ROUND4  ルマティ・マーフさん(21)の場合

 半年も前の事を思い出して書いているため、記憶が思いっきりぶっ飛んでいますんで、悪しからず。

 女性陣第2回はルマティさん。オープニングを見て一言。
 「何でえ、あんたら勝手に「神」がどうたらこうたら言って、よう分からんことしてまあホントに。」以上、神も仏も血も涙もない……涙はあるか……の毒リス_NKでした(爆笑)。まあ、神とかを信じない人にとって、ルマティさんてよう分からん人なんだよね実際。何でああいう居るかどうか怪しいモンにすがるのかってことが分からんのさ。あとイサレル殿に一言。「私が囮に……」うわぁ……こいつはまた強烈なのがきましたね……OPで死人が出るのはサリューン編以来。しかもこっちは自分から身を捨てるってんだから相当きますわ。

 そんでもってそれを攻めたてられるルマティさんですけど、いきなり「聖戦を始める」とは……え? なにゆえと思ったんですけど、まあ、思うところは相当あるでしょうからよしとします。時間を取るわけに行かないんで、本編に……。ルマティ編って、中盤くらいまで向こうから攻めてくるってことがないから比較的楽なんだよね。セイラムもシンもヴィラードも、こっちから攻めない限り仕掛けないので、初めての人はルマティでやるのがいいんではないかなと思います。本人の能力も主人公中2番目に強い……ただし神剣技を考えなければ……からね。はっきり言って、神剣技が使いづらいことこの上ないからねえ……。神剣技を発動する頃には、こっちが瀕死か、向こうが壊滅しているかどっちかだもの。

 で、まずは2チームに分けて、ルマティのいない方はひたすら南下して、内海沿いの無所属勢力を駆逐。当然の如く、カダルでサリューンを介抱解放。で、適当にそこらへんを駆逐していると……あと1週間で2月になろうとしていた。一方のルマティさん側、今回も例によって(私の妄想から)セイラムからちょっかいを出すことに。……弱い。モノの2週間(ゲーム内の時間)で滅亡。当然の如く、アルダムさんをゲットする。このとき1月3週目終わり。で、注目。このとき「せっかくだから、アシを仲間にしてあげよう。サリューンでエンディングを見たいし、せっかくだから、サリュ&アシのカップリングってのも乙でがしょ?」なんて思ったりして……。というわけで、リンを後回しにしてアシを連れてくる事に(注:アシは、主人公を連れていかないと仲間にならない)。最北端から最南端までの移動は大変だった(と思う)……。私みたいにフィーリングで指揮している人間につく人たちの苦労はどんなものか、ちょっと気になってみたりして……。ネ、某でっかい球団の皆さん?

 まあ、そんなのは別によろしい。って言うわけで、最初にグラーフに「降伏しろえーおらー」などといわれた事なんぞすっかり忘れて……そういえば、ルマティさんの不思議な生態シンキング。「羽を生やした人を見ると、何でも天使だと思いこむ」……アンタねえ……あきれて物も言えンわ……。かなり重症なまでのボケですな。もう完全に自分の世界に入ってたりするんだからこの人はまあ……。「ランミレ界の浅田美●子」とか言われたって反論するなかれ。以上。

 で、サリューンとアシのコンビは無敵でした。強い強い。まさに「ラブラブファイヤ~~~~」……ん?
アシ:「ふざけないで下さい! ソニックブラスト!!」
(クリス_NKは首を刎ねられた!)

 ちょっとしたジョークだったのだが……まあイイや。……で、どうやってその後進展してったんだっけ……? 今の衝撃で忘れてもうたわい……。たしか、途中で「偽者の聖印を探してとっ捕まえて来い」と言われて、行ってみたら本物で……その後に、実は金のために教会議員どもが裏金工作……ってなイベントを起こしたような気が……。

 で、いつまでたっても思い出せない道中はもう終わりにして、何時の間にかほぼ全世界を制覇していました。最後はグラーフ率いるダグートが1拠点だけ……って、こいつらを残しておきたいけど、でも滅ぼさないとライブラスの天使様(ルマティ曰く。ちなみにルテミアの事)に会えない……。散々悩んだ末、ライブラスに一度行ってみて、で、勝ったらその後も続行、負けたらリセット……負けました。レベル30はゆうに超えてたんだけどなあ……。

 仕方ないので、例の阿呆(光の会)のトコに行き、ストレス発散。……案外ヘボかった……。で、イシャラール登場。で、聖剣がしゃべる。「我を信じるなかれ……~(以下略)」に対して、ルマティさん「あなたを信じます。」……なにかこう、やっぱり違和感な人ですな……。しかしまあ、役にたたんとか使いづらいとか言っておきながら、イシャラール戦であんなにジハドを使うとは思わんかったな……。3回だか4回使ったような気が……。って言うか、奴がそこら中に移動するから、攻撃が……(泣)

エンディング1:邪神の分際で!

エンディング2:ジャンヌ・ダルク