『いたスト』アッホ・6
ハ……ハラキリ……

 いきなりいたストの世界で「ハラキリ」とは何事か、と思う読者もかなり多いと思われるが、何のことはない、GKにおける私のカモであるところのドナルド・ランバードの迷台詞である。
腹をかっさばかんとしているドナルド・ランバードさん(52歳)
特大の出費をぶちかましたり、それが元で店売りになったときなどに発する言葉で、なぜか白装束で頭には火のついた2本のろうそく……丑三つ時のワラ人形打ちじゃねぇんだから……と思うのだが、まあそれはおいといて、せっかくなのでハラキリ……もとい切腹のお話をしようと思う。最近「ギター侍」こと波田陽区も出てきたしね(笑) とどめに自虐ネタかまして武士らしく切腹して果てるし。

 何でまたアチラでは「せっぷく」ではなく「ハラキリ」になるのかいまだに理解できないところなのだが(漢文訓読でレ点を打つみたいな読み方するなよ……という気分になる)、私の実家にある『家庭の医学』という本の「人体の生理」のうち、筋肉の項目で切腹がかなりのページを割かれて記されている。一体筆者は何を考えてこんな項目を設けたのやら、と思うこともあるのだが、その執筆者(一応「医学博士 藤井一郎監修」とはなっているが)も出版社も分からない(かなり古い本で、昭和30年代半ばに書かれたようだ)。とはいえ、とりあえず書かれているからせっかくなので紹介したいと思う。ただ、なんかところどころウソくせぇ所もあるような気がしないでもないのは多分気のせいであろう。

 その前話に「弾丸も通らぬ力士の太鼓腹」という項目があり、何でも力士の太鼓腹は外科医がメスを突っ立てたとしてもちょっとやそっとでは腹膜まで到達しないという(もちろん脂肪の層が厚いから)。伝説級になると、ピストルで撃たれても弾丸が跳ね返るほどらしい(多分どっかの誰かが大げさに報告したんだろうが)。だが、私たち一般の人間はそこまで腹の脂肪が厚くない。従って切られりゃ当然あっさり腹膜が見えるわけで、そうなると当然まあ切腹も簡単に腸まで到達する。てなわけで、その切腹の型について早速紹介しよう。なお、一応断っておくが、このコーナーは自殺を容認する意味で設けたコーナーではない。あくまで「話の種に」ということで設けたコーナーなので、間違っても切腹など実行しないように。


切腹の哲学

 切腹といえば、ハラキリともいって、日本人独特の風習である。自殺の一手段でもあるが、それよりは、むしろ刑罰の一形式であるところに日本の特産物たる価値がある。刑罰といえば、どんなことでも、大抵は役人の手で加えられるものであるが、切腹に限って罪人が自分の腹を切るのだから、いよいよもって日本の特産物なわけである。

 なぜこうなったのか。そもそもの初めは、武士がある事で罪の疑いを受ける。それが無実であって、何と弁明しても疑いが晴れぬ場合に、拙者はそんな腹の黒い男でござらぬ。拙者の腹は潔白だ。ウソだと思うなら腹を割って見せてあげましょうか、というので、自ら腹を割って見せた。これが「腹を割って話す」の語源である。これが若羽黒※1のような太鼓腹なら、前の話のようで、少々切っても白い脂肪肉※2だけしか見えないから、なるほど潔白だということになるだろうが、大抵の者なら腹直筋が切れて中からダラリと腸がはみ出して来る。黒くはないが赤いだろう。「やっぱりお前は赤※3だったか?」なんて、今の裁判官なら言うだろうが、昔は「赤」なんて言葉は知らないから、「心底見えた!」といって疑いを晴らしたものである。自分の誠意を見せるには切腹に限る。ぐうたら若殿様を諌めてもきかぬ場合には、死諌しかん(筆者注:諌死かんしともいう)といって家老が切腹して諌めたものだ。「うるさい爺が死によった。やれやれ!」と、のうのうとされたのでは、何のために切腹したのかわからなくなってしまう。だから、死んで花実が咲くものか、というわけである。

