STREET17 サパタの地上絵

 なんだか奇妙な形をしていますが、その形に違わず一筋縄では行かないストリートです。特徴的なのは分岐点がやたらに多いこと。つまり、ちょっとうまくやれば確実に行きたくないエリアを避けられるというわけです。とはいえ、サイコロの最大出目が6なので、そうそううまく行かないんですけどね……。

aboutサパタの地上絵 (標準偏差138.3103)
エリア名株価各店舗状況合計平均標準偏差
サンドストリート9260130320210--92023080.42
ボーイズライン12410150290330220-1400280100.00
熱砂砂漠15300710280120--1410352.5251.58
サークルライン11190250360230--1030257.572.74
ガールズライン11100530270170--1070267.5188.39
ハンドストリート144301802403406501602000333.3185.44
レフトベース12250350280210420-151030283.49
ライトベース9390200120310140-1160232115.20

 分岐が多いということは、いかに相手の逃げ場をなくすか、あるいはいかに相手のサラリーを封じるかが焦点になってきます。特にこのストリートの場合、初期資金が1500Gとかなり少ないこともあり、早くサラリーをもらわないと見通しが暗くなります(byなつひこ)。そこでポイントととなるのが、地下のガールズラインとハンドストリートの2つのエリア。この2エリアを序盤から凶悪化しておけば、相手のサラリーを封じることが出来、最終的に破産も狙えるかも。ちなみにボーイズラインを封鎖することでもサラリーを封じることが出来ますが、こちらは連続して建っているお店が2軒であるが故に避けられやすいので注意が必要です。

 で、分岐点をはさむレフトベースとライトベース、及び熱砂砂漠とサークルラインですが、この2エリアは使い方次第では役に立ちます。具体的に言うと、両方のエリアを制してしまえば、相手はやはりマークを狙えなくなるという悲劇に見まわれます。まあ、そうそううまくいかないんですけれどもね……。ちなみに、熱砂砂漠&サークルラインの場合、ガールズラインとの複合も考えておくといいかもしれません。

 もちろん、銀行周辺のサンドストリートは死守しましょう。ここを封鎖された場合、株もサラリーも手に入らないということになりますから。


このストリートに登場するチャンスカード

123456789101112131415161718
192021222324252627282930313233343536
373839404142434445464748495051525354
555657585960616263646566676869707172
737475767778798081828384858687888990
919293949596979899100101102103104105106107108
109110111112113114115116117118119120

 マップの形は奇妙なのに、妙に標準的なカードしか並んでいないのが実に残念。