『いたスト』アッホ・3
なんじゃいこの株価は。

 シャッフルモードをやると、当然店の価格が大幅に変化するわけですから、それに伴って初期株価も変動するのが当然です。ところが、たまに「なんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(©松田優作)」な株価になることもあるんですよね。たとえばクローバーランドの安い銀行周辺(セントラルリリーエリア)の両脇にいきなり商店が建ったりすると大変なことになります。これでしんじとなつひこだったかな……? 確かこの2名を処刑しまして(爆) いやー、シャッフルモード恐るべしですねぇ。

 一般的に株価は7G~16G程度というのが相場で(極端に安かったり、逆に高すぎるのもあるけど)、当然シャッフルされると、平均的にお店が散らばることが多いのでやはり株価も大体この辺の相場になります。ところが、何をトチ狂ってかそのお店の並び替え乱数ルーチンに異常をきたして、とんでもない店の並び方を示しやがることもたまにあります。そんなアホみたいな株価を今回はご紹介しましょう。

安すぎる株価

 まあ、店舗価格2桁という安すぎるお店というのはそんなに多くないわけで(大体2軒~3軒、多くても5軒程度)、そのお店が集中する、ということは確率論上まずありえないんですが、偶然にそんなエリアが出来ることもあるんです。発生しやすいのは安いお店が5軒ある「日本列島」。ここでシャッフルかけたら、関東エリアに230,90,50,90、株価5Gというバカみたいなエリアが築かれてしまいました。独占しても50Gの店にMAX増資を掛けたところでたかが知れてます。230のお店さえ飛び越えてしまえばあとは安全地帯なワケですから。

 もっと大笑いしたのが東海道エリアと関西エリア。とりあえずどうなったか見てみましょう。(図中で示してある数字はお店価格のみ。買い物料、及び中部・上越エリアは省略)
東海道:180,80,150,50、関西:160,110,90,90
株価は仲良く4G。もうここまで来るとおバカな安全地帯にすら見えてきます。安全地帯といっても玉置浩二とは全然関係ありません(違)。しっかし、多分1周目のサラリーで99株買ってMAX増資掛けたとしても先は見えてるよなぁ……、これじゃ。

 株価4Gといえば「呪いの館」のヘルズステアーエリア。ここに出来たのが、110,130,110,90。平均店舗価格110Gとはこれなんじゃい……? まあ、このエリアは通行料が少ないから大勢に影響は全くといっていいほどありませんでしたが(苦笑)

 あと、太陽系の地球エリアでも大爆笑なエリアが出来ました。地球エリアが、銀行に近い側から80,空き地,90,100で、株価5G。……このストリートで一番安い店が全部集まっちまったじゃねーか、と(汗) PC上でキャプチャ画像として取り込めたら便利なんですけど、面倒なのとやばそうなので、その手のものには手を出さないことにしています。

 株価といえば、どのストリートのどのエリアだったかは忘れましたが(「呪いの館」のデンジャーホールエリアの可能性が一番高い)、激安エリアの株に相乗りし、そのあと嫌というぐらい10株売りを繰り返した結果、そのCOMが吹っ飛んで店を全部売り払った結果、株価が3Gまで下がった&MAX増資かけても株価が3Gしか上がらなくなってしまったというとんでもない事件が発生したこともありました。恐るべし、連続10株売り……。

高すぎる株価

 安すぎるのは買い物料の面で問題大有りなんですけれども、高い方は高い方でまた苦労が生じてきます。当然お店を独占するだけでも大変、更に株かき集めるのはもっと大変、と苦労が付きまとうわけです。それだったら安いエリアの株を500も600も買って、一気に増資しかけた方がよっぽど手っ取り早く(?)儲かるというものです。買い物料では劣りますが、株価が安いほどインサイダー用に集めやすい、そしてMAX増資の場合の株価上昇はどんなエリアでも基本は同じ、ということは、たくさん株を買えるエリアの方が基本的に有利になるわけです。
 逆に、高いエリアの魅力は買い物料の高さに集約されるわけです。とにかく増資すりゃ買い物料が青天井! もうそれだけで相手にとっては恐るべき存在になるわけです。そこまで持っていくのが大変ではありますが、苦労に見合った買い物料を相手からふんだくってしまうことが出来ればストレス解消万々歳、ということになります。

 前置きが長くなりましたのでいい加減本題に移りましょう。株価が高くなるためには、そのエリアにデフォルトで商店が2つも3つも集まる必要があります。確率による配置の偏りは高い店にだって起こりますから。では、シャッフルモード対策を改めて見て、どのストリートで高確率で馬鹿高エリアが出来上がるかを見てみましょう。

 可能性が比較的高いのはフリーウェイでしょうか。デフォルトで商店というお店が48軒中10軒(約20%)もあるわけですから、確率のゆがみでどこかのエリアに商店が集中する可能性は十二分にあるでしょう。ただし、私はこのマップが基本的に苦手で敬遠しているので、実際にどうなるか、という実験は試みておりません(首) このマップが大好き、という方、ぜひトライしてみてください。そして私に報告を!

 実際に私が目撃した例で最も高かったのは、「呪いの館」のブラッドミュラルエリア(あの屋敷内の中央てっぺんの屋根みたいな形のエリア)です。ここ、あんまり通行料が高いとはいえないんですが、そこに高額物件が集中してるわけです。具体的にいくらになったかというと、750,350,810,680、株価27G、と。同じエリアで別な機会にやったら350が360に、810が690に置き換わって(順番も変わります)、結果的に株価26Gというとてつもないエリアが完成。誰が通るか、こんなエリア!

 あと、一番大笑いしたのが「原始時代」のカンブリー平原エリア(ダイヤの小円の上側)。ここに空き地と一緒に鎮座しますは、750,810,690。このエリアの最高額物件3軒が見事に並んだわけです。もはや笑うしかありません。運良く3軒取ってもその後苦労するのが目に見えています。まあ、空き地さえ押さえておけばこのエリアはなかなか使えるエリアではあるのですが……。しかも、このシャッフルモード発動直後にチャンスカード60番でいきなり株価が10%つり上がり、26Gが28Gに化けました(爆笑)。どーやって株集めろっちゅーねん!

ギャグ系

 ちょっと趣向を変えて、ユニークなエリアが形成されちゃった、という例を紹介しましょう。やはり「呪いの館」の、今度はダークキッチンエリア(証券取引所を囲んでるエリア)。株価は11G。今までのアホとしか言いようのないエリアに比べるとありふれたものですが……、その店構成にダウト! 「290×3軒+190」。『いたスト』の通常マップでは、同じエリアに同じ価格のお店が並ぶということは基本的にありません(例外は「ソフィーの洞窟」の吹雪のほこらエリア。ここには330が2軒隣同士で建っている。)。なのに……同じ価格の店が3軒並ぶとはどういうこと?!?!? いったいこのシャッフルルーチンに何が起こったのでしょうか……? (その後、デンジャーホールエリアでも同じ現象が起こりました(^^;)

 同じく「呪いの館」のアーマゲドンエリア(屋上の上側のエリア)。並んだのが左から「230,220,200(空き地),210」。何もこんなところでストレート狙わなくてもよかろうが……。