 これはいい方だが、疑われた方が身に覚えのあった場合、役人の手にかかって生き恥さらすのは武士の面目が相立たぬ、死んでお詫びをつかまつる、というので自刃して相はてた武士が多かった。そこで同じ死刑に処するにも、切腹を仰せ付けるのは、身を恥じて、自発的に死んだ形式をとることになるのだから、刑罰としては恩恵を施したことになる。
「斬罪に処するべきところ、罪一等を減じ、両腰を賜り、切腹仰せつける」
などと恩にきせられる。どっちみち死ぬのに変わりはないのだから、決してありがたいはずはないが、それでも、
「ありがたき、しあわせに存じ奉りまする」
と御礼を言ったものである。もっとも、こう言葉に出してお受けできるのはよほど腹のすわった者で、大抵のものは、「しまった! ああこれでもう俺も終わりか」と思うと声も出ず、全身がガタガタふるえて来るので、それを隠すために両手を突っ張り、黙って頭を低く下げ、蒼白になった顔と、はふり落ちる無念の涙とをかくしたのもだそうである。この刑罰がどんなに不服でも文句をいうのは無念腹といって、武士にあるまじき所業とされていた。

仮名手鑑忠臣蔵かなてほんちゅうしんぐら』の塩谷判官えんやはんがんは、切腹の座にのぞんでから「無念!」といって腹に刀を突き立て、それからジーッと由良之助の顔を見ながら、
「この九寸五分は汝への形見……なァ?……こ、こ、この短刀をもって、わ、わ、わが存念を……」
といっている。その存念を飲み込んだ大星由良之助が47人の同志たちとかたらって驚天動地の大快挙を決行するのだが、武士たるもの、殊に一国一城の主ともあろうものが、死の座にのぞんで「無念!」と口外するなどは武士にあるまじき所業、やせ我慢にもニッコリ笑って死んでいかねばならぬところで、実際にはそうだったろうが、それでは後世の役者や講釈師が困るだろうとの思いやりだったかも知れぬ。「無念!」というならまだよいが、腹を十字にかき切って中らから腸をつかみ出し、これを床に叩きつける豪の者もあり、これを無念腹の代表的な型としている。刑を与えた奴への強烈な面当てである。

切腹はどんな風にするのか

 ついでに、ここで切腹の方を御紹介しておこう。もちろん刑罰としてのものである。文政年間に出版された星野常富著『武学拾粋ぶがくじゅうすい』にくわしく出ている。

 幕府からある藩士に切腹を申しつける場合には、一旦罪人を他家に預ける。預かった方では一室に監禁するか軟禁するかは罪人への思いやりの程度できまるが、何にしても監視をつけて逃げぬようにする。いよいよ刑執行の日が来ると、その家では切腹の用意万端をととのえ、昼飯は少し早めに出し、夕方近くなって「遣使が見えるからお支度を」といって罪人を風呂に入れ、髪を結わせ、夜食には酒さかなで十分な御馳走を出し、新調の紋付のかみしもに白足袋をはかせて検視の前に引き出す。すると検視は宣告文を読み上げる。罪人は「有りがたくお受けつかまつる」と答える。この時遣使に思いやりがあれば遺族に会わせたり、遺言や辞世の句を書かせたりし、「食べたいものがあれば何なりと言え」という。今さら何が食べられよう。「しからば御酒を一献」と所望するのは、よくよくの豪の者である。それが済むと髪の元結をといてチョンまげを後ろに曲げ、いわゆる罪人髷ざいにんまげというのにする。それから白の小袖こそで白袴しろばかま、水色無紋の裃を着用させ、いよいよ切腹の座につく時を待っている。

切腹の座の飾りつけ

 切腹の座は座敷に設けられることもあるが、大抵は庭前である。塩谷判官は庭前につくが、これはウソで、大名ともなれば必ず座敷でさせるものである。切腹の座の広さは身分によってちがうが、上は6けん※4四方、中は2間四方と決めて幔幕まんまくをめぐらし、南北に入り口があり、南は修行門、北は涅槃ねはん門といい、罪人は涅槃門から入り、介錯かいしゃく人は修行門から入る。囲いの中央に6尺四方を取り、その四隅に4天ののぼりを立てる。この幟はそのまま葬式用の幟にするというのだから手回しのよいことである。この中に畳を2枚Tの字型に敷き縦の畳に白絹をを敷く。その正面(幟の外)には、高さ8尺、横6尺の門を立てる。門といっても女竹に白絹をまいたものを門の形に立てるだけである。門と幟で囲われた三方に4幅の白幕を張り、一方だけを開けておいて検使に見えるようにしてある。その他の空き地には粗莚を敷きつめ、後方に棺桶と白張の屏風半双とをおき、手桶に水を入れ、柄杓を二本添え、釘・金槌・細引・白木綿など、葬式の準備万端が整っている。罪人は中央の座に歩みよりながら、それぞれの品々を横目でにらんで行くのだから、あまりいい気持ちがしないだろう。

