第2回 株とインサイダーと増資

 いたストの場合、勝負を決するにはとにかく高い店を作り、相手から大量の現金を奪い去ることが大切ですが、それはあくまでも運頼りのやり方です。そこで、確実に儲けるために「株と増資の複合戦法」を行うことが必要になってきます。今回はその仕組みを見ていきましょう。

  1. 株のルール
  2. インサイダー
  3. 増資のしかたと買い物料

1、株のルール

 第1回でも話したことですが、いたストを他のテーブルゲームと異ならしめるものであり、このゲームの三大要素の一つでもある「株」。そのルールを知ることは、いたストを理解するに等しいと言えます。まずは株のルールを、具体例を交えて話していきましょう。

 いたストのお店は、隣接する(たまに隣接していない場合もある)4~7店舗から成る「エリア」を形成しています。たとえるなら、お店そのものの株ではなく「商店街の株」とでもいうべきでしょうか。これらのお店価格に応じて、株価は決定されます。エリア内のお店価格の合計が高いほど、株価は高くなっていきます。

 ここで、株価を計算する公式を紹介しましょう。

S=(Σ×0.0429×v) ÷ n

ただし、
 S:株価
 Σ:エリア内のお店価格の合計
 v:株価変動率(これは後ほど)
 n:エリア内のお店の数(4~7)
(注:以下同様の記号を使用。)

 これをもう少し計算しやすいように(概算公式)書き換えると、こうなります。(これは有賀独自の計算式)

 さて、先ほど保留した「株価変動率」についてここで説明することにしましょう。前回チラッと話したことですけれども、株は1ターンに10株以上買うと価格が7%上がります。逆に株を1ターンに10株以上売ると、株価は7%下がります(サイコロを振る前に9株以上売って、振ってから9株以下の売りを行った場合でも、合計10株以上売った場合は下がる)。
 したがって、10株以上の買いが出た場合はvが7%上昇し、逆に10株以上の売りが出た場合はvが7%下落します。これらは累積的に作用するので注意しておきましょう。具体的に言うと……

(例)「左半球」のインドエリアの場合

S=250+170+190+110=720
  ∴S=720×(0.0429)÷4=7.772(小数点以下切り捨て)で、7ゴールドになる。

このエリアの株を10株以上買うと、

   S=720×(0.0429)×(1.07)÷4=8.26254(小数点以下切り捨て)で、8ゴールドに値上がりする。

逆に、何らかの事情でその上がったインドの株を10株以上売った場合は、

   S=720×(0.0429)×(1.07)×(0.93)÷4=7.6841622(小数点以下切り捨て)で、7ゴールドになる。

 ここで、小数点以下に注目すると、10株以上買って、次のターンにすぐ売った場合、もとの株価より安くなっています。これは、売った回数と買った回数が同じ場合は株価が下がるということを意味しています。

 また、1回目に買ったときに株価が上がらなかったエリアでも、小数点以下では株価が上がっています。当然、2回目に買った場合は株価がちゃんと上がります(稀に2回買っても上がらないことがありますが、その場合も3回目には上昇します)。

 また、「チャンスカード」と呼ばれるものでも株価が変動することがある。詳細は『チャンスカードの話』(第4回第2節)に譲りますが、ここで注意しておきたいのは、7、13、31、31、37、44、48、49、81、82、84、90、98、99、109、110、114のような『お店価格が変化するカード』と、41、42、60、63、64のような『株価が変化するカード』とは、その株価変動のメカニズムが異なっています。つまり、前者はΣが変動するのに対し、後者はvが変化しています。 この辺の話は結構ややこしいので、あまり気にしなくてもよろしいでしょう。とにかく、「一度に10株以上買うと株価が上がり、逆に一度に10株以上売ると株価が下がる」、このことだけ覚えててもいたストは出来ます。


2、インサイダー

 このゲームでは、株価を操作して儲ける一連の行為を、なぜか「インサイダー」と呼んでいます(最近ではこの用語の「誤用」を問題にしてか、「株持ち増資」と呼ぶようになっていますが、本サイトでは「インサイダー」で統一します)。インサイダーの本来の意味は、「特定企業の未公開情報を関係者(insider)が利用して、有価証券(株など)で儲ける行為」を指すンですけれども……。日本では法律(証券取引法第166条・167条)によって禁じられていますが、いたストではこのインサイダーを活用しないと勝利もままならない、ということになります。

 それでは、インサイダーとはどういう行為かを、具体的に説明していきましょう。

(例)「左半球」ドイツエリア

「左半球」ドイツを3軒所有し、株を大量に持っている状況で増資を仕掛けようとしている
 ここのエリアの4軒の内、410,290,190のお店をそれぞれ自分のものにしてある場合を考えてみましょう(90のお店は他人のもの)つまり、左図のような状況です(言うまでもなく、実際のゲーム画面とは思いっきり異なります)。

=410+290+190+90=980
 ∴S=980×(0.0429)÷4=10.5105 (変動率無視)
 つまり、株価は10G。

 ここで、ドイツの株を150株持っていると仮定して、元値410ゴールドのお店(図の2番のお店)に999ゴールド増資したとします。(999ゴールドとは、一回の最高増資可能額) すると、株価は次のように変化します。

