STREET15 アメリカ大陸

 前回の日本に続き、一つの国家を舞台に繰り広げられるインサイダーバトル。今回の舞台はアメリカ。さあ、あなたもいざアメリカンドリームを追いかけましょう! でも、冷静に考えると、「アメリカ大陸」って言い方はふさわしくないんですよね……。だって、そもそもアメリカ大陸って二つあるわけですし……(北と南)

 このストリート、アメリカだけに自由度が高そうに見えて、実はそうでもありません。銀行の真下のチャンスは、銀行を通過している場合に限り、左右どちらかを選べます。ところが横から入ってきた場合はそのまままっすぐ行けません。必ず銀行に行くことになります。また、休日マスとワープマスは、外側(4つのマーク側)から通過したときは分岐点になりますが、銀行経由できた場合はそれが出来ないという、複雑怪奇な現象が発生します。口で言っても分かりづらいので、実際に移動してみて、その法則を覚える方が良く分かります。

 サイコロの目に恵まれない限り、どんなに周回が増えたとしても、必ずハワイ以外の全てのエリアを回ることになります。そのため、かなりの頻度で高額の買い物料争奪戦が繰り広げられます。ということは、早い段階で高額物件を建てれば、そのうち誰かが嵌まってくれるかもしれんというわけです。もっとも、サイコロの最大出目が8なので、そううまくいくというわけではありませんが……。まあ、アメリカだけに『機会は平等、結果は不平等』ってコトでしょうか(笑)

 ところで、このストリートのお店価格、なんか変な感じがしませんか? 実はこのストリート、FC版『いたスト1』のストリートなのですよ。そのため、買い物料が今までのストリートのものと大きく異なります。特に、初期状態(持ち主なしor未増資、かつチャンスカードの影響を受けていない)で、お店価格と買い物料が1対1の対応になっていませんので注意! 今までのストリートなら、たとえば280Gのお店なら買い物料50G、380Gのお店なら買い物料71Gといった具合に、お店価格が同じなら、買い物料も同じということになっていました。ところがこのストリートの場合、同じ価格のお店でも買い物料が異なっています。大した問題ではないんですが、一応頭の片隅にでもとどめておいてください。

aboutアメリカ大陸 (標準偏差216.3193)
上段:お店価格、下段:デフォルト買い物料
エリア名株価各店舗状況合計平均標準偏差
コロラド7150
20
300
45
200
25
70
7
---72018096.26
サンフランシスコ13200
30
700
120
280
40
100
12
---1280320263.82
シカゴ21500
90
300
48
800
150
400
70
---2000500216.02
ケンタッキー8250
36
100
11
380
70
100
12
---830207.5135
フロリダ10150
18
200
30
400
65
240
35
---990247.5108.13
ニューヨーク13350
60
650
100
200
35
80
9
---1280320246.17
ロサンゼルス18250
40
400
65
900
180
150
20
---1700425332.92
テキサス850
6
150
25
200
35
400
70
---800200147.20
ハワイ14250
30
800
130
100
10
300
45
150
20
500
90
200
20
2300328.6244.71

 「いつかは嵌まる」ということを考えると、なるべくでかい店を持つのが良策なのですが、そうすると今度は株価が高くなり、インサイダーまで時間がかかるということになってしまいます。銀行寄りのコロラド、ケンタッキー、フロリダ、テキサスは株価が安いので、序盤から仕掛けることが出来るのが強みなのですが、その代わり、サイコロの出目次第ではあっさり通過されてしまいます。逆に銀行から離れているサンフランシスコ、シカゴ、ロサンゼルス、ニューヨークは避けられにくい代わりにお店も株価も高いということになっています。

 どちらを狙うかはそのときのサイコロ動向と相談の上決定する、ということになりますが、シカゴは独占するために初期資金(2000G)全てを注ぎ込むことになりますので、序盤は見送るのが賢明です。つまり、知らない人間がいきなり行くのはあまりに危険過ぎるということで……。お勧めエリアはないに等しいといってもいいかも……。敢えて言うなら、お店価格の安定しているフロリダ、かな……。

 ところで、このストリートでもう一つ、忘れてならないストリートがあります。それが離れ小島のハワイ。日本人にとってはある種憧れの地ですが、間違ってもここで勝負をかけようなどとは考えないようにしましょう。というのも、明確な理由がありまして、

  1. ワープ、もしくはチャンスでしか行くことはないのだが、その割にあっさりと出られてしまう。
  2. マークが一つもないので、そっち中心でやっていると本州に戻ってきてからが悲惨。
  3. 7軒エリアであるために株価がか~~な~~り上がりにくく(通常でも、999GのMAX増資をかけても6~7Gしか株価が上がらない。)、その為にインサイダー効果が出にくい。
  4. お店価格が高い。

 まあ、とりあえず他人に独占されないようにするために、適当に1軒買うくらいにしておくのがいいと思うのですが……。


このストリートに登場するチャンスカード

123456789101112131415161718
192021222324252627282930313233343536
373839404142434445464748495051525354
555657585960616263646566676869707172
737475767778798081828384858687888990
919293949596979899100101102103104105106107108
109110111112113114115116117118119120

 101と102のハワイ旅行ご招待、そして103~106のカードはここのみのカード。103~106は、コロラド、ケンタッキー、フロリダ、テキサス各エリアの安い店にワープするカードであるために、相手を嵌めるには使えないと思うべきでしょう(ただし、シャッフル時はこのカードが恐怖になることも……) あとは普通のラインナップです。