囲の国を制圧しつづけた。

 そんなある日、城壁のすぐそばに迷宮を作って住みつく邪悪な魔術師ワードナが、トレボーの寝室に忍び込み、護符を盗み出してしまった。

 怒り狂った狂王は、世界制覇の野望の為に2つのものを渇望する。1つは最強の精鋭部隊の育成。そして、もう1つは、魔術師ワードナに奪われた護符の奪還であった。

 王は世界に散らばった逸材を発掘するため、ある招集を行った。

 「我らが偉大な王、トレボー王の招集である。皆の者、心して聞くように。元首席魔術師ワードナが、国宝である護符を奪い、世界統一という崇高な計画の邪魔をしておる。それだけでなく、やつは勝手に町外れに迷宮を掘り、モンスターを話して立てこもっておるのだ。かの忘恩の徒を成敗し、護符を持ちかえるのだ! さすれば、騎士の称号とトレボー親衛隊への入隊、更には多額の賞金が贈られるであろう。」

 この招集に、リルガミンだけではなく、各地からあらゆる種族の冒険者たちが集まった。金に困る者、己の腕を磨こうとする者たちが次々に名乗りをあげる。騎士の名誉と一攫千金を夢見て……。

2、WIZARDRYを進めるにあたって

 本来ならまず、何をおいてもお話しなければならない話ではありますが、『うちのウツウツ君』の攻略記事は#4から書き始めたという都合があって、その大事な所をかなり端折ってしまったという経緯があります。今更ながらの感もありますが、改めて確認の意味も含めてやっていきたいと思います。

 昨今の「親切な」RPGに慣れている読者諸氏にとって、WIZARDRYはそのシステム上非常にとっつきにくいものに感じることだと思われます。まずは、その違いから見ていきましょう。

  1. キャラは全て自分で作る。
  2. 敵が危険過ぎる。しかも多いし。
  3. 貴重なアイテムはすべて敵を倒して、宝箱から入手
  4. ただし、その宝箱にはこっぴどい罠が……。
  5. 全滅したパーティーは、全滅した場所に置き去り。
    (死体を回収しなければならない)
  6. 死よりも悲惨な状態がある!(灰&喪失)

1、キャラは自分で作る

「決まりきった主人公や仲間などいない」、それがWIZARDRYの最大の特徴です。ここからもう勝負は始まっています。どのキャラクターを使うかで、どのような戦術を立てられるかが決まってくるからです。『ドラゴンクエスト3』や昨今のオンラインRPGなどをやったことのある人なら分かると思いますが、この作業がまた結構楽しいもので、これだけで何分もかける人もいるくらいです。

 まずはそのキャラメイキングから解説していきましょう。

種族編
種族名特性値特記事項
Str.Int.Pie.Vit.Agi.Luc.
人間885889 最も平均的な能力の種族である。どんな職業でもそれなりにこなせるのだが、逆に「これなら任せとけ!」ってな職業がないのが痛いと言えば痛い。特にPie.の低さはどうしようもない。
エルフ71010696 Int.とPie.がどちらも高い種族である。魔術師や僧侶、さらには最初から司教を作るのに最適。ただし、Vit.が最低なので、そこを補う必要がある。
ドワーフ107101056 小柄ながら強靭な体の持ち主。戦士系だけでなく、信心深さの高さから僧侶にも向いている。素早さの低さはこの際目をつぶって……。
ノーム77108107 文句無く僧侶向きの種族。足が早いので、盗賊系の職業にも向いている。バランスのよさが売りの職業なので、どの職業を選んでも無難にこなせる。
ホビット57761015 素早さと運がかなり高いということは、盗賊には最適。また、陽気な性格から歌を歌うのが大好きということも知っておきたい。だが、逆にそれ以外の能力が低いので、盗賊以外はちょっと難しい。
職業編
戦士
(Fighter)
 力にものを言わせて、相手をぶった切るクラス。呪文は使えないが、HPが非常に高い上に強力な防具と武器のほとんどを装備できるので、そう簡単にはやられることはない。
魔術師
(Mage)
 強力な魔法をもって敵を殲滅する職業。職業上の戒律で、装備できる武器や防具はほとんどないが、刀剣のみでの戦いはどうしても危険が生じやすい。そんな状態を打開する意味でも、彼らの力を借りるべきである。HPが非常に伸びにくいのが難点。
 ※魔術師呪文習得
僧侶
(Priest)
 聖職者。傷ついた者を治療し、更に味方を保護する呪文を操る。神の名のもとに武器を持ち戦うことも可能で、しかも不死族の呪いを解き、成仏させることもできる職業。最低一人はパーティーに欲しい。
 ※僧侶呪文習得
  ディスペル習得
盗賊
(Thief)
 戦闘能力は低めで魔法も使えないが、このゲームでは宝箱の罠解除をするのが彼らしかいないため、なくてはならない存在である。普段は後衛に配置することになる。
 ※罠識別能力が非常に高い
司教
(Bishop)
 魔術師と僧侶の中間的な能力を持ち、更にアイテムの鑑定もできるという上級職。ただし、成長がかなり遅いので覚悟しておきたい。もちろん、どちらの呪文も使えるので、成長すれば非常に頼りになる存在である。
 ※魔術師呪文習得
  僧侶呪文習得(L4-)
  ディスペル習得(L4‐)
  アイテムの鑑定

