リプレイ6周目(最終回) 売った~~~~!
©(?)日テレ・船越アナ

 前回、水星エリアに(ちょっとだけ)仕掛けたエルミーネだが……

エルミーネ
「う~ん、まだ油断は出来ないかもしれないわね……。」
その通り、2着のせいじとはそれほど離されているわけでもない。今の状況なら、一発でひっくり返されることも十分考えられる。
かおるこはかおるこで完全に手詰まりである。3を出してVe-4に止まっても増資するところがない。
かおるこ
「……冥王星を残しておけばよかったかしら……。」
多分誰もがそう思っているかと存じますが。
せいじはというと……、今Ve-1で上方向に進んでいるのだが、6を出して、かおるこ、しんじの高めの店を一発でスルー、である。
せいじ
「まだまだわしのツキは衰えておらんようだぜよ。」

 そして、しんじがずいぶん思い切ったことを……。
しんじ
「……逃げちゃダメだ、ここが勝負の分かれ目!」
何と、せいじのデバサイ(違)のある地球に向かったのだ! 止まったマスはEa-2(動物園)、これで500G振り込みである。ここでまた木星株73株を売却。
しんじ
「次は絶対1は出ない……うん、そう思いたい……。」
せいじ
「うっしっし……カモが来たぜよ!」
……で、エルミーネ、さすがに土星~地球方向に自ら突っ込むわけには行かない。なにせド高め2,339Gにハマると、一発でひっくり返される恐れがあるからだ。
かおるこは相変わらず3を出してマイペース。
そして……せいじがなにやら怪しげな行動を取り出す。マークが揃い、左下(天王星)方向から銀行に行こうと思ったのだが、
せいじ
「ぬぅ……、なんじゃこの高い店は……。」
……エルミーネの安め(買い物料520G)をパスして、なぜか海王星方向に進むせいじ……。
エルミーネ
「だ~か~ら、なぜそこで覚悟決めてサラリー貰いに行かんのかなあ……?」
そして、先ほど逃げちゃダメだこりゃな行為に臨んだしんじだが……、
しんじ
「1じゃなくて6出ろ、6……」
アル
「あ、ま、まずい……」
そう、1は確かに超危険目であるが、逆に6が出た場合、さっき18で売り飛ばした、しんじの独占を阻む土星の店を買われてしまう。
そうなると、対角にある木星エリアと競合することになるのだ。
エルミーネ
「う……向こうの方が買い物料がちょっと安いから、まずいなあ……。」
まあ、向こうのエリアの場合、その直後にせいじの高いのが控えてるから、一概にいいとはいえねんだけどね(苦笑)
が、出た目は……4
しんじ
「う~、嬉しいような悲しいような……。」
そしてエル、ここでヘリポートにでも止まっておきたいところだが、残念ながらダイヤに止まる。
が……
71 臨時収入! 822Gもらえます!
エルミーネ
「キャ~~♪ 私ってばどうしたらいいの~~♪」
アル
「どうしたらって……株買って増資しなきゃ、こうなったら♪」
どうやらまた流れをむしり取った模様である。

 で、かおるこはしんじの関所につかまるが、たいしたことないわけで。
そしてせいじ、ここで1を出すと刑務所……もとい税務署につかまってしまうが……、
4
エルミーネ
「脱税かよ……(ぼそっ)」
え、マハラジャ? 今しがたエルのヘリポートをご見学になりました。さすがマハラジャ様、他人のヘリでもご自由にお使い遊ばせたまふのね(笑)
エルミーネ
「見学料じゃなく、使用料として通常の5倍付けで支払って欲しかったのに……。」
そして、独占がかかっているしんじ(2を出すと独占)だが……、
(1)
しんじ
「ま……まだチャンスは残ってるモンね……。」
エルミーネ
「そうかなあ……? この流れは多分来ない流れだと思うけど。」
アル
「……ど、どうなんでしょう……?」

