STREET2 レイクマウンテン

 このストリートの基本は、カジノがあること、エリアが一つ多いこと、分岐点があることを除けば、かいがら島と全く同じだと考えていいでしょう。

aboutレイクマウンテン (標準偏差 147.26)
エリア名初期株価各店舗状況お店価格合計平均価格標準偏差
かもめハイランド15350730802901450362.5270.97
レイクキャッスル123004201302801130282.5118.99
山の上ファーム113301201505001100275176.35
ミルキー高原131403704502801240310132.92
展望パーク918031027014090022578.53
湯の華温泉822019016023080020031.62

 ここもかいがら島と同じように店数が少なく、すぐに買いあさられてしまい、その結果買物料奪い合い合戦に発展してしまう傾向にあります。分岐点を利用して、高いお店を避けていく方法もありますが、これだけ狭いマップゆえ、いつかは嵌まってしまうでしょう。

 さて、有賀係数ですが、意外な結果が出てしまいました。最高価格店舗のあるかもめハイランドが最低で、逆に平均価格の最も安い湯の華温泉が最高(しかもはみ出し気味の6台)となっています。これを強引に解釈すると、こうなります。

 かもめハイランドはお店価格の分散が激しいため、仮に3軒取られても、730Gの「かもめスキー場」さえ取られなければさほど怖くない(取られてしまった上で3軒だとすさまじく悲惨)、逆に独占したとしても、最安値(80G)の「甘味処よのもと」で切り崩されてしまうこともあるなど、バクチ性が高いエリアであると言えます。一方の湯の華温泉はというと、お店価格が安定していること、株価が安いということから、インサイダーには最適であるということで、お勧めっていうことに、数値上はなっています。

 もっとも、この面はどこでもいいから1エリア独占、または2エリア半独占で、7割方勝負あったと言ってしまっていいです。とりあえず2エリア半独占の方が、後半以降インサイダーで食っていけるのでいいでしょう。特に、前述の湯の華温泉、展望パークは株価が安いので、後半のインサイダーには最適です。3軒取ったら、ギリギリまで株を貯めこんで、一発どかんと決めちゃいましょう!


このストリートに登場するチャンスカード

123456789101112131415161718
192021222324252627282930313233343536
373839404142434445464748495051525354
555657585960616263646566676869707172
737475767778798081828384858687888990
919293949596979899100101102103104105106107108
109110111112113114115116117118119120

 かいがら島とほとんど同じです。49の代わりに99(効果は全く同じ)、39が無くなって44が入ったくらいです。