第4回 取引と5倍買い

1、取引について

 前も説明した通り、一つのエリアにたくさんのお店を持つと、それだけで買物料が吊り上がるし、増資もたくさん出来るようになります。しかし、世の中そんなに甘くはありませんで、自分が3軒持っているエリアに他の人が店を持つことも多々あります。逆に、「この店を取られたら独占を許してしまう……」という1軒を自分が買ってしまうということもまた然り。そういうときに、「取引」で店を交換したり、買い取ったり、売り飛ばしたりする事が出来ます。

 では、取引の説明をしていくことにしましょう。

1、お店を売りたい

 その名の通り、お店を売ります。売りつける人を決め、売値(1~99999G)を設定し、相手がOKすれば交渉成立。店の持ち主には現金が入り、持ち主が相手に変わります。

2、お店を買いたい

 1の逆。他人のお店を、こちらが指定した値段(1~99999G)で譲り受けます。

3、誰かと交換

 他の人の店と、自分の店を交換する。これが一番多用される取引でしょう。一度に2軒まで交換可能で、自分の店2軒と他人の店1軒を交換するといった、不平等なことも可能。 この「誰かと交換」というのはしょっちゅう使うので、これについてちょっと突っ込んでみましょう。

 さて、店を交換するといっても、やはり自分に有利な交換をしたいものです。例えば、交換したあと自分は4軒中3軒になるのに、相手は4軒独占なんていうのじゃダメですよね。また、交換したあとどちらも独占なのに、相手の店にはいっぱい人が集まってウハウハなのに、自分のところには人が全然来ない……なんていうのも困ったちゃんです。じゃ、どういう交換をするのがいいかというと……

  1. 当然のことながら、エリア内のお店の数・独占状況が同じ。
  2. 自分のエリアの方が、通行料が多い。
  3. 相手の店(orエリア)の方が高い。
  4. まだ増資前の店を、相手が交換に出している(なおかつ増資余りが多い。)

 こういった場合でしょう。こういう取引をすれば、自分が有利な状況になりますから。とにかく、自分に有利な取引を仕掛けましょう。間違っても相手を優位に立たせるような取引はご法度です!

 1についてちょっと補足。例えば、同じ独占でも相手は5軒エリアの独占、自分は4軒エリアの独占では、やはり相手のほうに軍配が上がります。というのは、5軒エリアの方は買物料の上昇が4軒エリアよりも激しい(前回・前々回参照)為、相手のほうが凶悪エリアになりやすいからです。

 逆に、相手が持ちかけてきた取引は、たいてい相手に有利に出来ています。そのときの状況を判断して、不利、または五分であるなら、丁重に(特に対人戦では)断ったほうがいいでしょう。もっとも、相手も人間ですから、時々折れてきますけどね……。

 さて、取引を成功させるにはどうしたらいいでしょうか? 答えは、「相手に敬意を払い、自分が少し折れてみる」という事です。ここでいう「折れる」とは、なにも不利なエリアを取ってしまえという事ではなく、少し現金を多くつけるなりして、相手に気分よくプレイさせるということです。例えば、お互い4軒独占の取引で、同じ価格の店を交換するという場合に、自分が100Gとか「手数料」とか「チップ」とかの名目で少し余計に出費してみましょう。気分をよくした相手が、交換に乗ってくれるかもしれません。

 交換に限らず、交渉というのは現実世界でもなかなか難しいものです。自分が謙ることも重要です。特に、自分がイイ思いをするのであればなおさらです。相手の気持ちに立つ……これを忘れないようにしましょう。交渉時に限らず、プレイ時に常に相手の思いを考えれば、自ずといたストで勝てるようになります。


2、5倍買い

 どうしても他人のお店が欲しいのに、交渉がうまく行かない……などというときには、実はかなり強引な方法があります。それが、「5倍買い」です。5倍買いをするために必要なもの……それは財力。ま、早い話が5倍買い=地上げなんですけど……。

 5倍買いをすると、自分は店の価格(原価ではなく、時価)の5倍という多額の現金(+株)を失うことになりますが、欲しい店が手に入ります。逆に5倍買いされた相手は、店を失う代わりに多額の現金を得ることとなります。この現金ですが、取られた店の時価の300%になります(残り200%は銀行に流れる、と考えてください)。例えば、200G(買物料33G)の店を5倍買いされた場合は……

 こんな感じになります。ちょっとわかりにくい話ですが、自分が大損するので、実際に5倍買いを決行する場というのは結構少ないものです。では、どういう状況で5倍買いを仕掛けたらいいのかということに移りましょう。

タイプ1:攻撃的5倍買い
 これは、あと1軒、他人の店を取れば独占とか3軒とかなどという状況でかます5倍買いです。早い話が、「損して得取れ」的なものだといえるでしょう。相手にとって、独占のプレッシャーというものは計り知れないものですから。
タイプ2:防御的5倍買い
 1とは逆に、相手の3軒・独占エリアの店を買い上げ、増資限度や買物料を下げてしまうという方法です。こうする事で、相手のインサイダーチャンスの芽を摘み取ってしまうというわけです。
タイプ3:衝動的5倍買い
 独占とかに絡まない店を、金のあるのに任せて買い取るという、要するに「銭投げ」「公共事業の無駄遣い(爆)」です。これは、勝負が圧倒的になってきたときにトップの人間が下位の人間に対して行う「イジメ」であり、はっきり言ってなんのメリットもないのでする必要は全くありません。

 いずれにせよ、5倍買いは一気に大量の現金を失う方法ですので、慎重に慎重を期して行う、最後の手段であるといえます。やりすぎ注意!