STREET7 左半球

 『いたスト』が初めての方でも、このストリートは気軽に遊べるのではないかと思います。形もシンプルですし、エリア名も分かりやすいものばかりなので、いたスト道を極める方は、ここで修行を積むのがいいでしょう。

about左半球 (標準偏差137.5973)
エリア名初期株価各店舗状況お店価格合計平均価格標準偏差
ドイツ1090290410190980245136.99
ロシア9280300170100850212.594.30
フランス162803907001801550387.5225.30
インド725017011019072018057.74
中国870130110490800200194.94
中近東870210380160820205130.26
エジプト712014039080730182.5140.56
オーストラリア10100170280400950237.5131.24
東南アジア11330260210300110027551.96

 全ストリートでも屈指の安さを誇る、このストリートのお店。そのため株価も総じて低く、全22ストリートの中で唯一、平均株価が10Gを割っています。そのため、序盤から株の大量購入が始まる傾向が強いストリートです。

左半球の推奨エリア

 さて、どこのエリアがお勧めかと申し上げますと……。また標準偏差の飛び値が出てしまいました(笑)。そう、「東南アジア」です。このエリア、平均価格がそこそこ高く、それでいてお店価格が安定しているという徹底っぷり。このエリアと、隣接するオーストラリアとを押さえておけば、そう簡単には負けないでしょう。

 また、このストリートも分岐に注意すべきストリートです。比較的簡単に、高額のエリアを避けることが出来るので、バランスよく独占しないと、あっさり避けられてしまいます。

 ……とは言っても、地理的条件はどこも大差ないのですが(ただし中国は、南京自転車(ハートの真上の490/94の店)が取れないとどうしようもない。そのため係数もだいぶ低い。)……、特記しておくべきエリアが2つあります。「フランス」「インド」。なぜこのエリアが特記すべきかといいますと……、

<フランス>

 このエリアは、他のエリアとは別格です。お店価格が高いし、オマケにそれに比例して株価も高い。何つったって、初期資金では絶対に独占できない(1500Gしかないのに、1550G支払えるわけが無い)というエリアです。しかし、このエリアはなるべく買っておくべきでしょう。後半、相手が独占したりなんかして買物料が吊り上ると悲惨ですから。

<インド>

 株価もお店価格も低いので、一見ダメエリアかと思われがちですが、実はそうでもありません。銀行で株を買おうとして接近して、そのままドボンということもありますし、それにここを高くしておけば、他のエリアに人が流れて行くようになります。そのとき、隣接するエリアの買物料を吊り上げておけば、恐怖の絶対支払うゾーンが出来あがりますので、もし止まれる&買えるのなら買っておきましょう。


このストリートに登場するチャンスカード

123456789101112131415161718
192021222324252627282930313233343536
373839404142434445464748495051525354
555657585960616263646566676869707172
737475767778798081828384858687888990
919293949596979899100101102103104105106107108
109110111112113114115116117118119120

 不確定要素の大きいカードがそんなにありません。そのため、このストリートは実力がよく分かります。ポイントは5、73、75、78の「お店買える」系カードでしょう。店で勝負の感が強いこのストリートでは、このカードを上手く使えば、勝利に大きく近づきます。