第8回 シャッフルモード対策

 既に3が発売されてかなり時間が経つというのに、今更GKの話題を扱うのはどうかなと思う面もあるが、その辺は勘弁してください。PS2買うお金工面できない貧乏人なもので(汗) でもまあ、シャッフル楽しめるのはGKだけですし、その辺は没問題ということで。そんなわけで、前回、「GKでトーナメント1をクリアするとシャッフルモードを選べるようになる」とお話しましたが、実際シャッフルモードになるとどうなるか、具体例を示してみましょう。

 実際にシャッフルモードを行うとどうなるか、4万アクセス突破記念のいたストリプレイを元に検証してみましょう。まず、太陽系のお店配置一覧を提示しておきましょう。
太陽系・模式図
この配置に対し、標準的なお店の配置は次のようになっています。

about太陽系・通常版(φは空き地)
エリア名初期株価店1店2店3店4合計平均
太陽718090190240700175
水星9320100280170870217.5
金星13φ1201108001230307.5
地球13100φ3506501300325
火星1020080260450990247.5
木星11150220φ5101080270
土星12240320φ3801140285
天王星11φ1802204501050262.5
海王星15140390φ7001430357.5
冥王星13φ4001605001260315

 ですが、コレにシャッフルをかけると、たとえば次のようになります。

太陽系・シャッフルバージョン(φは空き地)
エリア名初期株価店1店2店3店4合計平均
太陽8110150220320800200
水星924080400190910227.5
金星11φ1805102001090272.5
地球1190φ4503201060265
火星151804506501601440360
木星14170700φ2401310327.5
土星7140220φ100660165
天王星14φ2803805001360340
海王星8120100φ390810202.5
冥王星17φ2608003501610402.5

 まず、注意しなければならないのはシャッフルしても元から空き地の店は空き地のままで、シャッフルしても位置は変わらないということです。まあ、空き地を利用した戦略はどういう状況でもさほど変わりないので、大したことじゃないのですが、この辺は忘れないでおいてください。

 シャッフルをすると、当然お店の価格合計が変わるわけですから、株価も変化します。お店の配置も変化しているので、まずは株価一覧とマップの動向をチェックしましょう。通常高いエリアがいきなり安い店だらけになったり、高い店が乱立しておっとろしーことになっていることもあります。その上で、どのエリアに狙いを絞るか考える必要があるといえるでしょう。

 銀行周辺のように、通常プレイする際に(交通量の面で)有利なエリアに高額物件が並んでいるようだったらチャンスです。一般に銀行周辺は店舗価格が安い傾向にありますので(フリーウェイは結構高いけど)、コレを逆手に取り、序盤から買い物料直取りを狙って集中的に攻めるのも一つの方策でしょうし、逆に比較的買い物料が安いエリアでも通行料が多い場合、序盤から増資をかけて少しずつ買い物料を奪っていくなど、とにかく通行量と株価・増資限度を考えた上でサイコロと流動資産をうまく使って攻める必要があります。

 ぶっちゃけ、シャッフルに戦略が絡むのは、通行量に差が出やすいストリートだけだといってもいいかもしれません。実際に私が経験した例だと、クローバランドの銀行左右(エリア名:セントラルリリー)です。シャッフルしたらこの両脇の店がいきなり商店(650/128、580/113)で、うまい具合にこのエリアを半独占してここにデパートをおっ建てたらCOMがハマるハマる。また、特定の店に連れ込まれるカードの威力も変わってきますし(運が悪いとソフィーの洞窟の地価3階の「輝きの宝石屋」や「混乱の兜屋」が710/140で、バッチグーに増資が為されていたりする、ということもありうる)、通常の定跡(余談:私は将棋知ってるけど碁は知らないので、「じょうせき」というときは「定石」ではなく「定跡」を使っている)と異なる作戦を練らなければならない場合もあるわけです。


 ところで、先ほど「シャッフルではお店の値段の合計が変わるから株価も変わる」という話をしましたが、実際シャッフルしてみると、「なんじゃこりゃ?!」という状況になっていることがままありまして、時々通常時では考えられないような株価になっていることがあります。通常プレイの場合の株価最高はフリーウェイ・新宿エリアの22G、次がアメリカ大陸・シカゴの21Gが続いているわけですが、理屈の上では高額物件が1エリアに集中して、とてつもない株価になることがあります。試しに計算してみたので、その表を掲載しておきます。

 また、先ほど「シャッフルに戦略が絡むのは、通行量に差が出やすいストリートだ」と述べましたので、通行量に差が出やすいのはどのストリートか、それについても掲載しておきましょう。
(0・1・2・3で表記。数字が大きいほど通行量に差が出やすくなる。あくまで相対値ですので、参考程度にとどめてください。)

各エリアにおける、シャッフルモード時の株価最大値
ストリートエリア店舗数最大通行量格差発生頻度高額物件ベスト4~74軒合計最大5軒合計最大6・7軒合計最大株価最大値4軒株価最大値5軒株価最大値6・7軒理論上の株価最大
注:()は、必ず空き地が入るエリアです。
1貝がら島40500490400390178019.0920
2レイクマウンテン40730500450420210022.5223
3クローバランド41900650580450258027.6728
4ムーンシティ41500490480450192020.5921
5スラリン618008007106005404602910391031.2127.9632
6摩天楼539007506505505402850339030.5729.0931
7左半球43700490410400200021.4322
8ドリームランド5280075069065052028903410
(2640)
31.0022.6531
9フリーウェイ40900740620600286030.8931
10太陽系43800700650510266028.5329
11海底都市43900700650630288030.8931
12カジノタウン528007005104504002460
(2210)
286023.7024.5425
13ソフィーの洞窟6171054050045043040022002630
(2400)
3030
(2600)
23.6020.6018.5924
14日本列島6280062058058043042025803010
(2780)
3430
(2600)
27.6723.8518.5928
15アメリカ大陸709008008007006505005003200485034.3229.7835
16宇宙星雲53580530510500430255021.8822
17サパタの地上絵6371065053043042041023202740315024.8823.5122.5225
18スペースコロニー519007606805505202890341031.0029.2631
19クイーンバニー号43700630520450230024.6725
20原始時代6381075069059057048028403410
(3040)
3890
(3610)
30.4626.8625.8131
21浮遊大陸5373068054051043024602890
(2660)
26.3822.8227
22呪いの館6381075069068056053029303490
(3130)
402031.4226.8628.7432

 イメージとしてはやっぱりフリーウェイがトップになるんじゃないかな、と思っていた方も多いと思いますが、ところがどっこい、一番高いのはアメリカ大陸の35G! 独占するだけでも大変ですけど、株をかき集めるのもこれまた厳しいですね……。 ちなみに私が出した最高・最低株価に関しては「いたストアッホ・3」にて詳しく解説します。