 お次は我らがエルミーネのターン……なのだが、
「うーんと……とりあえず株を買いたいかな……。」
が、出た目は(1)
ここを5倍の値段で買いますか? 価格:390G×5=1,950G ……はい
アル
「な、な、な、何をしてるんですか!
 お金を払わせたいせいじさんに現金を渡すなんて!」
エルミーネ
「ん~、気分的にやってみたかったからつい……。」
……衝動買いでNe-4(一等地)を5倍買いし、海王星エリアを3軒にしたエルミーネ。全く何考えてんだ、この女……? 増資途中の水星株を手放してまで買うかよ?!

 んで、今回はいたってマイペースのかおるこはその海王星からダイヤ方向に。せいじはとりあえずしんじの後追ってるし(爆笑)
で、まだ独占の可能性が残っているしんじ。1なら独占だが……
(2)
しんじ
「ば……ば……バウムクーヘン……」
エルミーネ
「あ、壊れちゃった……。」
んでエルミーネは……3を出すのだが、
エルミーネ
「あ、そういえば今株全部売っちゃったんだった♪」
アル
「……」
この能天気さ、いったい誰に似たのやら……。
ちなみにかおるこ、木星の一等地にドハマり。エルミーネに少々現金をご献上。
そして、いい加減サラリー貰いたいせいじはというと……、また銀行方向に行けば759の出費となるので、やむなく木星へ……。
せいじ
「……あの取引は失敗だったかもしれん……ぜよ……。」
エルミーネ
「(にやり)あたしの作戦に穴なんかないのだ♪」
……いっぱいあっぺよ、おめさんの作戦に穴なんざ。
んで、独占できんかったしんじは……休日。
アル
「しんじさんが牛歩モードに突入した模様で……。」
エルミーネ
「……やっぱりツキが落ちてるようね……。」
もっとも、ここでエルも2出して……水星に進入。こいつだけだよ、ここすんなり通過できんのは(笑)
遅くなりましたが、かおるこさん、サラリー(1597G)でございます。買った株は……言うまでもねぇな(苦笑)
エルミーネ
「まぁた木星なの~?!」
これでかおるこの相乗りは198株である。せいじが239株乗っているので……とりあえずダメじゃん。

 その相乗りせいじは、太陽の空き店にとりあえず320G増資……だから自分とこの株買えっつの。
で、休日明けのしんじは……また1だよ(笑) チャンカで「52 あと2つ進む」引いて……
しんじ
「……なんでこんなところに高いお店が……?」
犯人は……これまた言うまでもねーな(笑) 左に進むとさっきのせいじと同様エルの759に直撃なので、泣く泣く木星へ……。
で、エルミーネは……とりあえず水星の株を再購入(99株)。一番増資できるのがこのエリアですし。

 次のターンのかおるこ、せいじは大したことしてないので省略(爆)
木星からダイヤ方向に行くしんじは……税務署に……ハマらずスルーでございます(滅)
そんで以って……だからかおるこさん、ひとっつも目立っておらんのじゃが(汗苦笑)
せいじはせいじで、「22 2倍で払い戻しチャンス」を引くけど、売らない……というか売ってまえる店がないのね、このオッサン。

 しんじ……「27 特別収入 お店の数×27Gもらえます!」
これで297Gの収入である。……こいつ、そんなに店持ってたっけ?
ちなみにハートを取りに行ったエルミーネだが、分岐(左上のチャンス)であと1マスという選択を迫られる……。
エルミーネ
「……無理にサラリーを貰わない方がいいよねえ、これ……。」
アル
「終盤ですから、それでいいと思いますよ。
 いざとなれば木星株を少しずつ売っていけば……」
エルミーネ
「うーん、そうなんだけど……でも、なんとなく売りたくないなあ……。」
まあ、気持ちは分からなくもないけどね。

 と、こ、ろ、が……、この直後かおるこが大チョンボ。さっきもハマった木星の高めにビンゴ。
「……またこの株を手放すことになるのね……。」
というわけで、木星株を全部(189株)売却。

 そしてせいじ……満を持してサラリー……なのだが、え、え、え……? そ、そっちは……
エルミーネ
「あ、あたしの水星の高めに……キャ~♪」
何やってんだこのオッサン?!

