第3回 負けないための基礎知識

1、サラリー

 サラリーとは、給料のことである……なんて、言わなくてもわかる話ですわな。このゲームの場合、サラリーは貴重な収入源の一つ(特に序盤は)であり、なるべくなら積極的に取りに行きたいものです。そこで、ここではサラリーについての注意事項を簡潔に述べておくことにしましょう。

 サラリーの額ですが、これまたちゃんと公式が存在しています。サラリーを決定するのは、「基本給」、「能力給」、「資産手当て」の3つですが、これらについて簡潔に解説をしておきましょう。

 まず基本給ですが、これはストリートごとに決まっています。「クローバランド」、「摩天楼」、「ソフィーの洞窟」、「サパタの地上絵」の4ストリートが250G、「海底都市」は400G、それ以外の全てのストリートが300Gになっています。
 次に能力給。こちらは、ベースの額(ストリートによって異なるが、100G、150G、200Gのいずれか。下表参照)にサラリーをもらった回数を掛けて算出します。最後の資産手当ては、今自分が持っている店の価格の合計の1割(全ストリート共通)になっています(この場合の「資産」=固定資産)。

 以上によって計算された額の合計がサラリーとなります。この額は、1周目で500~700G、3周目以降には1000Gを超えることも珍しくないし、6周目以降になると2000G以上にもなります。でも、何もやみくもに狙えばいいというものでもありません。例えば、サラリーを得るためには4種類のマークを集める必要がありますが、そのマークの周りに壊滅的に高い店が立っているときには、無理に狙わないほうがいいでしょう。迂闊に手を出してしまうと、最悪の場合サラリー以上の出費になり、大損してしまいますから。

能力給のベース額
ベース額ストリート
100G貝がら島 レイクマウンテン ムーンシティ ドリームワールド フリーウェイ カジノタウン アメリカ大陸 スペースコロニー 
150Gクローバランド スラリン 摩天楼 左半球 太陽系 海底都市 ソフィーの洞窟 日本列島 サパタの地上絵 クイーンバニー号 原始時代 浮遊大陸
200G宇宙星雲 呪いの館

"

2、分岐の理論 ~強いエリア・弱いエリア~

 「さて、貴方の目の前に分かれ道があります。どちらに行きますか……?」と聞かれると迷ってしまう人も多いことでしょう。いたストの場合、この手の分岐は非常に多く存在します。また、いくつもあるエリアの有利・不利も必ずあります。ここでは、そういうものについて解説していくことにしましょう。

 まず、どういうエリアが強いか……これはストリートによって微妙に異なる部分もあり、一概には言えませんが、まず、「銀行の周囲」が挙げられます。銀行というのは、貴重な収入元であるサラリーをもらうところであり、株を買うところでもあります。したがって、銀行周辺は通行料が多くなる傾向にあります。したがって、この周囲に店を建て、うんと高くしてしまえば、他のプレイヤーが金を落としてくれる確率はぐんと高くなるし、そうでなくても(高い店を恐れて)株を買えなくなるとか、サラリーをもらいに行けなくするなどの効果もあります。その結果、自分が優位に立てると、こういうわけです。

 あるいは、マークの周辺も同様にオススメです。こちらはサラリーを狙えなくするだけではありますが、かなりの効果があります。さらに、お店価格の合計が高いエリアなら、増資もたくさんできるし、買物料が一気に跳ね上がるので非常にいい感じです。ただし、こういうエリアのお約束として、非常に買い占めにくい・株価が高いなどのデメリットもあるので、慎重に。ちなみに、お店価格が平均的に高い(200~400Gに収まっている)エリアもいいでしょう。こちらは5倍買いによる切り崩し(5倍買いについては次回以降詳しく解説)に遭いにくいので、狙ってみるのも悪くないでしょう。ちなみに、当サイトでは、お店価格のばらつきを示す値として、「標準偏差」、及びそれを用いた「有賀係数」を採用しています。この値が高いエリアは、安いところからエリアを切り崩されることがあり、余りオススメできません。

 逆に、積極的に狙わない方がいいのは、「分岐点の近く」、「お店価格の合計が極端に安いエリア」です。分岐点の周囲はサイコロの出目次第で高確率で避けられてしまうので、買物料による収入が見込めません。安いお店は、増資限度額も買物料も低い上、他のプレイヤーにいとも簡単に5倍買いされてしまうという弱点を持っています。結果的に、買物料がいつまでたっても低いままで終わるという空しい結果になるので、無理に買う必要はないでしょう。

 ところで、ストリート5、8、13、14、15、18、22には、ワープでしか行けない「離れ小島」があります。こういうエリアは必ずしも勝負を決めるとは限りませんが、逆に独占されて買物料が跳ね上がると、まさに殺人的な破壊力を持ってしまうのも事実です。この手のエリアは、積極的に買うのではなく、空いていたらとりあえず買っておき、独占されないようにする程度の心構えで買うのがいいでしょう。したがって、こういうエリアのお店はなるべく競売に出さないようにしたいものです。ただ、もしこのようなエリアで、1周すればマークが集まるという場合(ソフィーの洞窟など)、逆に自分から飛びこんでこの世の地獄を先付けで作ってしまうのも一つの作戦、ではあります。


3、株の利用法・追加

 前回の「インサイダー」の方で触れなかったが、実は株を持っているといいことがもう一つあります。それは「配当金」です。例えばAエリアの株を持っていると仮定し、誰かがそのAエリアで買物料を支払った(自分のお店にでなくてもいい。とにかく株を持っているエリアの店に金を落とす)場合、持ち株の比率に応じて支払い額の何%かのおこぼれを銀行からもらえます。一人で5株以上持って入れば20%のおこぼれ、4株なら16%、3株なら12%、2株なら8%、1株なら4%になります。2人以上が同じエリアの株を持っていた場合、20%のおこぼれを持ち株の割合で分配することになります。従って、ある程度増資が終わったエリアでも、売っ払うときはとりあえず全部売らずに5株だけ残すのは基本です。