STREET6 摩天楼

 おそらく、多くの人がこのストリートを見て、「おやっ?」と思うことでしょう。このフロアは上下2段に分かれていて、それぞれの階を、エレベーターがつないでいるという形式です。ちなみに、エレベーターは1マスとカウントしませんので、移動のときは注意しましょう。

about摩天楼 (標準偏差184.1194)
エリア名株価各店舗状況合計平均標準偏差
センターストリート9110350240190-890222.5100.46
サウスイースト111301705503801101340268190.84
ノースイースト11170230190420270128025699.40
ノースウェスト113503801701502801330266103.59
サウスウェスト10240170350290190124024873.62
ハウスブロック12200160100750-1210302.5301.15
マネーブロック15540240200500-1480370174.74
ストアブロック1418080900230-1390347.5373.58
バークブロック12210150650120-1130282.5247.84

 先ほども申し上げましたが、このストリートの特徴は、上下2段構造になっているという点です。そして、マークは上に2つ、下に2つなので、結局はどちらの階も行き来する事になります。 さて、それでは早速ストリートを解析していきましょう。 まず、2階と1階の違いからいきましょう。下の表をご覧下さい。

-平均標準偏差
上5エリア253.333111.50
下4エリア325.625256.38

 この表は、上5エリア(センターストリート、ノースイースト、ノースウェスト、サウスイースト、サウスウェスト)と、下4エリア(ハウスブロック、マネーブロック、バークブロック、ストアブロック)の店の価格平均と、その標準偏差を表しています。

 これを見ても分かるとおり、上5エリアは、店の価格は比較的安いが、その分ばらつきは少ない。下4エリアは、店価格が高めな代わりにばらつきがある、という構成です。

 そしてもう一つの特徴は、「分岐点がやたらめったらに多い」ということでしょう。銀行上下のチャンス、エレベーターの入り口の休日×2・カジノ・ラッキー。全部で6つの分岐点があります。という事で、危険なエリアは比較的確実に回避できるようになっています。


 では、上下どちらを狙うべきなのでしょうか? まず、銀行周辺の「センターストリート」ですが、ここはなんとしてでも取っておきたい所です。このストリートの性質上、株を買わないとどうしようもないので、銀行周囲を抑えておくのは定跡であると言えます。「何いってんでぇ、いざとなったら下の証券取引所があるじゃねぇか」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、証券取引所はぴったり止まらないと株が買えないので、若干不利であると言えます。

 さて、銀行周辺を覗くと、上の階の残り4エリアですが、やはりマークを挟んでいるという意味で、「サウスウェスト」「ノースイースト」がオススメでしょう。お店価格合計もほぼ同額なので、そのときのサイコロの出目と相談しながら、お店を集めていきましょう。株価も手頃なので、序盤から積極的にインサイダーを仕掛けていくのもいいでしょう。お店価格の分散が小さい分、どのお店を3件にして、どのお店を他人に取られたという状況であってもわりかし大きく増資できますからね(逆にいうと、5倍買いしづらいということでもある)。

 逆に「ノースウェスト」「サウスイースト」は、マークが絡まない分不利です。とりあえず買っておき、あとで競売や交換のタネにという手もありますが、積極的に狙う価値はありません。

 で、下ですが、一番のオススメはやはり「マネーブロック」でしょう。格別高いお店が無いものの、お店価格合計が高く、増資のし甲斐は十分あります。ただし、株が高いのが難点です。あとは……ストアブロックは1軒だけ飛び抜けて高いお店があるものの、それ以外が安いので、余り価値を見出せナイというのが実情です。また、分岐点のことを考えると、やはり上ばかり狙うのも問題ありです。というわけで、下の階は、南側と北側、ともに1エリアずつをとりあえず狙っておくぐらいの目標でいいのではないでしょうか。


このストリートに登場するチャンスカード

123456789101112131415161718
192021222324252627282930313233343536
373839404142434445464748495051525354
555657585960616263646566676869707172
737475767778798081828384858687888990
919293949596979899100101102103104105106107108
109110111112113114115116117118119120

 お店価格が上がりまくる37や92、株価が大暴騰する64など、「摩天楼」らしいカードのオンパレードです。ヘタをするとカードで一気に差をつけられたり、逆に差が縮まったりすることも多々ありますので、カードの動向には細心の注意を払っていきましょう。