せいじ
「こ、これもわしの作戦……ぜよ。」
何か間違っている気がするのだが……。ちなみに、サラリー時に購入したのは木星株
エルミーネ
「……何か相乗りもここまで来ると腹が立ってくるなあ……。」
アル
「って言うか、十分に今まで怒っていた気もするんですけど……。」
で、しんじもその直後サラリーを貰う(1,450G)。……また木星株99株である。
エルミーネ
「……えー加減にせーよ!」
ちなみに、かおるこが189株売った直後に23Gだった木星株の株価は、せいじが買って24G、しんじが買って26Gに上昇。

 次巡のエルミーネは……見事に銀行ジャストである。
エルミーネ
「さてと……どうしようかな……。とりあえず、さっき横取った海王星にしよっと。」
というわけで、海王星株を99株購入し、増資に備える。
で、さっきまた高め直撃のかおるこだが……結局一発で木星を脱出できなかったり。
そして、次巡のせいじは1。チャンスカードである。ちなみにこの時点で残っているのは、4、31、35、39、46、60である。
引いたカードは……
31 どこかのエリアのお店価格が10%値上がり
で、サイコロを振ったところ……
木星
エルミーネ
「あらま、これはラッキーと喜んでいいのか悪いのか……。」
この時点で木星の株価は28G。
で、「逃げちゃダメだ」はそのまま放っておいて(笑)、我らがエルミーネ。
ここで出したるは5
エルミーネ
「ふっふっふっふ……」
エルミーネ久々の大増資炸裂!

海王星増資額:999G
株価:12G→23G
買物料:182→1,117
しんじ0×11+0
エル104+1,089
かおるこ0+0
せいじ0+0

アル
「来ましたよ~、この調子で攻めて行きましょう!」
エルミーネ
「よっしゃ、2万Gアップよ!」
で、お次のかおるこは……、またも(1)……(それでもラッキーだが)
そして、またもせいじが壊れる。
今、左下のチャンスにいるせいじだが、ここで出した目は(2)である。
ここでせいじ、天王星~金星ではなく、海王星~木星方面へ進む。
エルミーネ
「あら~、そっちなの~♪」
そりゃ上機嫌になるわな。何せおンどれの高い店があるわけだし。
ちなみにしんじは火星方面へ。ここが一番安全なんだろうけど。
エルミーネ、「35 好きな株を10%高い値段で売る」を引くが……、
エルミーネ
「売るところってあるかなあ……? どれも売りたくないんだけど。」
アル
「ですね。このカードは基本的に増資し終わった株を売るときのカードですから。」
アルよ、皆まで言うな(涙)

 その直後のかおるこもチャンスカード……なのだが、
60 どこかのエリアの株価が10%アップ
アル
「10エリア中3エリア持っているわけですから、上手く絡む可能性は高いと思いますよ。」
そうしたら……ヒットしたエリアがまたも木星……
とうとう株価が31Gにまでつり上がってしまった……。その結果……、

木星増資額:-
株価:28G→31G
買物料:-
しんじ99×3+297
エル358+1,074
かおるこ0+0
せいじ338+1,014

 店舗価格合計は1,306Gであるのだが……。
アル
「何かこう……バブル景気みたいになってますよね……。」
うむ、破綻しちまいそうで非常に怖いのだが、私は(笑)

