STREET11 海底都市

 ……それにしても『いたスト』世界の住人はどこにでも店を構えるんですね……。さっき(STREET4:ムーンシティー&STREET10:太陽系)大宇宙かと思ったら、今度は海の底だもん……。まあ、母なる海を汚してるわけじゃないからいいが……。

 というわけでこのストリート、一見するとマークが分岐点っぽく見えますが、実はそうではありません。マーク方向に進んだら最後、一つのドームを1周してこないと出られナイという構造になっています。分岐点は銀行上下左右2マスの4箇所となっています。

 また、このストリートの特徴として、『サラリーがかなり高い』ということが挙げられます。基本給が400Gと、他のストリートをはるかに凌ぐ高さであることに加え、能力給が150Gなので、1周目のサラリーが700G以上になることもあります。そういう意味では、「サラリーを封じる戦略」がかなり大事であるということは言うまでもありません。同時に、サラリーを封じられても自力で活路を見出すだけの実力も要求されます。

 では、まずこのストリートのお店動向から見ていきましょう。比較的高額の店舗が見え隠れしていますね。平均株価もフリーウェイについで2番目に高いので、店の買い方には注意が必要ですね。

about海底都市 (標準偏差185.3925)
エリア名初期株価各店舗状況合計平均標準偏差
トリトンセンター826020014018078019550
コーラルライン124004301801201130282.5155.43
アトランライン153602405403201460365126.89
マゼランライン136302202401501240310216.79
レムリアライン143202103405001370342.5119.55
ドルフィンベイ151906503502601450362.5202.55
オクトファーム122301603404701200300135.40
マリンファクトリー162202101809001510377.5348.75
ボセニアタウン151004901607001450362.5282.89

 さて、このストリートで狙い目となるエリアですが……まず、エリア名に『ライン』とつく、マーク周辺の4エリアから狙うことをお勧めします。何故なら、このストリートにはチャンスカード98番「チャンスカード周辺のお店が一律3割価格上昇」というものがあるからです。どこで引かれるかは完全に運ですが、ささやかな楽しみということで狙いにかかるというのもまた乙なものです。特に、スペード近辺の「アトランライン」は、お店価格もそれなりに高く、かつ安定していることに加え、その先には証券取引所が待っているという点から、優先的に狙っていきたいものです。同様の理由で、その対角線上にある「レムリアライン」もかなりお勧めです(ただ、こっちはその先が休日とあまりよろしくないんですけどね……)。

 次にドームの中のエリアですが……これはお好みで選んでいいでしょう。それぞれのエリアに特徴があり、一概には決められません。例えば右上の「マリンファクトリー」ですが、確かに証券取引場の存在は美味しいのですが、その代わり株価がかなり高いので、増資を開始するまでにかなり時間がかかってしまうのが頂けません。同様に、

といった具合です。そのときの状況に応じて的確に購入していくとしか言いようがありません。

 ところで、『クローバランド』や『摩天楼』では鬼の強さを誇った銀行周辺ですが、このストリートでは必ずしも強いとは言えません。というのはこの「トリトンセンター」、周りが全て分岐点なので、いとも簡単に避けられてしまうからです。価格にしてもこのエリアの中では異常に安いしで……。ただ、絶対狙うなというわけではなく、先の『4つのライン』との複合戦法でその実用価値が現れてきます。つまり、前もってどちらかのエリアの買物料を鬼のように吊り上げておいて(両方吊り上げてあればなおよい)、そこで進行方向の分岐を迫るという方法です。また、トリトンセンターは株価も当然安いので、数百株貯めこんでの超特大インサイダーも仕掛けやすいでしょう。決まれば、ですが……(その前に防御的5倍買いに注意しましょう)。

 とにかくインサイダーで稼ぎ出すことになるこのストリート。今までで培ってきた全てのテクニックを出すときです。


このストリートに登場するチャンスカード

123456789101112131415161718
192021222324252627282930313233343536
373839404142434445464748495051525354
555657585960616263646566676869707172
737475767778798081828384858687888990
919293949596979899100101102103104105106107108
109110111112113114115116117118119120

 先にも説明した通り、98番の存在は非常に大きいものです。チャンスのマスが12と異常に多いので、いつどのカードが引かれるかによって勝負が一気に決してしまうこともあります。変動幅の大きいカードが多いので、意識的にカードを引いたりすることも必要でしょう。

 とりあえず49と99は恐いですがね……。