切腹の用意

 時刻が来ると検視は、切腹場の正面にあたる座敷の端に正副2人が着座。その前の板縁には徒目付かちめつけ2人が、縁側の庭上には同心が2人しゃがみ、その側にその家の留守居役がしゃがみ、その家の大名は検使席の後方に杉戸をへだてて見分し、他の家臣もそのうしろに居ならぶ。さらに刑場の囲いの中には、指図役の目付が1人、死骸取片付役の足軽が6人、介錯人・副介錯人が控える。

 一同が着座すると、板縁にいる徒目付が、
「切腹人、差出しめされい!」
と声をかける。「ははっ!」と留守居役が答えて立ち上がり、罪人をつれに行き、涅槃門から入れて白絹をしいた畳の上に着座させる。すると正副介錯人が修行門から入り、罪人の右手の方の畳に着座して、
「何藩何役何の何兵衛、今日、不肖ながら解釈つかまつる。お心静かに召されるよう」
と挨拶する。この介錯人は相当腕の立つ者が選ばれるのだが、太平の長く続いた頃とて実戦の経験はなく、ましてや切腹などそうザラにあるものではないから、バラリズンと一刀のもとに切り下げることはむずかしい。手元狂って首が半分しか斬れなかったということもあり、あわてて二の太刀をあびせたが、うろたえているので、まだ斬れず、三度目の正直でヤット斬れたなんて話もある。こうなっては罪人は腹を切るより痛い目にあわねばならぬが、それでも作法だから致し方がない。
「千万御大儀に存ずる。何分ともに宜しくお願い申す」と頭を下げなければならない。「うまく一太刀でやっておくれよ、頼むから」というわけだ。

 すると足軽が折敷に土器を2枚のせ、1枚には香の物か昆布を3切のせてある。「身切れ」というわけだが、悪い洒落である。だから平素でも香の物は3切とってはならぬ。4切でも「夜切れ」だからいけない。2切か5切がよいことになっている。「蓋」ならいくら切ってもよいし、「いつきる」かわからないのなら構うまいというわけである。それはさておき、もう一つの土器は杯用である。足軽はこの折敷を左手に持ち、右手には末期の水を入れた銚子を持って進み出る。罪人が杯を取ると足軽が水をつぐ。罪人はこれを地上にあける。第一杯は梵天にささげる意味である。そして第二杯目を自分がのむ。これが酒なら、かけつけ三杯という人もあるかもしれないが、末期の水ではお代りをする者もない。それどころか、大抵の者は手がふるえて折敷や膝の上にこぼしてしまい、のどを通る水は2、3滴もあるかなしだということである。

白扇の腹切り刀

 水杯が終わると無腰の侍が折敷に腹切り刀を持って出て罪人の膝前30cmの所におく。この腹切り刀は九寸五分といって刃渡り28cmほどのものが常法であるが、後には木剣が出るようになり、さらに後世では白扇がのせてあったりした。木剣や白扇では腹の皮さえ切ることができないのに、なぜこんなものにしたかというと、切腹も自殺の場合には短刀の刃を右に向けてプッツリ左の脇腹に突き立て、キリリと30cmほど右に引いてから、刃を上に向けて、さらに4~5cm切り上げ、腹を切っただけではなかなか死に切れないから、刀を取り直しで咽喉笛に突き立て、頚動脈を切って出血多量で死ぬことになるのである。しかし刑罰としての切腹は、介錯人という殺し屋がうしろにひかえているのだから、自分で命をたつ必要はない。切腹の型を示しさえすればよい。真剣を用いる場合でも、血の出るほど深く切ってはならぬ。いや、むしろ切る真似をするだけにする。それなら何も真剣でなくても白扇でもよいのではないか、ということになったのである。

 真剣の場合には、すでに白紙か白木綿で刃を巻いてあるが、型通り切腹自殺をしたい人のために参考まで言っておくと(筆者注:絶対すんなよ!)、九寸五分(28cm)の刃渡りのうち、切先を五分(2cm)ほど残して白木綿か白紙を上の方へキリキリと巻き上げるのだが、28巻きするのが常法である。2cmばかりで腹の皮が切れるかと疑う方があるかも知れぬが、力士のような太鼓腹でない限り、これで十分だから安心するがよい。それ以上に深く突き立てると、刃先が腸にまで届き、右へ引き回そうとしてもチョウシが悪くてなかなか切れないものである。