Σ=(410+999)+290+190+90=1979
S=1979×(0.0429)×4=21.224775 となり、株価は21-10=11ゴールド上昇

 このとき、ドイツの株は手元に150株あるから、一度増資しただけで(21-10)×150=1650ゴールドも儲けられる(資産を増やせる)というわけです。これこそまさにインサイダーの極意なり! 早い話が、「インサイダー」とは、「自分のお店があるエリアの株を買い、そのエリアの店に増資をしかけ、株価を吊り上げることで資産を増やす」ということです。

 あれ、ちょっと待て、増資したけどお金減ってるよね?と思った方のために、一連のやり取りをステップごとにもう一度見てみましょう。この状態で総資産が3000G、お金の合計が0、株の合計が1500G=ドイツの10G株150株所持、お店の合計1500Gとします。

ステップ お金 お店 総資産
インサイダー準備 0 1500 1500 3000
増資をかける -999 1500 2499 3000
→株価上昇 -999 3150 2499 4650
→マイナスになった現金を補うため株を売る
(今回の場合は21×48=1008Gなので、
 48株株売ることになった)
9 2142 2499 4650

 なお、この実例の場合でも、最終的には10株異常株を売っているので、株は少し下がります。それでも1Gか2Gですので、持っている102株のことを考慮しても、インサイダーで儲けた額から考えれば微々たるものです。肝としては、先に株価が上がる→増資したお金を清算するからこそ儲かるようにできているわけです。

 このように甘い汁を吸うことが出来るから、現実世界でインサイダーは禁じられるわけなンですけど(笑)、実は自分でお店に増資しなくても株で儲けることは可能だったりします。それが、次に紹介する「相乗り」または「便乗」と呼ばれる方法です。

 相乗りのやり方は簡単で、相手の買ったインサイダー株(もしくはインサイダーしそうなエリアの株)をちゃっかり買い、相手が増資するのを待つだけ。このテクニックの場合は、自分のお店を増資しないので、後から自分のエリアの株をじっくり溜めこんでインサイダーに踏み切ることも十分可能になります。ただし、他力本願の戦法であるため、自分の店の買い物料上昇が遅れ、その結果敵から現金を奪うタイミングが遅れるということも考えられます。したがって、資産が乏しい序盤ならともかく、ある程度店が集まってくる後半は、自分の株を中心にして資産を運用していくことを推奨します。


3、増資のしかたと買い物料

 買い物料を上げる方法は基本的に「店に増資する」ことなのですが、それだけではなく、一つのエリアに複数のお店を所有すると、それだけで買い物料が上昇していきます。具体的に1エリアに軒揃えるとどのくらい買い物料が大きくなるかを、下の表で確認しておきましょう。(縦軸が「エリアのお店数」、横軸が「エリア内に存在する、同一持ち主の店舗数」) 数字は、購入前の買い物料と比較した場合の倍率です。

買物料変動率
-
4軒エリア1.01.252.55.0---
5軒エリア1.01.252.03.256.0--
6軒エリア1.01.252.02.754.256.75-
7軒エリア
(ハワイ)
1.01.251.752.753.455.257.5

 さて、増資した後の買物料はどのようにして決定されるのでしょうか。実は、これにも公式が存在していて、

買物料=(増資率×2-1)×未購入時の買物料×買物料変動率(上記)
      (増資率=増資後のお店の価格÷増資前のお店価格)

 また、増資限度額についてもルールが存在していて、これはエリアのお店数に関係なく、エリア内の自分のお店数によってのみ変わ変化します。(実際の増資可能額は、お店価格×(下表の増資限度倍率-1)

エリア内にある自分のお店数1234567
増資限度倍率
(元値の何倍に増資できるか)
1.52.04.010121416

 ここで覚えるべきは、こういうデータではなく、むしろ「インサイダーのやり方」と、「一つのエリアにたくさんの店を持つと、買物料が上げやすくなる」ということ、この2点です。公式の類は、理論的にやりたい方のみどうぞ(笑)。

 また、お店の外観も買物料に応じて変化していきまして……

買物料店舗名買物料店舗名買物料店舗名
0-49露店400-699スーパーマーケット3000-4999グランドタワー
50-99仮設店舗700-999ショッピングセンター5000-ラストエンペラー
100-199商店1000-1999デパート--
200-399コンビニエンスストア2000-2999高級デパート--

 好き好んでラストエンペラーに行く人はいないでしょうけど、理論上は買物料が1万を超えることがあります。ただし、そういうお店でも買物料表示は4桁(一万の位が省略される)のままなので、1382などと出ているラストエンペラーを、1382ゴールドしか取られないと思って止まると……1万以上取られるという憂き目に遭います。とにかく、ラストエンペラーには近寄らないことですね、はい。

 次回は、サイコロと周回の謎について迫……ってどうする!? とにかく、今度は、サラリーの狙い方など、サイコロの問題を中心議題にしていくことにしましょう。