第1回 いたストとは何ぞや?


「ていうかいたストって結局何?」

そもそも『いただきストリート』とはどういうゲームなのかを、わかりやすく、且つ簡潔に言うと、『サイコロを振ってすごろく状のボードの上を移動しつつ、ゲーム内で許されているありとあらゆる手段を用いて、誰よりも早く資産を溜めまくる』というゲームです。

 では、その基本的ルールを解説していきましょう。


 まず、いたストには3つの要素があります。その3つとは、

  1. 現金
  2. 店(固定資産)

 これらの役割について、少し見ていきましょう。

1、現金

 現金は、まさに『富』のシンボルであり、今どれくらいの資産があるかを端的に示すバロメーターです……が……、このゲームの場合、現金を大量に持っていてもあまりいいことはありません。むしろ後述の株や店を買うほうがよっぽどいい場合がほとんどです。

2、店

 いたストの基本を担うものである「店」。店無しではこのゲームは戦えません。自分の店に誰かが止まったら、それだけで収入になります。逆に他人の店に自分が止まるとその時点で資産が減り、優勝から遠ざかりますので、サイコロの目と相談の上、他人の店に止まらないようにしましょう。

3、株

 でも、店だけではいつまでたっても資産が増えません。そんな時の為に株を買いましょう。株はこのゲームでは貯金代わりに使える上、持っているとそれだけでいいことがある(かも知れません)!

 ところで、いたストで儲ける方法というのは、大きく分けて2種類あります。一つは他人から買い物料をふんだくりまくる方法、もう一つは自分の持っている株の相場を吊り上げる方法です。それについてはこの次にまた。


じゃ、具体的にいたストってどうやって進めていくの??

 一応ゲームを始めるときに『ゲームの説明を聞きますか』って出るんで、そちらも参考にしてくださいね。

 まずは移動から。サイコロを振って、出た目の数だけボード上のマスを移動するという単純明快な作業。しかし軽んずることなかれ。この移動で勝負が決定する……のはこの類のゲームのお約束。で、マスに止まったらどうするか……。これはマスによって違います。

 まず、まだ誰も買っていない店に止まった場合、流動資産がお店の価格(上下2段の数字のうち、上の段の数字)より多い場合に、そのお店を買うことが可能です。任意なので買わなくても構いません。お財布と相談の上、買うか買わないかを決めましょう。とは言うものの、なるべくなら買っておいたほうがいいでしょう。流動資産が足りないときは、すでに買ってある店を売り払った上で買うか、諦めるかのどちらかを選択することになります(基本的には「諦める」)。

 次に持ち主がいるお店に止まった場合。自分の店なら「増資」という行為が可能です。増資とはお店にお金をつぎ込み、規模を大きくすることを言います。規模が大きくなると買い物料が高くなるので、相手を破産に追い込むのが近くなる。逆に他人の店に止まると買い物料を持ち主に支払うことになります。

 他にもマスはいろいろあり、例えば「☆」のマスに止まるとラッキーとなり、他のプレイヤーが誰かに買い物料を支払ったときにおこぼれをもらえるし、カジノに止まればミニゲームを楽しめます。これについては取扱説明書にも書いてあるので、そちらのほうをご覧下さい。

 各面には、4種類のトランプのマークがあります。このマークのある場所を通過(止まらなくてもいい)すると、名前の右にマークの絵が並びます。このマークを4つ全て集めて銀行に行くと「サラリー」がもらえます。サラリーは貴重な収入源なので、もらえる時にもらうのが大切です(特に始めたばかりの貧乏な状態ならなおさら)

 ある程度まとまった現金があるなら、を購入しておきたいものです。株は銀行を通過したときか、証券取引所に止まったときに買えます。株は10株以上一度に買うと値上がりする性質がある(但し、一度に買える株は99株まで)ので、大量に買いつければそれだけで資産が増えます。逆に10株以上売ると値段が下がるので注意しましょう。

 ちなみに、もし誰かが流動資産よりも大きい出費をしてしまった場合は、持っているお店を売り払ってでも負債を補てんしなくてはなりません。このとき、売り払われたお店は競売にかけられます。もし万が一(百が一?)店や株を全て売り払っても資産がマイナスの場合は……
残念ですが破産……ということになり、ゲームからサヨナラさせられてしまいます。(かなり虚しいです、ハイ(涙))

 ゲーム終了のための条件は、

  1. 決められた資産をためた上で、銀行に到着する
  2. 決められた人数が破産する

の2つです。もし、誰かがゴールした時点で目標金額以上のプレイヤーが複数いた場合は、最も資産が多いプレイヤーの勝ちということになります。

 以上、ちょっとわかりづらい説明で申し訳ありません。次回の「儲け方」の説明とともに読まないと分かりづらいですね……ハハハ……(半べそ)。