ROUND2  サリューン・デル・ヴィーデルンさん(18)の場合

 全国1000万のサリューンファンの皆様、お待たせ致しました。今回はサリューンのお話です。

 まず、オープニングの感想。何でサリューンってこれほどまでに不幸なの? スターオーシャンのアシュトンなんぞ目じゃないくらいに……(笑)。それにしても、「僕のおもちゃを全部あげるから……。」「友達を助けるためなら何だってします!」……今の性格とは極端に違う……。でも、こんだけ酷い目にあってりゃ、屈折すんなって方が無理だね、ホント。出、そんなサリューンのもとに、奴が……。そう、変態バゼラード。「サリューン様、国を代表して、お迎えに上がりました。」ウソつけ。お前の野望のためだろうが。で、国王に即位するサリューンが一言。「誰でもいい。もし、私を救おうとする者がいたら、そいつを滅ぼしてやる。」

 で、プロローグ戦闘。はっきり言ってタジ編でコツをつかんだおかげでメチャクチャ楽。で、そこでアシと出会うわけ。その帰り道、サリューン隊が囲まれてしまうというハプニングが起こる。そのとき、アシがナイスフォロー。そしたら、バゼラードの奴が逆切れしやがんの。「くっ……あの小娘、よくもこの私に恥を……」阿呆! 貴様のほうが恥じゃ! んでもって、「命令違反」ということになるアシ、私は介抱してあげました。って言うか、はよバゼを締め上げたい……。こいつと一緒にいるとイライラする……。そのばん、バゼラードってば酔っ払っていきなりサリューンにからんできやがんの。なにぃ、ダグートの狂王が暗殺されただの、今こそ世界を掌握するときだの、単に酔っ払いの管巻きにしか聞こえないようなモノばっか。で、いきなり抱きついてきたから離せって言ったら、またまた逆切れ。「陛下がご乱心なさったぞ。」ご乱心は貴様だ、バゼラード! でもって、カダルの監獄へ強制送還。そしたらアシが脱獄させてくれるのだが……。ここで強烈なイベントが……。何と、アシがバゼの刺客によって殺されてしまうのだ!(もちろん、ホントはサリューンを狙っていた。) こりゃもう普通の人間でもキレますな。「私は憎む、全てを憎む!」……えっ……? 全て憎まなくたっていいでしょってばさ。

 で、世界進出。まず思ったこと。「拠点少ないし、味方も何ですかこの人数は?!」そう、サリューン編は最初の味方が4~6人くらいしかいないのだ(つまり1部隊か、組めても2部隊)。こりゃタジ編よりきっちいわ。でもその分サリューン本人の強さはタジとは段違い。なんですかあの攻撃力は? バッタバッタとなぎ倒すことまあこの人はホントに。で、最初に目をつけたのはお隣シン。まずネイを……という考えに基づいている。ちなみに、前回のタジ編では、シンがダグートに滅ぼされたために直接対決はやっていない。というわけで、ネイとは今回が初手合い。……弱かった。なんか拍子抜け。いや、ネイが弱いのではない、サリューンが強すぎるのだ。ただ……神剣技がいまいち使いづらい(攻撃範囲が狭い)のが難点と言えば難点。で、速攻でネイを殺意の波動に目覚めさせて(爆笑)、お次は……って、いつのまにかバゼんトコが増えとるやんか! 方ないんで、殴り込みをかけることに。で、最初に現れたのがウルスラグナ。「これは天の配剤だ!」っとばかりにさくっと裏切らせて(?)、突破口を開く。それにしても拠点が増えない。増やしてもさっきまでの拠点が取られたり……。あ、だからサリューンめっちゃ強いのか、と気づいたりして……。でもって今度はセイラムに攻めこむ……やっぱりセイラムは弱かった……。こちらもあっという間に(タジんトコと初手合いから2週間と経たないくらい)滅亡。でもタジ君ゲットには1ヶ月待たないといけなかったりする。そこで、たまった金を持って今度はミスラに仕掛ける。ヴェーリアでいきなりミスラの聖印ゲット。で、ルマティさんを仲間にする。当然速攻でサリューン隊に汲みこむ。この時点で最終パーティー決定。サリューン、タジ(1か月我慢)、ルマティ、ウルスラグナの4人。タジが仲間になるまではネイを入れておこう。で1か月後、「……オレを……オレを雇ってください。」きましたよ~きましたよ~、タジ君が。っていうわけでネイさん防衛に回ってね。で、早速会話。ん……?なんか変。確かタジと話すると「オレ、一生懸命がんばります」のはず……。なんか、タジが真剣の力を借りてサリューンの深層心理を探って、そのことに対してタジがサリューンにずけずけ言って、サリューンがブチ切れました。で、タジ君、「ご、ごめんなさい……。」タジ君……人の心は読んじゃいかんぜよ。(このイベント結構好きなんだけど、すっかり忘れてる……。)

 で、今度こそヴィラードを本格的に襲う。ちゃんとレベルも上げて(前回のタジ編における失敗を教訓に)、いよいよバゼ処刑……と思ったけど、危ない危ない、シャリクとサルバン入れなきゃ。と言うわけで、商人よ早く「紺碧のオーブ」持って来いっちゅーねん! で、やってきましたサルバン-13。何度見てもこの壊れっぷりは「山崎竜二」を彷彿とさせる……。したがって、以後貴殿は「山崎」と名乗ってよし。ちなみに拒否は不可能! しかし……いつまでたってもシャリクが来ない……。頭きたので攻めこんでいったら……私が悪うございました。やりすぎて拠点一つにしちゃったし……。しかも、バゼを仕留めたのはサリューン隊じゃないし……。(要するに、弱らせたところをサリューンでチョン、のつもりだったのが、やりすぎて&調子に乗ってKOしちゃった……っていう話。) ……という訳でシャリクさんは以降出ませんでした。そしたら今度は勢いがつきすぎたサリューン隊。お一人でバッタバッタとディベルニア大陸のヒットマンたちを血祭りにあげ、あっという間に残りの国も滅ぼしてしまいました……。で、この時点でサリューンのレベルが40に到達。で、すっかり忘れていたライブラスイベント……て、なんか向こうのレベルも40近いってば!! どないなっとん?!?!? でもやっぱりサリューンは強かった。いたいの何発かもらったけど、勝ちました。で、「ルテミアとラトス、さあ今夜のご注文はどっち?」って聞かれたので、ためらわずにルテミアを選択。理由……? 移動力とリーチに決まってるでしょ。っというわけでスルクトに殴り込み。今度はパルニス経由で(もちろん光の会をボコった上で)。奴等は神剣技が痛かった……。でも勝ちました。で、イシャラール登場。

 イシャラールに聞かれる。「まさか私を疑ったりはしませんね。」サリューン、「お前が本当に神だというんだったら、私の答えはわかっているはずだ。」全くである、このエセ神め。っというわけでバトル。……一発一発きちんと当てていけば、何のことはない相手になっていた。ウルスがいればレベル40で絶対勝てると思う。で、エンディングのコメント。タジのが個人的に面白かった。「君主の、いや仲間の手を握り締め、喜びを分かち合う、セイラムの少年。」仲間……ずいぶん馴れ馴れしい奴ですな……。

サリューン:「私の野望は、これから始まるのだ。」

イシャラール:「命だけは助けてあげましょう……。」