(Samurai)
 戦士と同等の戦闘能力を持つ東洋の戦士。しかも魔術師系の呪文を習得するので、いざとなればいとも簡単に敵を殲滅することができる。ただし、呪文習得速度と成長は遅い。
 ※魔術師呪文習得(L4-)
君主
(Lord)
 こちらは僧侶呪文を習得する戦士。HPの伸びも攻撃力も戦士並で、それでいて回復呪文も使えるという素晴らしい職業。呪文は結構早い段階で覚えてくれるが、成長そのものは相当に遅い。
 ※僧侶呪文習得(L4-)
  ディスペル習得(L9‐)
忍者
(Ninja)
 一撃で敵を葬り去る暗殺者。殺人マシーンという表現が適切である。何も装備していないときのACは8で、以後3レベルごとに1ずつACが下がる。(何か装備すれば他職業と同じ扱い) 宝箱の罠を外すことはできるが、成長は激遅。
 ※クリティカルヒット有
  罠識別能力が高い

 また、キャラクタを作る際に考えなければならないのが性格です。WIZARDRYにはキャラクターの性格というものが全部で3つありまして、

 それぞれ、なれる職業が決まっているので注意しましょう。

Align.FigMagPriThiBisSamLorNin
Good××
Neutral××××
Evil××

 また、いつまでも同じ職業で過ごさなければならないというわけではなく、もちろん転職することもできます。転職した場合、それまでに覚えた呪文とHPがそのまま継続され、新しい職業になる代わりに、一時的に特性値が非常に低くなる(その種族の初期値になってしまう)上、レベル1からやりなおし、おまけに年齢も4歳前後取ってしまいます。

 とはいえ、この転職をうまく使うことで、非常に有用なキャラクタを作ることもできます。例えば、全ての呪文を覚えた魔術師がいたとして、この魔術師を盗賊に転職させたらどうなるでしょうか。普段は戦闘で役に立たないことの多い盗賊が呪文を覚えれば、これほど使えることはありませんよね。また、僧侶を侍にとか、魔術師を君主にという転職をすれば、最終的に全ての呪文を覚えることになるわけで、まさに最強キャラクターの誕生です。

 そうそう、呪文といえば、このゲームの呪文を解説しておきましょう。中には取扱説明書の無いままプレイされている方もいらっしゃるかもしれないので、ここで1つの表にまとめてみました。
呪文表……こちらから

 ところで、先ほど年齢の話をしましたが、カント寺院にお世話になったり、あるいは宿屋に何度も泊まっていると、年齢が徐々に上昇していきます。もし年齢が高くなると、まず特性値が上がりにくくなる……というよりも下がる(弱体化しやすい)ことが多くなります。また、あまりに高齢になると、老衰でロストする(正確には、「年齢上昇による特性値の低下がVitalityに及び、Vit.が2になって老衰扱いでロスト」)という最悪の事態も発生します。年齢に関しては注意してください。30代に突入したら気をつけたほうがいいでしょう。

2、敵が危険過ぎ。しかも多いし。

 ハッキリいって恐怖の攻撃をかましてくる連中がごろごろしているこのダンジョン。その中でも恐怖の一撃が、「クリティカルヒット」と「エナジードレイン」の2つで、前者はどんなにHPが残っていても一発で死亡に持って逝くという最悪な攻撃でです(わかりやすく言えば、いわゆる「痛恨の一撃」を最悪にしたもの)。後者に至っては更に悲惨で、せっかく上げたレベルを思いっきり下げられてしまいます! 最高4レベルドレインという強者がいるので覚悟をしておきましょう。前者は忍者の類と一部の戦士・侍系、後者は不死系と一部悪魔系が得意にしています(あとラスボスも標準装備していることが多い)。

 また、数もやたらめったらに多いのが特徴で、1グループは最高9体、それが4グループ同時に出現することもある……ということは、最高で36体を同時に相手しなければならないということを意味しています。

 ついでに言うと、どのモンスターが現れているのかが分からないときがあります。WIZARDRYでは、「不確定名」で敵が表示されることがあり、どのモンスターなのかを推理しなければならないことがあります。これはLATUMAPICという呪文を使えばほぼ正体がわかるようになるので、もし習得したら「あいつだったのか……」と全滅してから後悔しないようにあらかじめかけておいたほうが無難でしょう。

3、貴重なアイテムは敵が落とす宝箱で入手

 WIZARDRYにおける強力な武器は、大多数は店では売っていません。しかもダンジョンには基本的にいい装備の入った宝箱は置いていません。全て、敵から入手した宝箱を開封することで入手します。当然、強敵を倒してからの宝箱は非常に優れたアイテムが出る……こともあります。とはいえ、どのアイテムが出るかに確実性はなくて、全てランダムで出てくるわけですが。