切腹の型

 いよいよ切腹をする段取りになった。泣いても笑っても、もう逃れられぬ運命だから、あきらめて型通りやることにしよう。

 まず正面の検使に向かって、うやうやしく一礼する。それから、おもむろに右の肩をぬぎ、次いで左の肩もぬぐ。左手で刀を上から取り上げ、右手で下から受けて押しいただき、切先を右に向けながら右手に持ちかえ、深呼吸をしながら左手で臍の周りを3度なで回してから臍の左下でとめ、臍の下3cmぐらい、左に12cmぐらい寄ったところに切先を当て、ぐっと突き立てたつもりになってキリキリと右に引き回すのである。あるいは左に突っ立てただけでもよい。本当に切って血であたりを汚すのは行きすぎとされている。ましてや臓腑をつかみ出して地にたたきつけるなどは、無念腹とか遺憾腹とかいって、神妙に刑罰を受けなかったもの、お上をないがしろにしたものとして無礼な所業とされている。
「いうにゃ及ぶと諸手をかけ、キリキリと引き回し、苦しき息をホッとつき、切先にて笛かき切り、血刀投げ出しうつぶせに、どうと倒れて息絶ゆれば……」
というのは『仮名手鑑忠臣蔵』の塩谷判官の切腹の場を描写した名文句だが、もしこれが真実なら、無念腹の代表的なもので、大名らしからぬことである。

介錯人の首の斬り方

 介錯人は罪人」の首を斬るのが役目である。姓名を名のって、中には用いる刀を罪人に見せ、「これは相州正宗の名刀でござる」などと、刀の銘までいうこともある。どうせ首を斬られるのだ、正宗だろうがナマクラだろうが同じことだが、同じ斬られるなら名ある銘刀で斬られたいというのが当時の武士の気持ちだったし、また銘刀なら切れ味がよくて痛みを感じないだろうという安心もあったのである。その銘刀を持って介錯人は罪人の左後方に立ち、罪人が切腹をし終わったときにサッと一刀の元に打ち落とすというのが常法となっているが、実際問題としては、そうは行かない。というのは、罪人が腹を切ってしまうと、その苦痛のために身もだえするから見当がつけにくい。斬る場所は第6頚椎と第7頚椎の継なぎ目である。継なぎ目なら軟骨だから難なく斬れるが、骨の中心に当たると、よほど冴えた腕でないと、ゴツンと刃が止まってしまう。こうなると痛いから罪人が思わず首を縮めるので益々斬れなくなる。七転八倒する奴を副介錯人が押さえつけて、やっと切り落とすなどは、罪人も迷惑千万だが、介錯人も最高の不名誉となる。そこで順序を多少狂わせても、一番斬りやすい時期を見はからって斬るのが普通である。

 斬りやすい時期というのは、第一が、折敷に乗せた刀を取ろうとして罪人が手をのばした時。これは、手を伸ばせば自然に上体ものび、首ものびる。まだ斬られるとは思わないから罪人は知らず知らず首をのばす。そこをバッサリやるのが一番楽だとされている。第二は臍の周りをなで回している時。第三は脇腹に刀を突き立てようとした時である。白扇で切腹の真似をするような時代になってからは、第二・第三の時期は大して意味がなくなった。どうしても第一の時期をねらう。白扇を乗せた折敷は罪人の膝前30cmの所におくのが常法だが、それではあまり手がのびないから40cm、50cmと遠く離し、いやでも手と首が長くのびるようにして、その機会をねらったのである。

 首を斬るにも、バッサリ斬り落としてしまうのはよくないとされていた。ノドボトケの所の皮を残しておく。こうすれば首は前にガクリと垂れるだけで、胴と完全にサヨナラしない。それが死者への礼儀だというのであるが、これはよほど腕が冴えてないと出来ない芸当で、中には二度三度斬りつけても斬れず、首のまわりがグジャグジャになってもまだ斬れないので、副介錯人が走りよって、短刀で首をかき切ったというような醜態もあった。

斬った首はどう始末するか

 介錯人が首を切り終わると、副介錯人が近よって首を取り上げ、検視役人に見せる。徒目付はそれを見て、
「しかと見届け申してござる」
という。こんなときにはどんな無礼な徒目付でも忠臣蔵の山名次郎左衛門のように、
「判官がくたばった上からは、早く屋敷を明け渡せ、エイ」
などとはいわない。切腹という刑罰自体が、そもそも武士の面目を重んじてやったものなのだから、すべてが丁重に取り扱われる。

 検死が終わると、白張の屏風を引き回して役人の目をかくし、中で首と胴とを柄杓の柄でつなぎ合わせ、下にしいた白絹で死体を包み、棺桶に収めて遺族に渡す。

 以上が刑罰としての切腹の作法であるが、多くの武士は罪人として取り扱われるのを恥辱として自分で切腹し、近親や友人に介錯を頼んだものだが、その際にも以上のような切腹の作法を心得ておき、それに近いように取り行うのが武士のたしなみとされていた。