ROUND5  ネイ・リイスンさん(18)の場合

 最後に取り上げる主人公は、みんなのアイドル(?)ネイ・リイスンさん。さ~て、いってみますかい。

 まずオープニング。「海賊が出た~~」だって……。島国なんだから、海賊の一つや二つ出ると思うが、そこは先代のリイスン総督(ネイの母親)、いちいち駆逐してみたり、果ては海賊を兵力として利用するってンだから、かなりのやり手だったのね……。で、ネイ。「この親にしてこの子あり」の、イイ意味での例です。やはり、洞察力、判断力に優れているという点で、商業国家の君主として最適な性格ですな。

 まあ、結局は海賊を討伐するんだけど(注意:このとき、クーシャンを先に落とすのは、経験値の点から言ってちょっと損。私はその失敗を犯してしまった……[TT])、その理由(ベン・ホーが海賊をしてた訳)が「孤児たちを養うため」だってンだからねえ……泣かせるねえ……。ありがちな、貧富の差ってやつですな。その事を知ったネイ、「戦争で苦しむ人たちのためにも、戦争を終わらせるために戦う!」……矛盾しとらんかいな? アンタが参加して、丸く収まるモンが四角くなっちゃったらどないしはりますのん……?

 まあ、そんなのはどうだってイイや。というわけで、Let's世界征服……じゃなくてでっかいお買い物(笑)。とりあえず国に1部隊を残して(ダグートからの守備)、まず、東のカダルに向けてネイ隊出撃……1分でカダル陥落(笑)。これ、ネイ編の基本です。なぜなら、みんなの兄貴(笑)サリューンゲットだぜ(爆)!

 そしたら、いきなり目の前に(いろんな意味で)青い少年が参上。それは、みんなの弟君、兼、私の憧れ(滅)タジ・アスガラフ君でした~。それを見たネイ閣下、一言。「へんてこな姿ねぇ~……。」どこら辺が変かしら??? そしたら、そのコスプレをしてる、架空世界の私はもっと変では?!? で、タジ君のたまわく、「わけあって、オレはあなたと戦うことになりそうです。お互い、正々堂々と勝負しましょう。」……要するに、喧嘩を吹っかけてきてるのですよ。その青い人の口ぶり、ネイの姐御の鱗を思いっきり引っぺがしてくれました(笑)。ものすごい剣幕でまくし立てる姐御。その内容は……聞いてみれば分かります。おまけに、タジ君が帰って(?)から、ボソッと一言。「あんな子供が戦争してるなんて……。もしかして、誰かに操られてるのかも……。」そうか子供かあ……。しかし、ネイのタジに対する子供扱いは、これだけでは終わりませんのよ~(リンお姉さん風に)。

 で、さっそく進撃。当然、メインのパーティーはネイ、セラン、ベン、サリューンの4人。さ~て、どこに攻めこもうか……と思って、速攻白羽の矢が立ったのがセイラム(笑)。せっかくタジ君に喧嘩を売られたんだ、好きな女の人にしこたまいぢめられるのもまた一興であるな(笑)。それに、最初のタジ編で、ダグートの魔手から助けてくれなかったし(それは私が悪いのだが……。) 嗚呼……私ってサディスティック……(爆笑)。

 まあイイや。サリューンのおかげでズンズン内海沿いを進んで行けました。で、セイラム領に手を出す。いきなり君主タジ君のお目見え……ではなかったが(確か最初はウルスラグナだったと思う……。忘れてる……[汗])、売られた喧嘩は買うしかない……。ちょっとボコボコにしてやりました(爆)。まずウル&エルディスをゲットだぜ(笑)。そこで、タジを仲間にするための重要なイベントを起こす。題して、「暴かれた陰謀」。「エルディスの神像、光り輝くとき、~(中略)~そのときセイラムの王、争いを鎮める大遠征に赴くべし……。」まあ、その目が光ってたわけです。でもよく確かめてみると、その目が光ってたのは、単に光ゴケがべったりと塗られただけなんですわ。当然、誰かが作為的に塗ったものです。要するに、タジが操り人形だって話なだけなんだけど……。

