STREET1 かいがら島

 さて、やっとマップ攻略編が始まりました。このエリアは、逐一株の変動が報告されますので、初めていたストをやる人にはある程度親切にできています。しかし、お店の数が少ない事もあって、中盤まではお店の取り合いになることが予想されます。

aboutかいがら島 (標準偏差124.67)
エリア名初期株価各店舗状況平均価格お店価格合計標準偏差
ビッグシェル614027090110152.561080.98
トップマウンテン123602204901303001200158.11
シーサイドタウン14500300200390347.51390127.9
ホワイトコースト11150180320400262.51050117.86
ロングストリート10350190150300247.599093.23

 では、このストリートでもっとも有利なエリアはというと……どこでも大差ありません。あえて言うなら、中央のビッグシェルが、お店価格が安いのでやや不利です。もっとも、とにかく高い店を作り上げればいい話です殻、他が2軒でもビッグシェルが独占だなんていう場合は凶悪になります。

 そこで何が必要かというと、 序盤の資金です。お店を手に入れるためには、それなりの資金が要るのは当たり前ですから。そこで、とにかく早い段階にサラリーをもらう事を考えましょう。ある程度資金が集まったら、とにかく同じエリアに店を3つ持つことを考えていきましょう。3軒でもかなり恐ろしいことになります。まして独占に成功すれば、それこそ壊滅的な被害を与える事も可能です。逆に相手に独占されると酷い目にあいますので、覚悟をしておく必要があります。株の相乗りなんか気にせずに、大きな店を作ってしまえば、いつか誰かがハマってくれます。結局相手以上に自分が得をするので、積極的に増資していきましょう。

 序盤から2店舗揃ったエリアを使い、インサイダーで少しずつ儲けるのもいい方法です。これでできたお店で相手の戦力を少しづつ奪い、後半の大きなインサイダーに備えることにつながりますから。

 ただ、意外に独占が難しい面なので、取引が重要になってきます。しかし、自分が3軒になるからと言って、やすやすと取引に応じないようにしましょう。取引を持ちかけられたら、10手先まで読むくらいの気持ちでいかないと、相手の殺人的な店にハマって破産……なんていう事になりかねません。何と言っても、銀行に止まらない限り進路を変えられないストリートなので、他人を有利にするような行為は厳に謹むべきです。


このストリートに登場するチャンスカード

123456789101112131415161718
192021222324252627282930313233343536
373839404142434445464748495051525354
555657585960616263646566676869707172
737475767778798081828384858687888990
919293949596979899100101102103104105106107108
109110111112113114115116117118119120

 基本的なカードが並んでいます。大きな変動のカード(37や64など)が無いのは、やはり最初のストリートだからでしょう。ちなみに、ここでは「どこでもカード」は2枚ないとほとんど役に立ちません。