 んで、せいじなのだが……、1で税務署(1,644G)、2でデパート(1,117G)[いずれもエルミーネ所有] なのだが……
ころころころころ……
2キターーーー!
せいじ
「ぬぐ……あ……あべ……あべし!」
この時点で453Gマイナス。さあ、どこの株を売る?
せいじ
「あぐ……や、やむを得ん……ぜよ。」
つ・い・に、木星株をすべてあきらめたせいじ。これはエルミーネにとって願ってもないチャンス! しかも、木星エリアは今せいじが向かっているし!
アル
「それにしても、とてつもなく相乗りされていたものですね。」
全部株を売ったら、現金が10,044G……これを全部自分のエリア(もちろん地球)に注ぎ込んでいれば、どうなったことか……。

 そしてしんじ、あっさりとかおるこの高い店スルー……かと思ったのだが、一歩手前でステイ。
しんじ
「参ったなあ……、何もすることがないよ……。」
エルミーネは右下チャンスから7を出して……ついにユピテル・サンダー炸裂!

木星増資額:999G
株価:29G→51G
買物料:695→2,634
しんじ99×22+2,178
エル358+7,876
かおるこ0+0
せいじ0+0

エルミーネ
「あ、あの……アル君……?」
アル
「は……ハイ……」
エルミーネ
「これって……なんか間違ってない?
 たった1回のMAX増資で22Gも株価が上がるなんて……。」
アル
「……ど、どうなんでしょうか……?」
ちなみにこれでエルミーネ、30,000G突破である。さっき2万突破したばかりだというのに、ずいぶん展開が速いと思うのは私だけだろうか?

 で、かおるこはというと……
かおるこ
「何とかして、株をたくさん手に入れなくちゃ。」
……とか言ってるくせに、あんたどこ行っとんねん! なぜか銀行ではなく、土星の空き店を買いに走るかおるこであった。
そしてせいじは……4を出すと更にエルミーネにぼったくられる(しかもデバサイ)が……
5
エルミーネ
「……ま、まあこのくらい勘弁してやるわ。 (あんのヤー公……いつかぼてくりまわしてやる……。)」
言ってることと表情とが一致しないエルミーネであった。
しんじは3出して……相変わらずうろうろ。
そして、エルミーネはここで1、税務署で1,581G追加。
で、さっき無茶したかおるこだが……、案の定5を出して、せいじの高級デパートに直撃。
かおるこ
「よりによって、ここに入るなんて……。」
せいじ
「ありがたく貰っておくぜよ!」
そして、大きな資金をゲットした(というかもともと10,000G以上あったけどね。さっき株売った時点で)せいじはダイヤからクローバー方向に。
しんじはここで自分のエリア(一応)である天王星に向かうべく、かおるこの高い店をかわす。
そして、エルミーネもう一発! (on Me-2)

木星増資額:999G
株価:51G→73G
買物料:2,634→4,573
しんじ99×22+2,178
エル358+7,876
かおるこ0+0
せいじ0+0

アル
「やっぱり間違っていますよねえ……。」
エルミーネ
「う……うん……。あ、でも……」
ついにこの時点でエルミーネ、目標金額の40,000Gを突破! 次の巡、何もなければ何を出してもラストである。

 もっとも、何もないのだが……。
かおるこは完全脱落、せいじも自力優勝は不可能。しんじが株を10株以上売ればもう1/4周してこなければならないのだが、もうどうにもならないことはしんじが一番よく知っている(と思う)。

