『いたスト』アッホ・4
トチ狂ったコンビニ

 『いたスト』には結構エラーがつき物で、2の時は確か空き地モードで改築インサイダーばかりしてるとCOMがわざと飛び込んできて自滅し(おそらく株儲け額を大きくさせたくないがための挙動なのだろうが)、そして凄まじい株儲け(3,000株は貯め込んで改築インサイダーしたような記憶が……。ストリートはスラリンで、もちろんターゲットは目玉ことホイミスライムエリア)の末に全員飛ばしてフィニッシュしたらフリーズして、せっかくの大記録がパー、などということが起こったりした。

 『いたストGK』になるとこれがちょっと酷くなり(?)、まずロードし終わった時のるりあの足位置がおかしい、あとは100G均一デー(チャンカ30番)の時のセリフが、買い物料元値以上のときと未満の時が逆(つまり、買い物料99G以下の店で100G支払うと「100Gでよかったー」という系列のセリフになり、逆に101G以上の店で100G支払うと「うわっ、いつもより高い!」系のセリフになる)だったり、あとは空き地に税務署建てたときと動物園建てたときのセリフが逆だったり、というものがある(例:せいじの場合 税務署……「わしには動物園は似合わん気もするけどな……」、動物園:「がっぽり税金で稼ぐぜー!」)。まあ、これくらいならゲームに支障がないので別段問題ではない……のだが、GKには強烈なバグがあった!


空き地に建てた店を強制競売に出すと……

 そう、そのバグとは空き地にあったのだ。ご存知の通り、空き地には特殊店舗5種のほかに通常店舗4種(露店・仮設店舗・商店・コンビニ)を建てることが出来る(ただし、同価格のデフォルト店舗(店舗価格が同額でも買い物料が異なるアメリカ大陸・宇宙星雲は除く)より買い物料が安い。露店:デフォルト200G/33G→空き地25G、仮設店舗:デフォルト400G/75G→空き地60G、商店600G/117G→110G、コンビニは比較対象無し・1000G/200G)が、そのうち仮設店舗・商店・コンビニに関しては通常の空き地価格設定である200Gより高い値段であるため、購入すると当然お店価格が上昇し、株価が上がる。仮設店舗400G、商店600G、コンビニ1000Gであるから、それぞれおおよそ2G、4G、8G程度株価が上がる計算になる。と・こ・ろ・が……

 さて、これらの空き地に建てた高額通常店舗、フツーに自主競売(チャンカ74含む)に出されると、そのままの値段で競りに掛けられるのだが、これが強制競売(現金も株もなくなってしまい、通常の4分の3の値段でお店を売らなければならない状態。これで売られた店は未所持の状態における本来の値段で競売に掛けられる)となると、非常に奇妙な現象が起こるのだ。出店されたときは形は仮設店舗・商店・コンビニなのだが、どういうわけか本来なら400G、600G、1000Gで競売に掛けられるべきなのに、なぜか一律200Gで競売に掛けられる(買い物料はそのまま60G、110G、200G)。売られた後の店が200Gとして扱われてしまうので、当然株価は下がってしまう。

 問題はここから。いつぞや、その強制競売で競り落としたコンビニを持って5軒エリアを独占して、その店に増資を掛けてみた。すると……本人ですら萬国吃驚掌な予測もしない事態になってしまったのだ!

 まず、買い物料について考えてみよう。お店価格は200Gに下がってしまったが、形はコンビニで買い物料200Gのままである。5軒エリアを独占して、当然買い物料も独占状態に合わせて6倍となり、買い物料1200Gのデパートが出来上がるわけだ(なしてそうなるかは基本編第2章第3項、増資のしかたと買い物料参照のこと)。

 ではここで問題。このデパートの増資限度は5軒エリアを5軒独占なので、当然増資可能額は200G×(12-1)=2200Gとなる。さて、この店にMAX増資を掛けたら買い物料はいくらになるだろうか。
 私の考えでは、「確か独占状態の5軒エリアにおっ建てたデパートに増資かけると高級デパート通り越していきなりグランドタワーになるんだっけ……買い物料3500ぐらいの。」と思っていた……のだが、なんと、そのデパートに増資したら……確かに買い物料表示は3188と表示されました。しかし、おっ建ったのはグランドタワー通り越していきなりラストエンペラー! しかもよく考えてみてください。買い物料5000G以上はラストエンペラー、で、表示が3188でラストエンペラーの形をしているわけですから、実際の買い物料はなんと一萬を越えている(=13,188G)計算になる。ちなみにもう一発増資したら表示が今度は5176Gになりまして、結局本人ですら買い物料がいくらなのかサッパリな状態で試合を進めていたら……来ましたよしき君。「サイコロちゃん、1か3を出したらオレ怒っちゃうよ。(注:3の目……件の5176Gラストエンペラー)」……出ました3。よしき「許るさーーーーーーーん!」
 すると目に飛び込んできた数字がとんでもないものだった!

クリフト +25,176G
 (配当金:5,035G)
よしき  -25,176G

 んなアホなことがあるかい!と思ったのだが、冷静にもう一度買い物料の公式を検討してみよう。
買物料={(増資後のお店の価格÷増資前のお店価格)×2-1}
     ×未購入時の買物料×買物料変動率

この公式に当てはめて計算すると、まず元の買い物料が200G、お店価格も200G、そしてMAX増資を2回ぶちかましているから増資後のお店価格は200G+999G×2=2198Gとなる。よって、買い物料は、
{(2198÷200)×2-1}×200×6(←5軒エリア独占)=25,176
(くどいが、なしてそうなるかは基本編第2章第3項、増資のしかたと買い物料参照のこと)

 2200G程度の店で買い物料2万以上ボッタクってるワケだ、そりゃヤバイ。これはありえないバグとしか言いようがないだろう。まあ、吹っ飛んだよしきを見てクリフトさんとどめに「はっはっはっはっは……お別れです!」だもん。こりゃどうかしてるよ、と思った今日この頃。


バグっちゃあ、こんなのもあったっけね。

 ご存知だろうか、2で(ヘタするとGKもかもしれないけれども)関所や宿屋、もしくはチャンスカードの11番で破産(=最後のマスに止まるまでは破産扱いにならないのがポイント)して、その次のターンにラッキーマスにそのハコテンプレイヤーが止まってしまうと、ずっとラッキーマスの効果が続く、ということを……。

 ということはつまり、仮に破産したとしても、配当金の積み重ねで総資産が+に転じることも十分に考えられる……というか実際に+に転じているのだ……が、まあ、さすがにゲームには復帰できない。こんなこともあるんだー、と、知人に見せてもらって大笑いしてしまった……。