 また、アイテムそれ自体は入手したばかりのとき「不確定名」で表示されており、どんなアイテムかは全く分かりません。安全に使いたいのであればボルタック商店か仲間の司教に鑑定してもらうしかありません(ただし、前者だとそのアイテムの価値の半値だけ鑑定料を取られ、後者だと失敗して呪われて外せなくなってしまう可能性もある)。うっかり呪いのついたアイテムを装備してしまうと、ボルタックにアイテムの価値の半値を払って呪いを解いてもらうしかありません。

4、しかし、その宝箱にはこっぴどい罠が……。

 まあ、さすがに向こうだってただでくれるような気前のいい連中ではありませんので、宝箱には悪質な罠がかかっており、それを解除せずに開けるととんでもないことになります。以下、その罠を解説します。

罠名効果危険度
毒針 解除を試みたキャラクターが毒に侵される。すぐに治療しないとどんどんHPが減るので注意。浅い階の罠はほとんどがこれ。*
ガス爆弾 パーティーの何人かが毒に侵される。即効性はないが、じわりじわりと効いてくる罠で、しかも回復呪文の使用回数が激減するので気をつけたい。***
石弓の矢 箱を開けたキャラクターに大ダメージを与える。とはいえ、死んだりしなければ被害そのものは小さい。**
爆弾 その名の通り、パーティーに大ダメージ(生き残ればアイテムは手に入る)。レベルの低いうちは全滅の恐れもある恐怖の罠。****
スタナー 箱を開けたものが麻痺する。これ自体は次の戦闘までに治療しておけば問題ない。**
テレポーター どこかに飛ばされるという罠。もし運悪く壁の中にテレポートすると、全滅どころか全員ロストという憂き目に遭うので、この罠を解除する場合は細心の注意を払われたい。*****
メイジブラスター 魔術師・司教・侍の数人が麻痺・もしくは石化する。攻撃魔法が使えなくなるが、次のプリーストブラスターよりはマシ。***
プリーストブラスター 僧侶・司教・君主の数人が麻痺・石化する。回復呪文の使い手が戦闘不能になるというのは壮絶に危険なので、もし全員引っ掛かったらすぐに城に戻った方がいい。*****
警報 新手のモンスターを呼び寄せる。再度の戦闘に勝利すればアイテム獲得になる。これ自体は危険ではないが、どのモンスターが来るかは全く分からない。もっとも、経験値稼ぎのためにわざと鳴らすのも手だが……。**

 基本的に、的確に罠を見破ることができるのは盗賊と忍者だけと思ってください。それ以外のキャラクターがやると全く見当違いの罠を言ってしまい、それで……ということになりますので。盗賊で罠を確認するのと、僧侶系の呪文のCALFOという呪文を併用すると、罠をうっかり間違える可能性もほぼなくなります。

5、全滅したら置き去りに……

 全滅したパーティーは、原則として全員死んだ場所に置き去りにされます。しかも、放っておくとどんどん死体が食い散らかされて灰になり、遂にはロストしたりします。そこまで行かなくとも、時間が経つにつれて装備していたアイテムが没収されたりと、いいことが何一つありません。極力全滅を避けるのがWIZARDRYで成功するにあたってのコツともいえます。そのためにも、無理はしないことです。「あと2、3回くらいなら戦えそう」と思ったころにとんでもないモンスターの餌食となることもしばしばありますので、余力を残した上で戻ってくるくらいで攻略するのがいいでしょう。

 ダンジョンは逃げたりしません。生き延びることこそがWizardry攻略の極意です。

6、死よりも悲惨な状況が……

 先ほども話しましたが、死というのはこの世界では珍しいことではありません。しかし、それよりも悲惨な状況がこの世界には存在します。それが「灰」と「喪失」です。ともに死亡からの蘇生を試みた際に失敗するとそうなるのですが、灰になった場合は蘇生にかかる費用も労力も半端ではなくなります(とはいえ、まだ見込みはあるのだが)。そして、もし万が一ロストしてしまった場合は……残念だが、もはや復活の手だてはありません。合掌……。

3、マップ攻略

 攻略完了。こちらからどうぞ♪

<マップのアイコン凡例>

メッセージ固定戦闘ワープ始点ワープ終点
上り階段下り階段一方通行ドア
見えないドア回転床エレベーター魔法封印
ダークゾーン城に戻るシュートピット
イベント各種    

4、モンスター図鑑

<図鑑の記号について>

 図鑑の記号は、次のものを使用しています。また、グループについては落とす宝物のランクや出現フロアに応じて分類しています。

1、見出しに使っている記号

2、Ability(モンスターの能力)欄に使っている記号

 殴られて寝る事はまずないので、睡眠は省略した。なお、名前が緑色で、名前の頭に*の付くモンスターは、MAKANITOで塵と帰すことができるので、覚えておいて損はありません。

グループB1B2B3B4B5B6B7B8B9B10
A+---------
B-+--------
C1--+-------
C2--++------
D---++-----
E1----++----
E2----+++---
E3----++++--
E4----+++++-
F-----+++++
G------++++
H-------+++
I--------++
X(ボス)?