 そして、次のターンは1できれいに決めたいんだけど、残念ながら(?)5

エルミーネ
「ぃよっしゃぁぁぁぁぁぁぁ! 正義は勝ぁぁぁぁぁぁつ!」
アル
「やりましたね♪ これで作者さんにクリームパフェおごってもらえます!」


最終結果
名前しんじ(3着)エル(優勝)かおるこ(ドベ)せいじ(2着)
現金1,7051,3891,84712,613
7,70231,7652861,082
4,0017,9315,7064,188
合計13,40841,0857,83917,893
いただき回数33203030
いただき総額2,6602,3283,4096,692
いただき平均76223170223
いただき最高2851,2658842.339
振り込み回数23262637
振り込み総額4,2902,6456,4016,032
振り込み平均186101246163
振り込み最大8845842,3391,265
株儲け総額2,02823,8712,3096,052
終了時各店舗状況
エリア名株価1234合計所持株
しんじエルかおるこせいじ
太陽(Su)15(し)-
220
56
(せ)-
300
92
(し)-
440
142
(せ)-
640
219
1,4505---
水星(Me)32(エ)1,245
835
1,265
(エ)-
570
520
(エ)3,400
600
759
(エ)1,054
706
983
2,71155--
金星(Ve)26(か)81
1,359
884
(か)486
162
65
(せ)-
343
87
(か)-
720
507
2,5845511-
地球(Ea)28(せ)624
157
120
(せ)ZOO
300
500
(せ)3,051
1,449
2,339
(せ)2,880
320
295
2,226---39
火星(Ma)19(せ)-
360
108
(か)450
450
107
(か)650
650
160
(せ)-
320
93
1,780----
木星(Ju)73(エ)1,449
161
125
(エ)4,446
2,714
4,573
(エ)HELI
200
199
(エ)2,053
229
195
3,30499358--
土星(Sa)6(し)504
168
62
(か)114
229
39
(し)720
240
75
(し)333
147
50
7845---
天王星(Ur)17(し)GATE
200
150
(か)-
336
80
(し)912
304
140
(し)800
800
570
1,6405---
海王星(Ne)23(エ)208
208
105
(し)-
262
50
(エ)TAX
200
10%
(エ)171
1,389
1,117
1,060-99--
冥王星(Pl)32(か)INN
200
120
(し)-
520
172
(か)-
1,600
596
(し)-
700
243
2,170----
この死合(意図的誤植)で引かれたチャンスカード
(し)23(か)75(エ)94(し)15(エ)67(か)45--(し)62
(せ)73(か)29(エ)43(し)27(エ)13(か)12(せ)22(し)63
(せ) 1(か)41(エ) 7(し)52(エ)36(か) 6(せ) 8(し)84
(せ)34(か)19(エ)61(し)80(エ)16(か)51(せ)31(し)24
(せ)49(か)40(エ) 2(し)10(エ)38(せ) 3(か)60(し)32
(せ)30(か)42(エ)56(せ)70(エ)28(せ)11--(し)74
(せ)48(エ)35(エ)79(せ)25(エ)18(せ)33--(エ)17
(せ) 9--(エ)50(せ)00(エ)71(せ)53(し)77(し)72

 というわけで……

Author「というわけで、お疲れさん。さて、約束どおりこれからクリームパフェ食べに行こうか。」
エルミーネ
「キャ~! 待ってました♪」
アル
「……それにしても、足掛け1時間25分の長い試合でしたね……。」
エルミーネ
「ほ~んと。ま、それ相応に楽しめたからいいけど。」
Author
「プレイする……というか、リプレイする側にとっても反省すべき点が結構あったな……。」
アル
「例えば、数値データに関しては、ビデオで撮影してからメモするよりも、逐一取っておいた方がだいぶ楽ですよね。」
Author
「全くだ。まさか一時停止が使えなくなってるとは思わなかったからな。」
エルミーネ
「ま、まさか、またやるとか言わないわよね……?」
Author
「やるとしたら6万だろうな。『地和・九連宝燈杯』と題して。」
アル
「何で地和・九連宝燈……なんですか?」
Author
「俺が初めて地和を和了ったときのツモ牌が六萬だったからだ。
 それと、ちゃんとツモだけじゃなくロンで和了れる(フリテンじゃない)
 九連宝燈テンパったときの高めも六萬だったからな。
 安心せい、お前さんたちじゃないから、今度は。
 また厳正なるご神託の元に決定する。」
エルミーネアル「……。」

 さて、次回は誰がどのストリートを、どのキャラクターで、そして相手は誰で申し込むことになるのでしょうか……?