STREET21 浮遊大陸

 目標金額が25,000Gでありながら初期資金が僅か1,500Gという、ある意味無茶なストリートですが、難度自体はそれほど高くありません。

 このストリート最大の特徴は、なななな~~~んと、銀行が2つあるということです。勿論、どちらかが破綻しているとか(ヲイ)、利率や株購入の手数料が違うとか、あるいは強盗が出るとか(爆)、どちらかが贋物で、それはランダムで決定されるとか、そんなことはありません。

 で、分岐点ですが、銀行からの道がある休日×2、チャンス×2が分岐点になります。ただし、これらはいずれも中央のサイコロ屋方面から来た場合のみで、銀行から来た場合はスイッチバック(爆笑)できず、中央に向かうことになります。なお、中央のサイコロ屋は分岐点ではなく、このマスをクロスする形で直進することになりますのでご注意あれ。

 また、計6ヶ所あるワープですが、中央にある4つは、それぞれその道の延長線上にあるマーク(スペード及びクローバー)に飛ばされ、また最外環にあるワープは、反対側の外環にあるワープに出ることになります。

about浮遊大陸 (標準偏差142.8972)
エリア名株価各店舗状況合計平均標準偏差
グランドクロス13260320390270-1240310 59.44
スモールロード14310230680170-1390347.5228.97
インナーウェイ15220410730 90-1450362.5278.01
フェザーエル93401502901801160232 79.81
ヘブンズガーデン10170 805402101200240175.36
エルアンダー93501002402701160232 92.03
エンジェライン8 70170310210- 760190 99.33
ウイングアール13210300270510-1290322.5130.48
リトルロード12430150220330-1130282.5123.12
ショートウェイ92601703901301150230101.24

 この「銀行が2つある」ということを考えると、必ずしも銀行周辺はお勧めできるものではありませんが、しかし押さえないわけにはいきません。左側の銀行(西側の天空銀行)からスタートするので、ワープに引っ掛からずに最短でサラリーをもらおうとするとまたこっちに戻ってくることになります。西側の銀行を囲む2エリアは、お店価格が安定しているグランドクロス、超高額物件を持つスモールロードのいずれでもいけると言えます。

 一方、もう一方の銀行周辺ですが、ウイングアール、リトルロードのいずれのエリアも本質的な違いがないので、どちらを取ってもそれなりに儲けることが出来るでしょう。ただし、こちらの銀行周辺を取るのであれば、多少サラリーが遅れてしまう可能性があるということを覚悟する必要があります。ここは皆さんの決断がいるところです。

 また、その銀行周辺と複合させる形で外環の5軒エリアを取っていくのもお忘れなく。例えばリトルロードとショートウェイを併せて占拠すれば、中央左下から侵入を試みた人から確実に買い物料を奪うことが出来ますから。それに、一旦これら5軒エリアを通過したと思った人がワープに引っ掛かってまた同じエリアを……という具合に、意外に通行料が高いのもポイントです。特に、下側のヘブンズガーデンとショートウェイは、マークから7マス目がワープマス(注:今いるマスから最大出目進んだマスに止まりやすいという理論を使用)で、酷い場合は5往復も6往復も……(経験ある方も多いかもしれませんね)。「いい加減サラリーよこせ~~~~~~」と叫びたくなります。

 ただし、やはりお勧めできないエリアもちゃんとございまして……外環の場末(笑)にあるインナーウェイとエンジェラインの両エリアは、中盤以降極端に通行量が減ることになります。というのも、ワープに引っ掛かったりで大抵のプレイヤーは中央から銀行方面に向かう傾向にあるので、その銀行から最も遠いこれらのエリアは無視されがちになるというわけです。


このストリートに登場するチャンスカード

123456789101112131415161718
192021222324252627282930313233343536
373839404142434445464748495051525354
555657585960616263646566676869707172
737475767778798081828384858687888990
919293949596979899100101102103104105106107108
109110111112113114115116117118119120

 53の代わりに115,116の2枚が存在しているのが特徴。47や83というドラクエ系カードも存在する上に、大変動の37番があるので、いつ何時荒れるかが全く分からないカード構成です。