STREET20 原始時代

 やってまいりましたストリート20! 何故だか知りませんが、いきなりどういうわけか原始時代に来てしまいました。ストリート自体が結構広いのですが、その代わりサイコロの最大出目が8と大きいので、1周するのは比較的楽でしょう。

 ただ、所々にあるワープが問題になってきます。このワープは、止まった場合対角線上にあるワープマスに飛ぶようになっています。場合によっては、サラリーを遠く果てしないものにしてしまう可能性もあるのですが、うまく使えばショートカットにもなります。要は使い方次第というわけです。

 また、移動に関してですが1つ補足。このストリートは大きな円が中央に1つあり、その周囲を4つの小円が囲んでいる形になっていますが、小円を1周したあとは必ず大円に戻ってこなければなりません。一方の大円は、何度も回り続けることが出来ます。

 では、そのストリートのお店動向を見てみましょう。

about原始時代 (標準偏差174.7127)
エリア名株価各店舗状況合計平均標準偏差
マグマだまり12170480210330--1190297.5139.37
レッドマウンテン11250590190140-1370274180.91
グラグラ火口10210300170340--102025578.53
ブルーマウンテン8180100350150--780195108.47
ジュラ湖畔15280810330150-1770354264.25
シルリア山脈13230 804201907501870311.67241.45
カンブリー平原11110570180--1060265206.96
ボンゴボンゴ村9230310 90180--810202.592.15
オルドビス大地12130690270--1290322.5251.58
デボニア洞窟10220410300 90--1020255134.78

 さて、このストリートでまず狙うべきは、やはり銀行周辺のエリアであるマグマだまりでしょう。どうしても長期戦になりがちなこのストリートで、銀行周辺を押さえておくのはもはや必須であるといえます。

 また、チャンスカードとの兼ね合いから考えて、カンブリー平原とボンゴボンゴ村も狙う必要があります。自分だけいい思いをするという意味では、ハートの周辺のオルドビス大地やデボニア洞窟も安全に歩けるようにしておきたいところです。

 逆に、マグマだまり以外の大円エリア3つ(レッドマウンテン、グラグラ火口、ブルーマウンテン)は、将来お店の価格が10%下がってしまうということから考えて、あまりお勧めできるものではありません。レッドマウンテンは5軒エリアのため抜けるのはなかなか大変なので、相手にプレッシャーをかける意味で占拠するのはいい方法ではあるのですが……。

 また、ジュラ湖畔&シルリア山脈の2エリアは銀行から遠いことと、エリアの店の価格が結構高いので、序盤から狙いにいくのは得策ではありません。資金に余裕が出来てくる中盤以降から独占を考えるのもいいでしょうが、株価の上昇はあまり期待できないと考えてください。(その理由は基礎知識第2回でお話しました)


このストリートに登場するチャンスカード

123456789101112131415161718
192021222324252627282930313233343536
373839404142434445464748495051525354
555657585960616263646566676869707172
737475767778798081828384858687888990
919293949596979899100101102103104105106107108
109110111112113114115116117118119120

 オリジナルのチャンスカードは111,112,114の3つ。111と112はそれぞれ特定のお店にワープするものです。それを見越して、事前に税務署や動物園(もちろん増資しまくっておく)を建てたり、とりあえず大きな店を建てておくのがいいでしょう。114は大円4エリアのお店価格が10%ダウンという、言わば原始時代版「金融ビッグバン(バブル崩壊)」のようなものです。その他のカードとしては、被害系のカードが心持ち多い気がします。他人の独占エリアに被害を及ぼせばしめたものですが、それで自分のエリアを破壊した日にゃ……。