 そんなのは飛ばし読みして、一気に首都エリールにカチコミ(何かヤクザ一家みたいな話……。ネイの「姐御」って呼び方といい……)。そこでタジ君、「あなたたちと戦う事ができて、オレ、ワクワクしてます。さあ、正々堂々、勝負だ!」 姐御、間髪入れずに一言。
「寝ぼけたこと言わないの、坊や。遊びじゃないのよ。」
思わず吹き出してしまいました。この坊やという発言、決定的にタジ君を傷つけました(笑)。同じこと私が言われたら、多分3日は立ち直れないでしょう(爆笑)。というわけで、これも即撃退。そのあとがはっきり言って早かった……。あとスリナール(当然、アルダムさんいらっしゃ~~い)を落として、ラスト1拠点。で、最後のあがきとばかりに、進軍中のネイ隊にシャリク派遣(笑)。しかし、このシャリク隊もすぐ撃退。(注:シャリクを仲間にするためには、一度戦ったあと、路上で再開すればイイが、これが初手合いだったため、仲間にならず。)あっという間にナーリン到着。で、いよいよ腹をくくったタジ君、こっちに猛接近して来ました……が……ウチの精鋭部隊に袋叩きにされ、敢え無く撃沈。
 捨て台詞(?)の、「まだまだ……オレは死ぬまで戦う! オレと戦って下さい!」を聞き、ついにネイさんブチ切れた~~~~~! ファイヤ~~~~~~~~~~~~!(無駄メッセージ滅)
ネイ:「バカ! あなたは何のために戦っているのよ!(‐‐# 」
タジ:「え……?σ(・ ・)」

えってアンタねえ……。というわけで、セイラム滅亡(なんかタジがらみだと長くなるなあ……。(^^;

 あとはねえ……とりあえず、5人の主人公の中では圧倒的といえる経済力を武器に(なんか某球団みたいでやなカンジな言いかただが……)ルマティ率いるミスラを落として(というか勝手に降伏した。)、あとは楽勝だったなあ……。で、1ヶ月後にタジ君が仲間に入りました。会話してみたら、「オレ、一生懸命がんばります!(with超笑顔)」。しかしネイさんボソッとキツ~~い一言。
「頑張るのは結構だけど、もう勘違いしたらだめよ。この世界は男のおもちゃじゃないんだから!」
姐御、完全にタジ君をガキ扱いしてるご様子でございます……(笑)。
 あと、サリューンとバゼラードとの一騎打ちイベントをまた起こしました。ダグートが残っちゃって、最後のレベルアップの関係上、ライブラスイベントを起こせなかったのが残念だったけど……。

 しかしまあセラン、手の早いこと早いこと……。新しく入った女性メインキャラに対して、懲りることなく口説く口説く!
「かわいこちゃん、俺と遊ばないかい?」
しかし、誰一人OKしてくれないのです……。相手によっては怒られたり(ルマティやルテミア)、悲鳴上げられたり(アシ)、あげくには「痩せすぎの男に興味なし」と言われてみたり……(グラディ)。まあ、凹んでないようだからイイや。

 さて、まあ一応必要アイテム(3つのオーブ)は全て回収したし、ラスボスのトコに攻めてみようかと思うなり。メンバーは……とりあえず姐御よりレベルが高いセランと(なぜかそうなった)、あとはウルスラグナと、もう一人は……誰にしようかな~~~? ということで、こちらのレベルが低いという理由で、イサレルさんに決定~~~(笑)。で、早速パルニスに襲い掛かる。最初は主人公ということでネイを操作してたんだけど……これがどうもうまくいかない……。パルニスの地形にうまくマッチしたフォーメーションがないことと、あと回復のヒールオールが潰されやすいことが重なって、3回負けました。仕方がないのでイサレルを隊長にして、フォーメーションをサイドスピンLに変え、前衛をセラン(39段)とウルスラグナ(35段)、後衛をネイ(34段)とイサレル(34段)が担当し、サポートに回る。こうする事で1~6レベルの差を埋めて、互角に対戦できました。

 で、ボス(イシャラール)戦。またまたネイさん激高。「アンタなんか、神の名を語る化け物よ!」唯一の化け物発言が飛び出してしまいました~~~。これでイシャラールもヒートモード突入! さ~~て、来週のサザエさん 勝敗の行方はいかに……って言うか、勝つまでやるからなあ、私は……。

Hoo... I did...

I shall RETUR~~~~N!