STREET19 クイーンバニー号

 宇宙の次は豪華客船の上でございます。見た目は何だか綺麗な対称形をしていますが、ハッキリ言って一筋縄では行かないストリートです。そりゃ、そもそも初期資金が1800Gだなんて中途半端な上、マップには計6ヶ所も分岐点があるという、恐るべきストリートです。構造としては摩天楼に近いストリートであるといえるでしょう。

 で、ポイントになるのがサラリー獲得のためのマークの集め方。どこかのルートを2回は必ず通過しなければならないのですが、それが少ないほど効率的なルートであると言えます。それがどうなるかというと、一例としては、まずスペード=>ハート=>クラブ=ダイヤ、といった具合でしょう。

aboutクイーンバニー号 (標準偏差141.4087)
エリア名株価各店舗状況合計平均標準偏差
センターブリッジ8270190110180750187.565.51
フロントエリア10 90200270400960240129.87
アンカーライン172801604507001590397.5234.15
チムニーロード115201701002501040260183.85
テイルブロック12310360290220118029558.02
エスケープボード9110350150230840210105.83
ガルウイング142603101706301370342.5200.23
シーサイドデッキ10390210240120960240112.25
マリンプール930018012028088022084.85

 基本的に買い物料勝負というよりもインサイダー勝負といった感じのストリートですが、その割にお店の数は多くないので、早々と増資を仕掛けまくると、すぐに手詰まりに陥ってしまう恐れがあります。序盤から仕掛けるエリアと、中盤以降からじわりじわりと攻めるエリアの2つを最低でもキープしていきましょう。

 そこで、お勧めエリアの紹介から行きましょう。まず、株を買えないとどうしようもないこのストリートで最強のエリアは、やはり銀行周辺のセンターブリッジです。早い段階でこのエリアを占拠できれば怖いもの無しでしょう。また、それと複合してエスケープボードとガルウイングの2エリアも、どちらか1つでいいのでしっかりキープしていきたいものです。この2エリアの買い物料とセンターブリッジの買い物料をうまく吊り上げておけば、分岐点で究極の選択を迫ることが出来ます。他にも、マークを集めに行ったプレイヤーが出られなくなったりもしますし(笑)

 また、分岐点から遠いエリアを狙うのがセオリーですから、アンカーラインとテイルブロックを狙うのもいいでしょう。ただし、アンカーラインのレストランメリージェーン(700/138)を取られると非常に痛いので注意。とはいえ、序盤から買うにはバカ高いので、中盤以降狙うようにしましょう。テイルブロックは係数が示すように価格が安定しているので、どこを取っても結構勝負できます。株価もそれなりですし。

 紹介していない外のエリアですが、別段悪いと言うわけではなく、後半のインサイダーや、あるいは他のエリアとの複合戦術などで十分使えます。要は戦術をいかに立てていくか、そしてその戦術を組むべくセオリーをいかに守るかが勝負のポイントであると言えます。


このストリートに登場するチャンスカード

123456789101112131415161718
192021222324252627282930313233343536
373839404142434445464748495051525354
555657585960616263646566676869707172
737475767778798081828384858687888990
919293949596979899100101102103104105106107108
109110111112113114115116117118119120

 あまり面白みのあるカードがないのですが(一応110番の津波はオリジナルですが……って言うか、津波が船襲ったらみんな投げ出される気がするが)、18、22、33,74などの、原価の2倍以上でお店を売るカードをうまく使って資産を増やすというのも作戦の1つになってきます。株を買うカードが手に入ったら是が非でも買いましょう。